播磨の佐々木

April 25 [Mon], 2016, 15:12
初めて介護士として働こうと思っても、就職先が見つからず、上手くいかない場合は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。

実際の求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、事情によっては介護施設側が独自に採用に関する制限を設定しているケースがあるのです。具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、厳しいケースが多いです。
あまり一般的ではないかもしれませんが、介護士が働ける職場として保育園がある事をご存知ですか?こうした保育園を職場にするとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は適任の職場だと言えます。
保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする必要不可欠な仕事なのです。

介護士が働ける場所というのは介護施設以外にもあります。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士は必要とされています。グループホームで生活しているのは、基本的に認知症の方ばかりなので、そのことを心に留めて介護することが重要です。

介護の分野に関心があるという介護士は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのもいいのではないでしょうか。

介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとして「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。


何のことか見当がつきますか?これは、食事をとりに休憩してきます、ということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち普段から使用されているようです。


このエッセンという言葉自体には、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。
昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、現在までその習慣が微かに残っていてよく使われ、親しまれている用語です。どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。


その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、そういった話の内容のほかに、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く見られています。

技能や知識のみならず、人としての良い面をアピールできると、とても有利でしょう。病棟勤務と外来勤務では、介護士の作業内容はまったく違ってくるものです。


そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、転職して別の介護施設で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。

それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。

そうすることで、得意なことを最も活かすことができるポジションにつくことができるでしょう。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。


止まらない少子高齢化の影響。

介護職にかかわる人たちもますます必要とされる可能性があります。なので、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。
年々多くの介護士が輩出されているのに、それでも介護士が足りていないのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも起因しています。



昔から介護士さんになるのが夢でした。

ですが、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。
でも、夢を諦められませんでした。



資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、現場で看護助手として働くと同時に介護士の資格が取れる方法があると分かりました。
この方法で介護士の夢を叶えたいです。収入の話になりますが、介護士という職業は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、けっこう良い給料をもらうことができます。



介護施設という介護施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、夜勤や残業が多く、それに対する手当をしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。



どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか急な残業を断らず行なうというような介護士ですと、給料はもちろん、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。外科勤務の介護士の、いいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。手術を受ける前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、とても勉強になります。

残念なことは、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長い間落ち着いてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。資格の面からみると介護士の資格というものの最大の利点は、つまるところ、もしも離職している期間があっても、また介護士に戻れるという点です。



どうしてかというと、介護士の仕事が専門職だということ、看護の現場の慢性的な人手不足の問題が大きな原因といえます。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第で五十代でも復帰できます。

介護士の人間関係は、構築が難しいなどと、言われることは多いですが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。

女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。
あまり健全ではない、そんな空気の中にいて少々げんなりすることもあるかもしれませんが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことはわかっておけば、冷静でいられるでしょう。
世間から見ると、介護士は収入の面で恵まれている印象を受けます。

現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務などハードな職業ですが、給料で見れば高収入を続けやすいことが特徴として挙げられます。


また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。このような高給で安定した職場という面では介護士はメリットの多い職業だと言えます。「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。
漢字で表現した場合、こうして二種の字で表せます。

過去には「看護士」が男性、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、女性にも男性にも使うことができる介護士の表記に一本化されました。世間では、介護士は別名「白衣の天使」ということからも一般的には好意的な印象を与える仕事であると思います。

とは言え、介護士がどのように働いているかを考慮してみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている介護士がたくさんいます。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、介護士の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。
介護士として勤務していくうちにもちろん辞めたくなることもままあります。仕事上のミスや、患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。
そうはいっても、やりがいがあるという風に思う日も多いです。
時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。介護士試験合格に向けて学ぶ場所として看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。まず、大学はどういったところかというと、高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。対する専門学校については、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。
また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。


介護士として、初めての介護施設勤務を始めた新人であったり、違う介護施設から転職によって働き始めた介護士に、現在の職場での経験が足りないという名目で、介護施設によりますが、残業代が出ないという職場があるといいます。

残業代の未払いは、新人だということは何の言い訳にもならず労働に関する法律に、明らかに違反しています。



残業も完全に仕事のうちですから、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。



介護士になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって介護施設に行ったのですが、そこの介護士さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。大人になって仕事に就くならあんな職業をしたいと思って看護学校に入学することを決め、今は介護士として働いています。大変なこともあるのですが、充実した日々を過ごしています。


病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるためほぼ確実に夜勤があります。
具体的な勤務時間でいうと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、対する3交代勤務の夜勤では勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。
希望する介護施設がどちらの交代勤務で動いているのかを早めに調べた上で検討することをおススメします。患者という立場から見ると不安を解消し支えてくれる介護士の存在は本当にありがたいものです。でも、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。
このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も意外と多いのです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後々わざわざ介護施設まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。
それと、患者さんの家族や関係者の人に笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、大変に感動したりします。
世間で言われているように、介護士の仕事はかなり辛いものです。



ですから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、きっと辞職しようと思って、悩むでしょう。



介護士としての勤務は、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。
その結果かどうかは不明ですが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。

そうはいっても、介護士の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。介護施設にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているといったケースもよくあるみたいです。
収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最適なのだろうと感じています。

事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。



介護士個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測定し、評価をつけられるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。

月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、年に一度だけ、という介護施設もあるようです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。



休みを自由にとれて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などをかなり自由に選択可能、というのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。

勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期の仕事もむろんあります。
なにしろ、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、今現在、仕事を探している人はできれば、派遣で働くということも考えて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。

子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。
それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。

忙しいかどうかは、介護施設や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くの患者で待合室がいっぱいになり、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。どんなスキルが必要になるか、ということも介護施設や、診療科によっても違います。ドラマのようには上手くはいかないのが介護士の仕事です。普通やることもたくさんあるのですが業務時間以外にも仕事が多くあり、残業を強いられることがままあります。
とはいえ、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。

つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしても打って変わって笑顔になるのです。

考えようによっては介護士は女優みたいなものだと思います。



全国的に介護士が不足している現状は介護の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。


理由としては、仕事に追われる介護士の厳しい労働環境があります。

介護士による医師の補助行為が認められ、介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、勤務時間も長時間になって、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。

勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に介護士を退職する人も珍しくありません。
日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、大介護施設や個人介護施設など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。退職する時に出る手当である、退職金については、国立介護施設や公立介護機関に勤めていたのでしたら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、納得のいく額が支払われることになるでしょう。


一方、個人経営の介護施設になると、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、結局は院長先生の考え次第となるようです。


決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。



よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。
なので、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに多くの介護士が自然な生活のサイクルを失い、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。
基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと当然のように疲れを蓄積していき、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、ようやく「少し無理をしているのかも」などと実感してしまうことはあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miu
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dmleriektr60oe/index1_0.rdf