ニホンキジだけど尾方

September 06 [Wed], 2017, 12:01
葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますので、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素です。普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事で葉酸を補給するのも困難な場合もあるでしょう。無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足した葉酸を確実に補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。ですが、他にも亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。妊活中の女性以外にも、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。亜鉛は健康的な精子の増加をサポートする効果があるのです。妊娠はどちらか一人ではできません。元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみるのが良いと思います。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。どのようなものがお勧めかと言うと、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。葉酸が持つ効果としては、貧血を予防する効果がありますし、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。そのうえ、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。ですので、夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、一向に妊娠の兆候が見られなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦ったり悲しかったりでした。クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。ストレスも原因だったのかなと思います。早めに受診するべきでしたね。一度流産を経験しました。私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、もう一度、チャレンジしてみようと妊活を始めました。妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を改善するためにまず運動で、体を変えてみようと思いました。結果は、意外とうまくいきました。新陳代謝が上がったため、低かった基礎体温が上がり、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんはご家庭での普段通りの食事に加え、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が通知を出しています。なぜなら、十分な葉酸を摂る事で神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。そうしたサプリを利用する方は、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにしてください。妊娠が発覚した後、葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、出産後も、葉酸の摂取によって日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的な研究によって、明らかになっています。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が推奨しているんです。今では葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるようです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:So
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる