【 更新情報 】

 

犬のしつけのポイント

犬のしつけは、「お手」とか「お座り」などを教えると言う行為だけではありません。犬のしつけとは、犬と人間が楽しく一緒に暮らしていくための方法を犬に教えるということではないかと思います。犬のしつけが必要な理由は、例えば、知らない人に襲いかかったり、散歩中にむやみに知らない犬に吠えかかったり、変なものを拾い食いしたりなど様々なことをしないようにするためにです。犬のしつけをするためのポイントには次のようなものがあります。

■根気強くしつけをしよう
犬をしつけているときには、何度も同じ事を言っているのに全然言うことを聞いてくれないとかで、「あせり」を感じることがあると思います。犬と言うのはあまり集中力がないために、効率よくしつけをしなくてはなりません。短時間のしつけを何回も繰り返したりして反復練習をするようにしてみたりするなど、工夫をして根気強くしつけをしていくようにしましょう。

■犬のリーダーになろう
犬をしつけるためには、まず飼い主が犬のリーダーになる必要があります。犬のリーダーになるというのはしつけの基本です。犬の習性には、「リーダーは絶対」と言う事があります。野生の犬の中では、リーダー犬の言うことを聞かないと群れから外されたり、制裁を受け時には命の危険にさらされることもあるために、この習性を活かすのがしつけの基本と言うことになります。

■順位付けをする
犬をしつける際に、重要なポイントになるのは家族の順位付けです。例えば、子供がいる家庭の場合に、犬と子供がまるで兄弟のように育ってしまう場合がありますが、順位付けもなく育ってしまうと犬の中では子供が同レベルだと判断してしまい、犬が子供より上の立場にたとうとして攻撃をしてしまったり、子供の言うことを聞かなかったりということがでてきます。犬に順位付けを教えるために、例えば食事するときには家族が食べ終わった後とか、リーダーが家族を呼ぶときには犬を最後に呼ぶとかなどがいいかと思います。

■甘やかさない
犬をしつけるときには決して甘やかしてはいけません。甘やかし方としては、過剰に褒めすぎたりおやつをあげすぎたりと言うことがあげられます。犬を甘やかさないと言うことは難しいことですが、甘やかしすぎると犬は「自分がリーダーかもしれない」「自分は家族の中ではリーダー格の存在だ」という様々な勘違いをしてしまい、しつけをしづらくなってしまいます。犬をしつけるときには、甘やかし過ぎないようにしましょう。

犬のトイレのしつけ方

犬を飼ったらまず最初にトイレを教えてあげるようにしましょう。色々なところでトイレをされたら困りますよね。犬のしつけの中で最も難しいと言われているのがこのトイレのしつけですが、トイレのしつけがきちんとできれば一人前です。犬にトイレを教える時期はできるだけ早いうちがいいと思います。

まずサークルの中に一面トイレ用のシーツを敷き詰めます。最初のうちはトイレをするときに全面シーツが敷かれているから安心ですよね。そのうち、シーツを徐々に減らしていき、面積を狭くしていきます。シーツでトイレができたら思いっきり褒めてあげてください。できなかったときは何もしないで無視するようにします。

これを繰り返していくことで、シーツの上でトイレをすると褒められることを犬が認識してくれます。最終的にはシーツが1枚になるまで繰り返していきましょう。大事なのは、トイレの場所を一度決めたら変えないということです。

また、トイレを失敗しても絶対に叱ってはいけません。トイレを失敗したときに怒ってしまうと、犬はその場所でトイレをすることが悪いことだという風に認識はせずに、トイレ自体が悪いことなんだと認識してしまう可能性があり、トイレを隠れた場所でするようになってしまいます。トイレを失敗したら黙って後片付けをしましょう。このとき消臭スプレーで臭いを消しておくことを忘れないでください。

犬がトイレをしそうな雰囲気を出したら、すぐにトイレに連れて行くようにしましょう。雰囲気としては、そわそわしてみたり、においを嗅ぐような行動をしてみたりしますので、そういう行動を見逃さないようにしましょう。そして、サークルの中にトイレを置いている場合は、その中に連れて行くようにして、またトイレがきちんと決められた場所でできたら排泄が終わった後すぐ褒めてあげるようにしてください。

こうやって褒めてあげることを繰り返すことで、この場所でトイレをするといいことが起きるという認識を犬に与えることができます。わかりやすく、かつ根気強くしつけていくようにして、褒めるということも上手に取り入れていくようにしましょう。

犬に噛み癖・無駄吠えをさせないために

犬を飼っていて困るということの一つに「噛む」という行為があります。この噛む行為には色々なケースや理由があるといわれていますが、大切なことは噛み癖をつけないようにしっかりとしつけをすることです。犬が噛む行為をすることは、成長過程においてとても必要なことで、本能のうちに行っている自然な行為です。

この噛む行為が、甘噛みであるのなら大して問題はないかとは思うのですが、噛んでいる行為からそれが甘噛みであるのか、本気で噛んでいるのかという判断はなかなかつきません。それに、甘噛みであるにしろ本気であるにしろ一緒に暮らしていくのであれば止めさせなければ、家具や靴など色々なところを噛んだり、誰かの体を噛んでしまい、成長するにしたがってそれが破壊行動につながっていく可能性が出てきます。

子犬のうちから、噛むという行動そのものを止めさせるようなしつけをしておいたほうがいいと思います。その為には、犬用のおもちゃとかガムなど犬が噛んでいいものはこれなんだよというように認識させましょう。

また犬はよく無駄吠えをする場合がありますが、この無駄吠えをしないようにしつけをすることも大切です。このしつかは、子犬を飼い始めたその日から行いましょう。子犬の時期に飼い始めると、子犬は親兄弟から離れたばかりでさびしい思いをしていると思い、ついつい飼い主側も可哀想とおもって甘やかしてしまうような結果になると思います。しかし、この甘やかす行為が犬の無駄吠えのしつけには逆効果になっていることがあります。

犬は吠えることで、人間が自分を甘やかしてくれるという認識を持ってしまう可能性がありますから、甘えたいときには吠えたりしてしまい、結果的に吠え癖がついてしまうということになるのです。この無駄吠えのしつけのしかたですが、なるべく無視をすることです。あまりにも吠え続けるのであれば一言「コラ」と叱ってもいいと思います。この方法を何回も繰り返し行っていくのがいいのではないかと思います。

猫のしつけのポイント

猫を飼っている人にとってしつけはとても大事な事です。猫は善悪と言うものが理解できませんので、猫のしつけのポイントはいいことを悪いことをはっきりと区別させるということです。猫が悪いことをしたら、その場で怒るようにしましょう。怒ることによって猫はびっくりして、今している行為をやめるようになってきます。

ここで注意しなければならないことは、後から怒っても意味がないと言うことです。何を怒っているのかが分からないからです。悪いことを叱った後に、その悪いことをしないということができたら誉めてあげると言うことも忘れないでください。

そして、一度悪いことをして怒ったら、その行為に対しては全部怒るようにしましょう。その時の気分によって怒ったり怒らなかったりしては、猫はこれが悪いことだと認識してくれません。猫のしつけには、根気が必要です。しつけの途中で飼い主側が根気負けをすると、猫は許してもらえると思ってしまって駄目なことを駄目と認識しなくなります。

猫には感情や個性と言うものがありますから、飼い主の感情や態度に敏感に反応します。また猫は1年経つと人間で言うところの15歳くらい成長しますからしつけも楽だと思います。

■トイレ
猫は朝起きたとき、食後、遊んだ後などに排尿したくなると言う性質を持っていますので、このタイミングでさりげなく、猫をトイレに連れて行ってあげましょう。猫がトイレじゃないところで、排尿しそうになったらそっと抱き上げてトイレに連れて行くようにしてください。これを数回繰り返していくと、自分でトイレに行くようになります。もしトイレじゃないところでもらしたとしても決して叱ったりしないでください。猫は怖がるだけで何が悪いのか分かってはいないので、叱ったとしてもしつけにはなりません。

■食事
猫に食事を食べさせる場所は部屋の中1箇所に決めるようにしましょう。食事のときは声をかけるなどして猫を呼び寄せるようにして食事させるようにします。食事をあげるタイミングですが、猫もお腹がすくと人の物をほしがったりしますので、そうならないためにも家族の食事より先に猫に食事をあげるようにした方がいいと思います。

猫の叱り方・褒め方

猫のしつけをする上で、「叱る」と言うことはものすごく必要なことです。しかし、ただ叱っているだけのような間違ったしかり方をしてしまうと、飼い主を見てもそっぽ向くようになってしまいます。また叱るには声だけにしましょう。叩くと言う行為はしないでください。叩いてしまうと猫にいたずらに恐怖心だけを植えつけてしまうか、猫を興奮させてしまうような結果になってしまいます。

猫には物事の善悪と言うのはつけられないために、何かして飼い主が叱っても反省をすることもありません。猫自身は好きなように家具の上に登ったり、カーテンで爪とぎしたりしているだけなので、決して飼い主に迷惑をかけていると言う意識が無いのです。猫は大きな声で怒鳴られることが嫌いですから、飼い主は怒っていても猫にとっては攻撃されているとしか思わないので、叱るだけの人は危険人物と認識し、飼い主を避けるようになる可能性があります。

猫にしてはいけないことを教える方法としては次のようなものがあります。
・霧吹きを吹き掛ける
 猫は体が濡れることを嫌がりますので、何かしてはいけないことを猫がしようとしたら、足元に霧吹きを吹き掛けるようにしてください。
・アルミホイル
 猫は、アルミホイルを歩く感触を嫌がります。したがって、近寄って欲しくない場所やトイレ以外の場所でトイレをする場合など、その近くにアルミホイルを敷いてみるようにしてみましょう。
・音
 猫が悪いことをしそうになったら手を叩いたり、「ダメ!」「あっ!」など声をだして、猫をびっくりさせるようにしましょう。
・驚かす
 猫が悪いことをしようとしたら、当たっても痛くないものを近くに投げてびっくりさせるようにしましょう。

また、猫には褒めることも大切なことです。だからと言って過剰に褒めすぎずに、猫が好きな場所を撫でてあげるなどしてください。それだけで十分に褒めてあげていることになります。

猫のトイレのしつけと猫砂の選び方

猫のしつけの一環として、「トイレのしつけ」があります。猫をしつけるのは大変なことですが、その中でもトイレのしつけは比較的簡単なことだと思います。猫の習性を利用するようにすればいいのです。

猫と言うのは、元来砂漠地帯のさらさらした砂の上でウンチやおしっこをしていました。終わった後に、排泄物の上に砂を前足でかけて隠すという習性がありますので、室内に猫砂を用意して同じような環境を作ってあげれば、猫にもよりますが、早くてその日のうちに、遅くても1週間くらいで覚えることができると思います。

猫のトイレの場所は、廊下の隅や部屋の隅など、猫が落ち着いて安心してできる場所にトイレを固定させるようにしてください。猫がトイレをしている最中は、話しかけたりちょっかい出したりしないようにしましょう。びっくりして途中でトイレをやめてしまいます。トイレが終わったら、砂をかけてトイレから出てきますので、その場で誉めあげるようにしましょう。

トイレ以外のところで排泄してしまった場合は、すぐに叱るようにしましょう。そのあとその場所をお湯などで拭いて消臭スプレーをしてください。そうしなければ、そこに匂いが残ってしまうので、またそこでトイレをしてしまいます。トイレの場所を変えたいときには、少しずつ少しずつずらしていくようにしてください。

猫砂の使い方について説明します。猫用のトイレに猫砂を10センチ前後の厚さにして敷き詰めます。このときにかたまらないタイプの砂を使用する場合は、スノコなど落ちるものを使わないようにしてください。

トイレは常に清潔さを保つようにしてください。猫がトイレを済ませた後にその部分を取り除いてあげるのが理想ですが、それが無理な場合は朝晩1回ずつ掃除をしてあげてください。このとき砂を取り除いた場合は、その部分に砂を補充してあげるようにしましょう。トイレは常に清潔にしていなければいけません。トイレを汚れたままにしていると、トイレを我慢してしまう結果膀胱炎になってしまう可能性があります。