やよいだけど前山

December 29 [Thu], 2016, 20:13
ジャンルで東洋太平洋女上級バンタム級王者の高野人母美容の通知がテーマです。昨日の面接で6ひと月6お日様に再起戦を行うと発表しながら、突然の電撃休息表明言明。出席始める協栄ジムの金平桂一郎会長は、6ひと月の舞台の中止を検討していると言う。

両方は行く先会話の舞台を持つそうだが、報知に因ると高野人母美容の勝負客は元韓国女バンタム級王者の李恵林(イ・ヘリム)だという。気になって韓国のオンラインを調べてみたら、李恵林は今から5年頃前の2011年頃5月に韓国女バンタム級王者になっている。その後、なぜいたかは探せなかったが、かなりのベテランであることは確定だろう。前もって検索に因ると、2005年頃から韓国女精鋭ボクシングで熱中を始めていたようなのだ。

ちなみに韓国で女精鋭ボクシングの舞台がはじめて行われたのは1999年頃。2002年頃には初の状況チャンピオンも誕生して要る。2008年頃には北朝鮮からの脱北ボクサーですチェ・ヒョンミが状況チャンピオンに輝いている。ただ、女精鋭ボクシングはマイナーの部門に混ざる。

それでも近年は、“美しすぎる美女ボクサー”イ・シヨンと突発で話題になったこともある。高野人母美容と同じくジャンル里でおなじみアクトレスでも残るイ・シヨンは、ボクサー役を演じたことがキッカケでボクシングを取り掛かり、2012年頃には国中ノンプロボクシングフェスティバルに出場して優勝。最近は劣悪デマを見て取れる不運にも見舞われたが、韓国ではアクトレス兼ボクサーとして大きく知られている。

(スタンダード書き物:”美しすぎるボクサー”にしておなじみアクトレスイ・シヨンの不運)

今回の高野人母美容の最初点で面白いのは、精鋭ボクシングではないが韓国の一切格闘技の世界で同様やるイベントが起きていることだ。

それは去年4ひと月の点。韓国のおなじみ一切格闘技組織『ROAD FC』に所属していたソン・ガヨンが、『ROAD FC』をかじ取りし目視も所属していたオフィスに、担当入会解消を要求したのだ。ソン・ガヨンは“美しすぎる格闘マンション”、“美貌の女戦士”と言われ、TVのアミューズメント企画にも公演したり、ソーシャルネットワーキングサービスに出稿された秘密撮影が引き続き書き物になったりと大人気だっただけに、当時は大きな通知になった。

ソン・ガヨンの理解は「TV公演などプラン公演を再三強制され、スポーツマンとしてのキャパ進化のための勉学も実施してくれない」という代物。逆にオフィスの奴は「練習を人数十回もさぼるなど、スポーツマンとしての出だしがなってない」と対抗した。

(スタンダード書き物:社異常乗り越え復職が待望される“美しすぎる格闘マンション”ソン・ガヨン)

こういう最初点以来、ソン・ガヨンとオフィスの泥仕合は続き、ソン・ガヨンは依然として『ROAD FC』の指輪に立ててない。ソン・ガヨンはとある韓国媒体のインタビューで、「自分のニックネームを売りたくてTVや媒体に出たわけじゃない。異種格闘技を広めたい一心だった」と語っているのだが・・・・・・。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひより
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dmhtoyre6wonln/index1_0.rdf