愛犬に負担のない新しいドッグフードへのスムーズな切り替え方とは?

January 27 [Tue], 2015, 23:27

愛犬がこれまで食べいた
ドッグフードを急に食べなくなりました。


しかもお腹を下しているのです。


ドッグフード以外は、与えていないので、
ドッグフードが合わなくなったのでしょうか?



犬は本能を使って、
危険と感じたものは食べないそうです。


だから新しいドッグフードに
切り替えようと決心しました。



でも、どんなドッグフードがいいのかわかりません。


これまでは恥かしいですが、
ペットショップで一番安いドッグフードを買っていました。


これがいけなかったのかもしれません。


ドッグフードについて、調べてみると
安いドッグフードには、カサ増しのために
穀物を配合しているのです。


犬は、お米や小麦やトウモロコシ、大豆などの穀物を
消化することができません。



愛犬の健康のためには、
穀物が不使用のドッグフードが良かったのです。


これまでのドッグフードの表記を確認したら
一番最初に穀類(とうもろこし、小麦…)と
しっかりと記載していました。


これでは、愛犬のお腹の調子が悪くなるのも納得です。


穀物不使用のドッグフードを探すことにしました。


穀物不使用のことをグレインフリーと呼ぶようです。
グレイン(穀物)がフリーのドッグフードです。


口コミでも評判が良かったのが
『ネルソンズドッグフード』でした。


イギリスのトップブリーダーが開発したドッグフードで、
日本の獣医師も推奨しているのです。


もちろん、グレインフリーのドッグフードでした。




愛犬はこれまでのドッグフードを本当に食べなくなっていたので、
すぐに切り替えようと思ったのですが、あまりよろしくないようです。


いきなり、新しいドッグフードに切り替えると、
これまた警戒して食べなくなるようです。



犬も動物です。


本能が働くので、新しい食べ物は
ニオイ等を確認して大丈夫だと思ったら食べるのです。


だから、7日間かけて少しづつ切り替えていくのが
スムーズな切り替え方法だったのです。


1日目〜2日目は、これまでのドッグフード75%
新しいドッグフードを25%混ぜます。


3日目〜4日目は、これまでのドッグフード50%
新しいドッグフードを50%混ぜます。


5日目〜6日目は、これまでのドッグフード25%
新しいドッグフードを75%混ぜます。


7日目で、新しいドッグフードを100%にするのです。


この切り替え方法だと愛犬のお腹に負担をかけずに
スムーズに切り替えられるのです。



愛犬も、新しいドッグフードを混ぜたら
食べるようになりました。


7日目で100%にしてからは、
スゴイ勢いで食べるようになったのです。


やっぱり、これまでのドッグフードが
合わなかったのですね。


愛犬がドッグフードを食べなくなったり、
お腹の調子を悪くしていたら穀物不使用の
ドッグフードに切り替えるのがおススメです。


愛犬が健康で元気になるので、
安心できますよ。



『ネルソンズドッグフード』の公式サイトはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓