愛犬のムダ吠えるを2秒で止める 

June 22 [Sun], 2008, 17:13
まずは、愛犬のRinちゃんの吠えがたった2秒でとまり、
一瞬で、おりこうさんになってしまった、無料動画をご覧下さい
↓↓↓

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座

「愛犬がワンワンと吠えて、近所に迷惑!」
「どうしてもワンちゃんが言うことをきいてくれない!」と
             悩んでいませんか?
今すぐに“ワンちゃんが静か”になって
たった2秒で愛犬を“おりこうさん”にする方法があります。

もしも、あなたが、「愛犬の吠えを静かにしたい」
「言うことのきくおりこうさんにしたい」
と思っているのであれば、3分だけお時間を下さい

TVチャンピオンや雑誌で話題の、
「無駄の吠えが2秒で止まる等、愛犬が驚くほどお利口になる方法を」
こっそりお伝えします。

はやる気持ちをおさえて、まずは犬のしつけに成功した、
上坂様のお声をご覧下さい!!
↓↓↓

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座

いったい、彼女たちの愛犬は、
どうして、一瞬で静かになったのでしょうか・・。
その秘密をつつみ隠さず公開いたします。
この手紙を読み終えたら、あなたのワンちゃんも下記のように、
とてもおりこうさんになっていることでしょう。

■ 「ピンポーン♪」と家のドアホンが鳴っても、驚くこともなく、
ワンワン吠えなくなります。
■ 散歩の途中、他のワンちゃんとすれ違っても、飼い主様が“誇れる”ほど
静かにしています。
■ 隣のうちから「ちょっと!近所迷惑なんだけど!」と言われない
留守番上手な愛犬になります。
■ 知らないお客様が、我が家に「来客」してきたときも、
元気にお迎えできるようになります。
■ お出かけ中に、車が通りかかっても「ワンワン!!(`Д´)」と
  怖がることもなくなります。
■ 「なかなか、ハウスに戻らない〜〜!(/□≦、)」なんて、
もう言わなくなります。
■ 「お座り」・「待て」がラクに♪カンタンに出来るようになります。
■ 拾い食いをしてしまう食べ物に目がない愛犬も、
ピタリΣ(・口・)としなくなります!
■ あっちこっち、飛び回って元気なワンちゃんが、
一言呼べば、「来る」ようになります。
■ 人に飛びついて迷惑をかけていた暴れん坊!ヾ(*`Д´*)ノ"が、
飛びつかなくなります。
■ 飼い主の言うことを聞いて、まったく人に迷惑のかけない
おりこうさん(*'-'*)ノになります。
■ おやつや、おもちゃがなくても、しっかり飼い主様の言うことを
聞けるようになります。
■ あなたとワンちゃんの「信頼関係」もしっかりと築くことが出来ます。
■ 大型犬、成犬など、力強くてしつけるのが難しい犬を、
  しつけることも出来ます。

私の手にかかれば、
ワンちゃんの問題行動のほぼ全てを解決することができます♪

今すぐその秘訣を知る↓↓

犬のしつけ ‐ 天才遠藤トレーナーの犬のしつけ講座

いぬのきもちでしつけを 

April 28 [Mon], 2008, 16:49
”TVチャンピョン【ダメ犬しつけ王者選手権】優勝の森田誠のしつけ法”
森田流犬のしつけをすると、 あなたの犬はこんな風に変わります。
・散歩の時、あなたを引っ張っることはなくなります。
・やたら人や犬に吠えなくなります。
・車にもほえなくなります。
・マウント行動をしなようになります。
・ピンポンの音にもほえなくなります。
・甘噛みも噛み癖もなくなります。
・食糞、拾い食いをしなくなります。
・あなたがダメと言うことは決してしなくなります。
・犬が我慢してあなたの言うことに従うのではなく、
・喜んで従うようになります。(従うことがうれしい) ・もう犬の問題行動に悩まされることなく、犬と豊かに生活できます
もう、あなたは犬のしつけに悩む必要が一切なくなり、愛犬と様々なところへ一緒にでかけることができるようになります。
私が教えるしつけ方法で犬をしつければ、あなた自身が愛犬をしつけたとしても 上記のように、愛犬を育てることができます。
2006年11月にテレビ放送された、「TVチャンピオン【ダメ犬しつけ王選手権】」で 優勝させていただいたことがありますので、もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
私のところにしつけを頼みにくる方の多くが、以下のようなことで悩んでいます。
「しつけ本をいくらやってもいい犬にならない」
「しつけ教室にいったけれど、余計に悪くなってしまった 」
また、警察犬訓練所や他のトレーニングセンターで犬のしつけを行っているプロの訓練士が、「お客さんから預かっている犬が、どうしようもない犬に育ってしまったのでどうにかならないか。」といって、相談にくることもよくあります。
要するに、世の中に出回っている本に書かれているしつけ方法はもちろんのこと、 プロの訓練士が行っているしつけ方法でも、犬をしつけることはできないということです。
今、日本の多くの方がやっているしつけ方法は、
「おもちゃをあげるから、お座りをしてね」
「おやつをあげるから、こっちにきてね」
といったものです。
しかしその方法では、犬をしつけるどころか、 余計に手におえない犬を育ててしまっているのです。
「犬といろいろなところに一緒に出かけるのが夢だったのに・・・」
「毎日犬と仲良く、さわやかにお散歩するはずだったのに・・」
おやつやオモチャを使ったしつけはどうしていけないの?
どうして今までの、おやつやオモチャを使ったしつけがいけないのか説明します。 それは、犬の本能に関係しています。 たとえば、「お座り」を教える時、 あなたが今やっているしつけが、ボールや食べ物を使うしつけ方法だとしたら、 犬が従っている理由は、 「食べ物がほしいから座った」 「ボールやおもちゃがほしいから座った」 ということです。
それは、ものに従っているだけで、ものを獲得するためのゲームをやっているだけなんです。犬はおやつがほしくて、ボールがほしくて、従っているだけなんです。 だから、おやつやおもちゃがあるときは言うことを聞くけれど、 それらがない時はまったく言うことをきかなくなってしまいます。
心当たり、ありませんか?
犬の行動心理学の視点から、話をすると おもちゃやおやつがほしくて言うことを聞いているということは、 犬の本来もっている、獲物を追いかけるという 狩猟本能に働きかけていることになります。
つまり、狩猟本能という攻撃的な野生の本能を強めることになります。
ですから、実は今までのしつけ方法では、しつけをする前よりも、 しつけをした時のほうが余計に 手に負えない犬になってしまっているんです。
野生の本能が強くなると、野生の特性である、人や犬に対して吠えたり、動くものに対して向かっていこうとする行動(狩猟本能)が日に日にひどくなります。
犬が人間社会で生活する以上、犬の攻撃的な野生の部分は必要ありません。
しかし今、一般に広まっているおやつやオモチャを使ったしつけ方法は、 知らず知らずのうちに、犬の攻撃的な野生の本能を強めてしまっているのです。
私の経験上、 しつけ熱心な人ほど、言うことを聞かない犬に育ててしまう 傾向があります。
これは、しつけに熱心な方が悪いわけではなく、正しいしつけ方法が広まっていないことが問題なのです。
しつけ本を3冊以上読んでいる人は、要注意です。
『”大切なのは、犬が我慢していうことを聞くのでなく、  ”よろこんで”飼い主さんに従うこと』なのです。
おやつやおもちゃを使ったしつけ方法は、飼い主の言うことをきけば、ご褒美をもらえるという、獲物を獲得するゲームだと犬は捕らえています。
あなたの言うことに従っていると言うよりは、 獲物がほしいから、従っているフリをしているだけなのです。
おやつやオモチャを使って築いた愛犬との関係は 飼い主さんを信頼して従っている「心」の関係ではなく、 おやつやオモチャがほしいから、従っているフリをしている「モノ」との関係なのです。
私のしつけ方法がよそで行なわれている方法と違うところは、 「人の愛情に喜んで従いたい」という心理を育てていくことにあります。
つまり、あなたの愛犬が、飼い主であるあなたを信頼して従うようになる 「心」の関係を築く方法です。
TVチャンピオンの競技の中で、「待て」でどれぐらいの時間待たせることが できるかという競技がありました。
その時に、「3時間は楽に待たせられます」と話をしたら、出場していた 他の訓練士もアナウンサーも、スタッフの方たちもびっくりしていました。
TVチャンピオンに出場するような、トップレベルの訓練士がやっている しつけ方法でも「待て」で待たせられる時間は長くても数分間なのです。
しかし私がやっているしつけ法ならば、 3時間でも4時間でも待たせていることができます。 この違いはなにかというと、犬が「待つ」という行動を, 我慢してやっているのか、喜んでやっているかの違いなのです。
おやつやオモチャを使ったしつけ方法では、 犬は「待ちたくないけれど、おやつがもらえるから待つ」というふうに 「我慢」をしている状態です。
それに比べて、私が行っているしつけ方法では、犬に「人間に従うのがうれしい」 という気持ちが育っているので、「我慢」ではなく、飼い主の言うことをよろこんで聞いて、待っている状態なのです。
そのため、どんなに長い時間でも待っていることができるのです。
犬をしつけることを、「しつけをするとかわいそう」という人がいますが、 それは、しつけとは我慢をさせることだと思っているからではないでしょうか。
私がやっているしつけ方法は、飼い主と愛犬との信頼関係を築くことを 目的としていますので、かわいそうということはありません。
それどころか、犬と人間が心と心でつながり、犬が人間社会で豊かに暮らせるようになります。
犬と人間がともに幸せな生活をしていくために、正しいしつけは必要なのです。
【犬しつけ】あなたの愛犬が見違えるほどいい子になる森田流犬のしつけ法