ドバイに関する情報

September 20 [Sun], 2009, 22:23
ドバイへ旅行に行くのであればドバイの事についてもちょっと知っておいた方が良いと思いますので説明したいと思います。

ドバイはアラブ首長国連邦の中の1つになります。

アラブ首長国連邦は7つの首長国で構成されています。

英語では「Dubai」と記述されます。

アラブ首長国連邦は「UAE」と表示される事もあります。

首長国連邦の構成は「アブダビ」「ドバイ」「アジマン」「フジャイラ」「ウム・アル・カイワイン」「シャルジャ」「ハイマ」で構成されていて、この中で首都は「アブダビ」になります。

アラブ首長国連邦の中でも特に有名なのが「ドバイ」ですが、ドバイの名前の由来は面白くて「ダバ」と言うバッタの幼虫と言う意味の物だったり、「ドゥボル」と言う蜂と言う意味の物だったりするそうです。

まぁこれは一説なので本当の所は分かりませんが・・・。

ドバイの気候に関してですが、ドバイは夏と冬と言う2つの季節に大きく分ける事が出来ます。

日中と夜間の気温差が大きいのが特徴で、昼は20?30度、夜は15度位が平均的な気温になります。

真夏になるとちょっと過ごしにくい気候になり、日中の気温が40度を超える日も多く、湿度も100%の日が多い為にかなり過ごしにくいと思います。

観光で行くのであれば冬季にあたる11月?3月位が日本の春の様な陽気で湿度も少なく過ごしやすいと思います。

また、砂漠地帯特有の気候である砂嵐(「シャマール」と呼ばれています。

)が5?7月にかけて定期的に起きます。

この時期はお店が早く閉まってしまう可能性がありますので、避けておいた方が良い時期かもしれません。

ドバイとの時差を知ろう

September 20 [Sun], 2009, 22:23
ドバイへ旅行に行く際に、行って実際に感じる事の一番最初はやっぱり「時差」ではないでしょうか。

時差が大きいと慣れるまで身体に結構負担が来ますものね。

そんな日本とドバイの時差に関して知っておきましょう。

ドバイと日本の時差に関してですが、日本時間の?5時間がドバイの時間になります。

ですから日本で夕方5時だとドバイではちょうどお昼(正午)と言う事になります。

そんなドバイへ行く飛行時間は11時間位と長時間フライトになります。

では時差ボケを解消するにはどうしたら良いのでしょうか?時差ボケと言うのは時差が4時間以上になると出て来ると言う様に言われています。

この時差ボケと言うのは、睡眠のリズムが狂ったり、睡眠時間が足りなかったりして体内のリズムが狂ってしまい、倦怠感や頭痛などが症状として出て来る様になるのです。

こう言った時差ボケを解消する方法はドバイに行く前にドバイの時間帯と同じ時間帯で過ごす様にちょっと前からすると言う事が挙げられます。

つまり日本での生活リズムをちょっとずつ遅くする様にすれば良いのですとは言っても時差ボケってやっぱり起きてしまうと思いますので、ドバイに付いたらドバイの時間帯に合わせる様に身体のリズムを整える様な感じで気合い入れましょう。

とは言ってみる物の、ドバイに付いたら時差ボケの症状より、着いて初めて見る景色に興奮してしまう方が先走ってしまうと思いますのでなかなか考えている様に上手い具合にはいかないと思いますけどね。

ドバイで移動する時の移動手段

September 20 [Sun], 2009, 22:22
ドバイに旅行行った場合、様々な移動手段を使うと思います。

色々挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

【バス】ドバイでの移動手段としてバスを利用しようとするのであれば、バスは時間通りに来ない事を前提に動いた方が良いと思いますので、我慢が出来るのであれば公共のバスは片道で1?2ディルハム(1ディルハム=約30円)位ですので利用するのも良いと思います。

きっと時間を気にする方だとイライラしてしまうかもしれません。

またバス内には女性専用エリアが設けられてはいるのですが、乗るなら一応肌の露出を控えた服装で乗る様にしましょう。

また、宿泊するホテルやツアーの内容によってはシャトルバスを利用出来る場合もあり、利用出来ると主要なショッピングモールやビーチ等に行けますので利用出来るかどうか調べてみるのも良いと思います。

【水上バス】ドバイには水上移動をする為に伝統的な乗り物のアブラと言う水上バスがあります。

料金も1ディルハムと日本円にして約30円程度と安いので気軽に乗る事が出来ます。

また船頭さんとの交渉次第ではアブラを借り切る事も出来るみたいなので人数が多い場合には是非やってみるのも良いと思います。

借り切っても20ディルハム位だと思いますので、皆で出しあったとしても安いと思います。

どちらにしても伝統的なドバイの乗り物であるアブラでドバイクリークを眺めながらゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ドバイの公用語について

September 20 [Sun], 2009, 22:22
ドバイに旅行しようと思っているのであれば是非ドバイの公用語について把握しておいた方が良いと思います。

ドバイはアラブ首長国連邦の中にある都市の1つになりますが、この連邦内の公用語と言うのは「アラビア語」と言う事になります。

「アラビア語なんて分からないわ」と言う方も安心して下さい。

ドバイは人口の約8割もの人が外国人と言う状態です。

ですからドバイにおいては世界の公用語ともなる英語が主流となって使われている様です。

ですから旅行に行く際には英語が出来れば大丈夫です。

もし、レストランに入って注文をしようとメニューを見てもアラビア語だけでは分からないと思いますが、大抵はアラビア語と英語の両方で書かれていますので心配はないと思います。

ただ、せっかく旅行に行くのであれば「こんにちは」位のアラビア語は覚えておいた方が現地の人に喜ばれると思います。

以下に簡単なアラビア語をいくつかご紹介してみたいと思いますので参考にして下さい。

【こんにちは】アッサラーム・アライクム【返事をする時に使うこんにちは】ワ・アライクムッ・サラーム【はい】ナアム【いいえ】ラー【ありがとう】シュクラン【おはよう】サバーフ・ル・ハイル【こんばんは】マサーゥ・ル・ハイル【さようなら】マッサラーマ【日本】アル・ヤバンドバイ旅行では上記の言葉が話せれば少しは喜んでもらえると思います。

せっかくいくのなら現地の言葉を少し理解しておくのも良いですよ。

ドバイの歴史と文化について学ぼう

September 20 [Sun], 2009, 22:21
ドバイに旅行に行こうと思っているのであれば、ドバイの歴史について、更に文化について学んでみてから行ってみてはいかがでしょうか?ドバイと言う都市は国際都市として扱われていて、近代的なビルが建ち並んでいる場所があったり、昔の古い街並みが建ち並んでいる場所があったりと、新旧が混在している都市となっています。

近代的な場所からちょっと離れて、アラビアらしい雰囲気を味わいたいと思うならばドバイの中でも「バール・ドバイ地区」と言う所に行ってみてはどうでしょうか?この場所に行く為にはドバイの伝統的な移動手段である水上タクシーの「アブラ」を利用して行ってみるのもお勧めです。

値段も片道1ディルハム(日本円で約30円程)と格安ですので気軽に利用する事が出来ます。

バール・ドバイにアブラで乗り入れて、先ず最初に目にするのが「ドバイ・オールド・スーク」と言う市場です。

この市場ではアラブの古き時代の市場を味わう事が出来ます。

また少し先に進むとドバイ博物館があります。

この博物館ではドバイの歴史を知る事が出来ます。

またドバイに行ったら近代的な物だけでなくアラビア文化に浸る様な旅行をしても良いと思います。

どう言った事があるかと言うと、椰子の木がたくさんある様な広い農園に行ってみて農場生活を体験させてもらってコーヒーなどをゆっくり飲んでみるのも良いと思います。

こう言ったアラビア文化を存分に楽しめるのもドバイの魅力だと思います。

ドバイで観光をしよう!

September 14 [Mon], 2009, 18:25
ドバイへ旅行に行くのであれば、ショッピング以外にも観光地を訪れてみてはいかがでしょうか。

ここでドバイでの観光名所をご紹介してみたいと思います。

【ドバイ博物館】ドバイ博物館はドバイの歴史を知る事が出来る博物館になっています。

建物も砦の様な形をしていて見る人の興味をそそります。

場所はバール・ドバイ地区にあり、ドバイ・オールド・スークと言う所から徒歩5分程になります。

【グランドモスク】ドバイ博物館から徒歩5分程の所にあるのがグランドモスクです。

執務室の横にある白い大きなモスクがそれにあたります。

このグランドモスクはバスタキア居住区と隣接されています。

【ジュメイラモスク】ビーチ沿いにあるモスクになりますが、ドバイの中でも最も美しいと言われているモスクになります。

モスクはイスラム教徒が入る場所ですのでイスラム教徒でない観光客は外観からしか観る事が出来ないのですが、夕方から見るそのモスクは夕日を浴びてその色を変えていきます。

その美しさは誰もが心を惹かれ、魅了される程美しいです。

そんなジュメイラモスクを一度目に焼き付けに行ってはいかがでしょうか。

場所ですがバードバイ等のドバイでの主要地区から車で大体20分程かかる位置にあります。

【シェイクザイード邸】この建物はドバイの首長の祖父にあたるシェイク・サイード氏が昔住んでいた住居になります。

ドバイの昔の雰囲気を感じる事が出来るこの住居はとても感慨深い物があると思います。

営業時間内であればどなたでも入る事が出来ますので一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ドバイと言う都市

September 14 [Mon], 2009, 18:17
ドバイ(DUBAI)と言う都市について説明します。

ドバイは不思議な都市で、過去と未来が入り混じっている様な都市です。

それは昔本で見た様な未来都市の様なユニークな形をしたビルが建ち並んだ街並があったり、昔を思わせる様な古い街並が残っていたりする喧騒から感じるのだと思います。

まるで今にも消えてしまいそうな感じ、そうまるで蜃気楼の様な街がドバイなのです。

ドバイは国際都市となっていて人口140万人中8割が外国人となっています。

ドバイは未だ進化をし続けている都市です。

今までは強力なオイルマネーと言う後ろ盾があったけれども、そのオイルも資源には限りがあると言う事からオイルだけに頼らない様にしようと脱却を図るための計画が緻密に行われている様です。

ドバイはまるで大人にとっての「夢の国」と言う感じで訪れる人を魅了し続けています。

魅了させる為にドバイも巨大プロジェクトを次々と成功させ、世界に無くてはならない都市、唯一無二の都市になろうとしているのです。

その為に進化し続け様として、今でも新たなプロジェクトが動き続けていて、未来都市が作られているのです。

その光景はまるで世界の半分のクレーン車がドバイにいるのではないかと言われる位工事だらけだと言う事です。

そんなドバイですからホテルももちろん超高級リゾートと言う感じのホテルがたくさんあり、豪華でゆったりした時間を演出してくれます。

ホテルでゆったり過ごした後はドバイにたくさんあるショッピングモールで一流ブランドを買い物したり、眺めたりして過ごすのもドバイ流だと思います。

日本からドバイに行くにはどうやって行くの?

September 14 [Mon], 2009, 18:09
日本からドバイへ旅行に行こうとした場合のアクセス方法ですが、日本からドバイに行く直行便が出ているのは大阪と名古屋の2箇所だけになっています。

成田からだと直行便は出ていないと言う事になりますね。

大阪と名古屋からはエミレーツ航空と言う航空会社から毎日直行便が1便ずつ出ている様です。

また日本航空とコードシェアをしているみたいですので、マイレージも貯める事が出来ます。

またフライト時間は10時間位です。

参考にして下さいね。

また直行便ではなくどこかへ経由していく方法だと成田からでも出発しているのですが、日本航空ではなく、以下の航空会社になります。

・カタール航空・タイ航空・マレーシア航空・シンガポール航空・キャセイパシフィック航空・大韓航空等です。

また直行便を就航しているエミレーツ航空では日本への発着便に対しては日本人のキャビンアテンダントが必ず乗務していますので、何か有った時に言葉が通じないと言う様な時でも安心だと思います。

出来ればドバイへ行くのなら直行便で行きたい所ですが、大阪と名古屋近辺以外の人だとそこに行くまでも大変だと思いますので、乗り継ぎ便を使用してどこかアジアの国へ一度立ち寄ってその国を観光してからドバイに行くと言うルートを辿っても良いかも知れませんね。

また今ビジネスマンの間で人気なのがカタール航空を使ってドーハと言う所を経由してドバイに行くと言う経路です。

これはカタール航空の機内のビジネスクラスが非常にゆったりとした作りになっているからだと言う事が評判になっているからの様です。

ドバイ周辺の情報【アブダビ】

September 14 [Mon], 2009, 18:00
ドバイへ旅行に行くのであればドバイの周辺についてもどう言った都市や街があるのか知っておいた方が良いと思いますのでドバイ周辺の情報についてご紹介したいと思います。

【アブダビ(ABU DHABI)】アラブ首長国連邦の首都であるアブダビはオイルマネーを後ろ盾に持っている事もあり、近年もの凄い勢いで発展を遂げて来ている都市で、アラブ首長国連邦の中でも牽引役的な存在を担っている都市です。

またアブダビ首長国の中にアル・アインと言う町があるのですが、ここは古い時代からオアシスの町として多くの人に親しまれている町となっています。

首都アブダビから車で2時間ちょっとかかる所に位置しています。

アラブ首長国連邦の中でも面積や人口が最も大きいのがアブダビです。

この都市は政治面や経済面でも今後リーダー的存在として発展する事が期待されています。

またちょっと注目したいのが2009年から始まるF1の開催地にもなっていますし、ディズニーランドの建設やルーブル美術館等の建設も予定されている為に、今後新たな観光都市としても多いに期待出来ると思います。

またアブダビは、街中には近代的なビルが建ち並び、ちょっと離れると美しい自然が溢れていると言う未来と過去が入り混じった様な美しい都市になっていますのでそう言った街並みを観光するだけでもかなり魅力的だと思います。

古き良きアラブの面影と、近代的な面を併せ持つアブダビはドバイへ旅行に行く際には是非訪れたい都市だと思います。

ドバイにあるホテル

September 14 [Mon], 2009, 17:51
ドバイにはものすごい数のホテルがあると言われています。

ランク的には星が無い物から、5つ星またはそれ以上のクラスの物まである様です。

少し前まではドバイの中でもディエラ地区と呼ばれる所に集中してホテルがあった様なのですが、近年における観光地としての開発が進んでいる事もあって今やドバイの至る所にホテルが建ち並んでいると言う現状になっているそうです。

ホテルを利用する際に気になるのが値段だと思うのですが、ドバイではホテルの値段と言うのはランクにもよるのはもちろんですが季節によっても大幅に変わる様です。

ドバイの観光シーズンである10?11月辺りは気候が良いと言う事もあるし、様々な催し物と重なる為に高めの値段設定になっていて、安く泊まろうと言う事はあまり期待出来ないです。

優雅にホテルライフを楽しみたいと言う場合には、観光にはあまりお勧めできない季節、例えば真夏時期の6?9月辺りとか、イスラム教徒が断食に入るラマダンの季節とかはホテルでも観光客を見込めないと踏んでいるのか特別料金が設定される場合が多い様ですので、比較的安い価格で高級ホテルを存分に満喫出来る様になっています。

ドバイに短期間で旅行しに行く場合にはホテルでも良いと思うのですが、長期滞在する時にはホテルよりも、「ファーニッシュドアパートメント」と言う長期滞在用の宿泊施設がお勧めです。

ここにはキッチンも付いていますし、家具も付いていますので長期滞在するにはお勧めです。