肩こりを悪化させる姿勢

May 08 [Sun], 2016, 10:55
多くの日本人が悩みを感じている肩こりはなにが原因で起きるのでしょう。

長時間のデスクワークのために肩のこりが強くなり、整体などに行くひとも珍しくありません。

似たような姿勢で長い時間座り続けることが原因で、一定の筋肉が収縮をして、その姿勢を保持する筋肉の動きが段々と低下していきます。

すると頭の部分や腕などの部分を支えている頸部の筋肉に負荷がかかり、さらに血行の状態も悪くなります。

血行不良によって酸素不足になった筋肉は痛さを感じる物質を生み出して、それが要因となり肩こりが発生します。

デスクワーク等に限定されず、同じような体勢を長い間繰り返して行うことが多い時、肩のこりが起こる可能性が多くなるのです。

肩のこりは体勢だけではなく、精神の状態が原因で起こってしまうことがあります。

例でいうと、よく知らない所を自動車で運転する時やとても大事なプレゼン、苦手な人との接触をストレスと感じるというケースなども多いです。

このようなストレスが体にとって良くない刺激になって自律神経を混乱させて、身体を緊張させる交感神経の作用を優位にしてしまいます。

首・肩周辺や背中上部周辺の筋肉がこわばってしまうと痛みや不快感が脳に伝達し、肩こりを起こします。

毎日のようにメンタルな緊張が続くと筋肉も収縮を続けるため、肩のこりが慢性化するという悪循環にはまる恐れがあります。

大丈夫や
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かおるdnmh8vg1
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる