ニュース

December 03 [Mon], 2012, 2:21
2日午前8時ごろ、山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道上り線の笹子トンネル(全長約4.7キロ)で、トンネル内のコンクリート製の天井板が崩落し、少なくとも3台の車が巻き込まれた。車両火災も起きたが、消し止められた。山梨県警によると、現場で被害に遭った東京の多摩ナンバーのレンタカーのワゴン車の中から、焼死したとみられる複数の遺体を確認した。県警は業務上過失致死傷容疑などで捜査している。天井板はボルト(直径16ミリ、長さ23センチ)でトンネル上部に固定されていたが腐食し、落下した可能性もある。
 これまでに銀行員の女性(28)=神奈川県三浦市=が足にやけどなど全治2週間のけがを、無職女性(37)=甲府市=が頭部裂傷などの全治1カ月のけがをし、病院に搬送された。消防などによると、自力で脱出してきた女性銀行員はレンタカーのワゴン車に友人5人と乗っていた。「自分は脱出できたが、友人たちのことは分からない」と話しているという。
 総務省消防庁によると、6人乗り乗用車1台が焼損し、車内に5人が乗っていたとしている。
 山梨県警によると、下敷きになったのはワゴン車とトラック、普通乗用車の3台。
 県警によると、トラックに乗っていた男性は午後10時すぎに車内から運び出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。
 また、山梨ナンバーの普通乗用車内から新たに焼死とみられる遺体が発見された。
 現場は上り線のトンネル出口から約1・7キロ入った場所。天井板はコンクリート製で幅約5メートル、奧行き約1.2メートル、厚さ約8〜9センチ。重さは約1.2トン。地上からの高さ約4.7メートル。つり金具(長さ約5.3メートル)で支えていた。110メートル以上にわたり天井板と、排気口と送気口を隔てる隔壁がV字のように崩落。最大で計270枚落下したとみられる。 


2012年11月29日、華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長はブログに「日本でニートが増加、教育観念の見直しが必要」と題した記事を掲載した。以下はその内容。

子供の未来のために親は必死で子供に良い教育を受けさせようとする。日本のような学歴社会ではなおさらだ。なぜなら日本ではどんな会社でも給料を算定するときにひそかに学歴を考慮するからだ。もし1人の子供が小学校から大学まで私立の学校に入学すると、全部で3750万円の学費が必要になるという。

日本の私立学校では英語教育に力を入れている。海外の学校との交換留学制度を取り入れている高校や大学も多い。このグローバル化が進んだ時代には、英語が話せることは就職活動に有利だ。そこで親たちは教育ローンを組んででも子供たちを学費の高い私立学校へ通わせようと考え、交換留学制度を利用させたいと思っている。

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は2日、北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射予告について「発射が大統領選の前でも選挙に大きな影響は与えないだろう」と語った。聯合ニュースなどとのインタビューで述べた。

 李大統領は、北朝鮮がこれまでも韓国の選挙に介入しようとしてきたと指摘。しかし「その意図とは反対の結果をもたらし、むしろ国民の対北認識だけを悪化させたという厳然たる事実を悟ることを望む」と警告した

プレイボーイ誌創刊者86歳ヒュー・ヘフナーが婚約!挙式5日前に逃げた60歳年下花嫁と大みそかに挙式予定

昨年6月、結婚式の直前に60歳年下の婚約者クリスタル・ハリスに逃げられたプレイボーイ誌創刊者ヒュー・ヘフナーが、再び同じ女性と婚約したとTMZ.comが報じた。

 プレイメイトのクリスタルは昨年、ヒューと式の5日前に大ゲンカをして家を出、結婚式はキャンセルに。婚約指輪をオークションに出品したり、式が予定されていた日にラスベガスのプールパーティで黒のビキニ姿でカメラのためにポーズを取ったりと、やりたい放題だったが、ヒューは彼女が戻ることを許し、今年6月から再び一緒に暮らしていた。

 「わたしはまた彼のナンバー1ガールになったの」と復縁直後にツイートしていたクリスタルは、戻ってから半年足らずで再び婚約者の座を手に入れたことになる。結婚式は今年の大みそかの予定されているらしいが、前回は300人以上を招待していた豪華な式だったのに対し、今回は近しい友人と家族だけの小さな式になる予定とのこと。Radar Onlineによるとクリスタルは昨年の結婚式で着るはずだったウェディングドレスを着るつもりらしい.


婚活は早く始める事が成功への近道だ。

プチ活は始めやすさをウリにしている婚活サービスを展開している。

東京婚活という近くの人と会いやすいというのはオススメのポイントである。

格安婚活というくらい料金が安いのも若い人が始めやすい。

他社との違いをよく考えて色々チェックする事が、良いサービスを選ぶ事に繋がるので要チェックだ!


■ どんどん遅くなる初婚年齢

 年収300万円に届かない低所得男性が増加する中、わが国では、「結婚していない」男性が増えています。

 厚生労働省が発表している日本人男女の初婚年齢のデータを見ると、男女とも初婚年齢が年々上がっているのが、一目瞭然です。

 特に、86年から98年の間には注目すべき現象が起きました。

 この間、男性の初婚年齢は28.4歳から28.5歳とほとんど変化がなかったのですが、対照的に、女性は25.7歳から26.7歳へ、じわじわと初婚年齢が上がっています。

 86年といえば、男女雇用機会均等法が施行された年ですので、この期間の初婚年齢の上昇は、働く女性の増加が主因であったと推察されます。

女性の晩婚化の動きを横目に眺めていた男性ですが、「男性不況」が始まった98年を境に、ついに晩婚化の動きが本格化し始めました。この年は、年収300万円未満の低所得男性が増加に転じた年でもありますので、両者には因果関係があると考えるのが自然でしょう。

 そして、07年にはついに男性の初婚年齢が30歳に到達。以降も、上昇を続けています。

 一方の女性も、この15年で2歳以上も初婚年齢を上げ、10年の段階では28.8歳まで上昇しています。その昔、「女性はクリスマスケーキと同じで、24までは売れ行きがいいけれど、25を超えると売れなくなる」と言われていたことがありますが、どこ吹く風の勢いで晩婚化が進んでいます。

 12年に発表された最新データでは、ついに東京都の女性の初婚年齢が30歳を超えました。

 女性の場合、社会進出が進んだことを含め、自らの意思であえて「結婚しない」ことを選択する人が増えたことが、晩婚化の要因となっていることも事実でしょう。しかし、「男性不況」で収入の少ない男性が増えてしまったことが影響を与えているのも間違いなさそうです。

■ このままでは、結婚しないのが当たり前の社会がやってくる

 このように、晩婚化が進んでいる日本ですが、晩婚どころか生涯結婚しない人も急ピッチで増加し、その傾向はこれからますます顕著になると予想されています。

 国立社会保障・人口問題研究所が発表している、生涯未婚率の推移を見ると、現段階で、すでに男性の2割、女性の1割が生涯結婚することなく未婚のまま過ごすと予測されています。これが20年後には、男性の3割、女性の2割に拡大すると推測されているのです。

 日本は、フランスのように事実婚が認められているわけではないので、婚姻率が下がれば当然、少子化が今以上に進行します。

 すると、社会保障財政や経済成長の足を引っ張っている人口減少、少子高齢化に拍車がかかってしまうことになります。

 少子高齢化は、そのこと自体が「男性不況」の要因なので、さらに事態を深刻化させるという意味では、マイナスの影響が計り知れないと言わざるをえないのです.


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ドロ
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/do6ro/index1_0.rdf