ゴシックと言い張るけど。

August 31 [Wed], 2011, 0:41
結局俺って悪趣味なだけなんではなかろうかと思う今日この頃今日部屋の片付けをしてみたらまあ出るわ出るわ悪趣味な本がいっぱいありました。人形性愛にいて書かれた雑誌とか死体愛好にいて書かれた雑誌とか特殊なフェティシズムの雑誌が山のように出てきたり持ってる文庫本のほとんどが夢野久作と江戸川乱歩だったり漫画をまとめてみたら丸尾末広がいっぱい出てきたもう、なんかゴシック趣味というほど高尚なもんじゃないんだよね我ながらどちらかというと級臭いというか見世物小屋っぽい雰囲気に惹かれる普段は人権や善、生にいて熱すぎるくらい熱く語るような人間なのに趣味の世界では真逆で差別的、悪、死に関するものが多いなぁと、改めて自分の性質を理解しましたよ。というわけで、今日片付けたものの中から、俺のオススメ達を紹介しましょう。夢野久作やっぱり、ドグラマグラは最高傑作だと思う。けど、あえて死後の恋をチョイスしましょう。これはなかなか、悲恋ともとれるけど、それにしては残虐描写が多い。夢野久作の死体の描写はやけに写実的で生々しく感じる。江戸川乱歩蟲が一番好きだな。乱歩お得意の社会との接点を犯罪でしか得られなかった男という主人公像が生きてるし、何より殺人描写が美しい。あと、死体の腐乱していく様、主人公の発狂の様子の描写に背筋が凍るし物悲しい。大槻ケンヂ大槻ケンヂはミュージシャンとしても好きだし、小説も好き。オモイデ教のドロドロした感じが好みだけど、この人はちゃんと闇だけじゃなくて光も書ける人だから、短編集のロコ思うままにが読みやすいし、オススメかな。丸尾末広言わずとしれたエログロナンセンス漫画の巨匠。のジャケ絵とかも書いてる人だからどこかで見たことある人もいるかもね。有名どころではに動画があがってる少女椿とかがある。でも、この人、画風も作風もかなり特殊だから、最初に読むならストーリー物がいいと思う。笑う吸血鬼や犬神博士はストーリーがあるから読みやすい。間違っても、初っ端から短編集薔薇色怪物なんかには手を出さないことをオススメする。あれは、俺でもたまにメンタルをやられる他にもいろいろ出てきたけどとりあえず、この辺りを読むと俺みたいな人間が出来上がります
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dnm2upecns
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dnm2upecns/index1_0.rdf