年収9億円稼ぐ人の1つの考え方 動画編集入門『一生かかっても知り得ない 年収5億円人生計画 』

December 29 [Tue], 2015, 14:22
市場では新製品が次々生まれてきていますが、本当にお買い得なものは数えるほどしかありません。と言うのも、効果があまりなくてもなぜか人気がある、そんなものがかなりあるからです。これらのすべてをそのまま受け入れる必要はないにせよ、できるだけ知っていた方が良いと言えるでしょう。また、個別の事例に際しては、TBSに限らず、テレビ各局のディレクターの方々へのヒアリングに基づいた情報も加えています。はじめに いいたいことを伝える技術をプロに学ぼう一般向けのビデオカメラの普及に伴い、ユーチューブ(You Tube)をはじめとする動画投稿サイトに自分の作品を投稿したい、と思われている方は多いでしょう。

動画編集入門が見てきた中で、最も○○○○○だったアイテム。ただ、一口に映像制作と言っても、実は様々な分野に分かれています。巷には本当に色々なものが溢れています。その点、テレビ局には長年の試行錯誤の中で培われてきた情報を伝達するためのノウハウ(企画力、取材力、編集力)や、映像の取り扱いに関する様々な配慮(ルール)があります。また、そのためのテキストも必要でしょう。

詳しくは「動画編集入門」で検索していただくか、動画編集入門のページを見ていただくと分かると思うのですが、このページでご紹介せずにはいられませんでした。是非一度試してみてください。動画編集入門がおすすめしたいのが、この動画編集入門。効果のあるもののみが残っていきそうな感じがしますが、実際はそうはいかないのが日本の市場です。本当に効果的なものの見つけ方は、市場の声ではなく、実際に使っている人の声を聞くのが一番なんです。

特に撮影に関しては、カメラマンという専門の職種があるくらいですから、それだけでも奥の深い話になります。確かに、少し前まで映像制作は限られたプロの人たちだけがやるものでした。なお、本テキストは、TBSで長年、ディレクターとして映像制作に携わってきた黒岩亜純氏の話を、宮徹が時に質問しながら文章にまとめました。あるいはもうしているという方も少なくないと思います。そう考えると、これから映像表現が広く社会に普及していくためには、先行する機材(ビデオカメラや動画編集ソフト)や発表の場(動画投稿サイトなど)に加え、映像制作のノウハウを学ぶ場が必要なのではないでしょうか。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:doganumon
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/doganumon/index1_0.rdf