ブルーベリーの食べ方

March 19 [Tue], 2013, 11:17
ブルーベリーをおいしくいただくには、一番手軽なところでは、ジャムがあります。

ブルーベリージャムは市場に出回るようになってそんなに経っていないのに、今やイチゴジャムをしのぐ人気商品になっているそうです。

パンにつけて食べてもよいですし、アイスクリームやヨーグルトに混ぜるとこくのある味わいになります。

また真っ白なアイスやヨーグルトに濃い紫色がはいると見た目にもきれいです。ホットケーキやシフォンケーキに添えたりしてもすてきですよね。

それにホイップクリームなんかもつけちゃうと豪華なスイーツになります。

また、ブルーベリーパイにしてもおいしいですし、ケーキや蒸しパン、ベーグルなどの材料として混ぜ込んでも甘酸っぱい味が楽しめます。

紅茶に混ぜても香りもよく、ほどよい甘さで疲れが飛ぶかんじがします。
自分でジャムを作りたいという方に簡単な作り方を。

材料はブルーベリー250g、グラニュー糖120g、レモン汁1/2個
1.ブルーベリーを鍋に入れて弱火で煮ます。
2.煮立ったらグラニュー糖とレモン汁を加えて中火にします。
3.時々かき混ぜてあくを取りながら煮詰めます。

ブルーベリージュースも市販されています。

そのままでももちろんおいしいですが、ソーダ割りにしたり牛乳に混ぜたりするのもいいし、お酒の好きな方はサワーなんか作るとおしゃれな味わいが楽します。

ブルーベリーは、生でも冷凍でもお手頃価格で手に入るようになりました。生はそのまま食べてもおいしいですが、日持ちがしないのでその点は注意しましょう。お菓子を作ったり、お料理に利用する時は冷凍の方が使いやすいです。

コーンフレークにバナナやキウイなど他の果物と一緒に乗せるとほんのちょっとあるだけでとても豪華な感じがしてきます。

またドライブルーベリーもあります。ドライブルベリーは生のブルーベリーより食物繊維が豊富で栄養価もあります。

レーズンのようにパンやクッキー、ケーキにいれたり、サラダに入れたりしておいしくいただけます。日持ちがするのもいいですね。

ちなみに、ブルーベリーは食べてもおいしいだけでなく、目にも良いといわれています。
→詳しくはここ:ブルーベリーアントシアニン.comをみてね

せっかくなので、おいしいものを食べて、ついでに目の疲れも取っちゃいましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:つぶち☆
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dnctv458/index1_0.rdf