串田でニュウナイスズメ

January 31 [Sun], 2016, 14:24

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。



インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。




他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。





インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。




この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。





ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。


日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。



問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。




骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。



もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。



また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。





インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。


障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。




これはなぜでしょうか。


一つには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。





自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


相場は地域によって異なります。



歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。



治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。



ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。高い費用も、一括払いには限りません。クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。


しかし、それは正しくありません。


MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。



インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。



インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。





これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。



インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。


新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠花
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dnyan1od66ihfi/index1_0.rdf