"治療◇薬物療法タンポポ茶の高プロラクチン"

November 24 [Sat], 2012, 3:10
"◇薬物療法
・クロミツドやクロミツドとブレドニンの併用療法があります。
・これらの薬剤に反応しない場合は、hMG(ヒュメゴン、フェルティノームPなど)療法が選択されます。しかし、このhMG療法では卵巣が過剰に反応するOHSS(卵巣過剰刺激症候群)を起こす例が多く見られます。

【クロミッド療法】
排卵誘発剤で、卵胞の発育を促します。

【クロミッド十、プレドニン療法】
クロミッドだけでは効果が見られなければ、副腎皮質ホルモン剤を追加します。

【hMG+hCG療法】
直接卵巣を刺激します。(OHSSになる頻度が高いため注意が必要です)

【子宮内膜症】
◇今、急激に内膜症が増えているB
私のクリニックでは、一九九七〜九八の初診者772名中、504名(65.3%)という、実に多数の人が内膜症と考えられました。このうち、それまでにすでに内膜症といわれていた人は、わずかに45名(5.8%)に過ぎません。医師の中には、まだ内膜症の急激な増加傾向に気がつかない人が多
いうえに、検査の進め方にも問題があり、ことに内性内膜症の見逃しが多いようです。
いずれにしても、内膜症は近い将来、不妊や結婚生活に関連した大きな社会問題をもたらす疾患になるでしょう。医師だけでなく、患者さんご自身でも注意を深めていただきたいと思います。" 母乳不足に悩むママへ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:do2kruej4
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/do2kruej4/index1_0.rdf