児玉が柿沼

May 08 [Sun], 2016, 12:12
乳酸菌と言って思いつくのはカルピスと言えるでしょう。小さかったころから、毎日味わっていました。



それは乳酸菌があるからです。
お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。


ですので、私は便秘になった事がありません。もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげでとても身体が丈夫になりました。

昔から、乳酸菌には色々な健康作用がありますが、中でも腸を整える効果が高いといわれています。
腸内善玉菌を増殖させることで腸の活動が活発になり体内に溜まっていた便が排出されやすいのです。

その為、便秘や下痢が緩和されます。乳酸菌を毎日取り入れることにより整腸効果が高まります。乳酸菌をたくさん摂りすぎても副作用を心配することはありません。



ただそうではありますが、たとえ身体に良いからとは言ってもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーのオーバーすることがあります。


体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、ある程度の範囲内に限っておくと確かでしょう。現在は毎年のように冬が来るとインフルエンザが大流行しています。年々予防注射で予防する人も増えていますが、都市部ではかなりの人数が感染しています。いくつも感染経路は可能性がありますが、通勤中の電車や街中、職場など、大人数と接触する空間で感染をしているのだと思います。

屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌が効果があります。

おならによる臭いの原因は腸内にある悪玉菌によるものだとされています。というわけで、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるの、を防止する働きのある乳酸菌を積極的に、継続して摂ることでおならの臭気を和らげることができます。

どんな乳酸菌を選べばいいかと言えば、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試用してみると良いでしょう。

このごろでは、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、サプリというものも出回っています。



腸まで届く仕様の乳酸菌飲料を初めて試してみたとき、あくる日は、便所から出られなくなったので、休日前に試すといいでしょう。


腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは周知の事実です。しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果が発揮できないのではというふうに思っている人もいます。しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、従って身体全体の健康に繋がっていくのです。
いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃を超えるほど上がって調子が悪かったので、病院にかかりました。

結果、インフルエンザの検査が受けられますよと教えてくれました。


私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それにあったお薬を選んでもらえるので、検診したいと希望しました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉央
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dnzqwp5isb7hal/index1_0.rdf