「マドンナ」奥田英朗

2006年04月19日(水) 10時05分
「マドンナ」奥田英朗

かなり年下の女性の部下に恋をしてしまったり
息子がダンサーになると言い出したり
課の悪の体制に正義の鉄槌を下そうとしたり
新しい女性の上司に苦労したり
毎日みかける老人に父親を重ねてみたり、、
と、いろいろと大変な、
40代サラリーマンの課長さんたちを描く。

マドンナ/ダンス/総務は女房
/ボス/パティオ    5編の短編集。


それぞれのお話は、2つの対比で構成されてて、
会社での問題の根本が家庭での問題と繋がっていたり、、
そういう部分がおもしろいな〜と思ったー

けども、出てくる課長さんは全て違うひとなんだけど、
受ける印象・キャラ設定が、大体同じで、
しかも、語ってるのが全て課長本人だから、
なんかそれぞれに特徴がなくって、そういうとこが微妙だった。
語り手が変わったりしたらオモシロいかもな〜

あと、課長や部長やらの役職だとか、派閥やら昇進やら、
そういう状況がイヤでくだらないなーと思うからというのも、
オレが今の仕事をやってる理由の数%ではあるので、
オレ的には、大変だなーくだらないなーという外野的感じ方をしてしまって
あまり入りこめなかったなー

あと、奥田さんに多大な期待をしちゃってる。
とことん重苦しくくるのか、笑わせてくれるのか、、と。
けど、
こういう感じもオモシロイ。
他のやつもドンドン読んでいこう!



★★★☆☆ 142

今は、「覆面作家の愛の歌」北村薫。
  • URL:http://yaplog.jp/dm97032/archive/184
トラックバック
トラックバックURL:
奥田英朗著 「マドンナ」を読む。
このフレーズにシビれた。
 ただ、これでやっかいな夢想からは解放されるなと春彦は思った。 明日からは、心に波風が立たない、普通の生活に戻るのだ。

[巷の評判]
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!では,
「小説としてはどれも楽...
ご本といえばblog  2010年05月28日(金) 16時21分
奥田作品、3連チャンですね^^;

実はこの本、ずーっと前から書店で見かけていたんですが、
なんだか読む気がしなくって。。。
表紙からしてOLの話かぁ〜、って思い込んでたんですよ<汗;;

そしたら・・!
なんと全然違った(笑)。
40代の中間管理職真っ只中...
文庫の本棚  2007年02月26日(月) 15時48分
講談社 (2002/10)
ASIN: 4062114852

評価:90点

中間管理職はつらい、などという言葉はよく聞くが、あまり実感したことはない。
しかし、それは面の皮の厚さや、心臓に生えている毛の量ではほとんど負けたことがないというド厚かましい私だからであって、世の中一...
デコ親父はいつも減量中  2007年01月06日(土) 14時22分
表題を含む五編の短編集。
以前読んだ「空中ブランコ」がイマイチだったので、奥田作品は敬遠してたのだけど、これは大変楽しゅうございました。
すべて会社を舞台にしたお話で、中年の男性が主人公。
特に印象に残ったのは「総務は女房」と「ボス」の二編。

「総務...
あざやかな瞬間  2006年08月27日(日) 21時34分
ハタチやそこらの若者ならば、人を好きになったら自分を好きになってもらって相思相愛になり、手をつないでキスして抱き合えたら、このうえもなく幸せだろう。

それは動物の本能と生理にのっとった、自然な行動でも?
ぱんどら日記  2006年08月11日(金) 10時36分
タイトル:マドンナ
著者  :奥田英朗
出版社 :講談社文庫
読書期間:2006/06/14
お勧め度:★★★★

[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]
人事異動で新しい部下がやってきた。入社四年目の彼女は、素直で有能、その上、まずいことに好みのタイプ。苦しい片思い...
AOCHAN-Blog  2006年06月22日(木) 1時28分
マドンナ(著者:奥田英朗|出版社:講談社文庫) 


オススメ度 10点満点!



読書仲間のじゅんさんご紹介の小説。
TBさせてもらいます。いつもありがとう(^-^*)/


5編の短編からなる小説。
それぞれの主役は、40代課長職の男性方。
表題作のマド...
□■アナタのおともに〜Books〜■□  2006年05月12日(金) 15時48分
この著者が直木賞を受賞する2週間程前に書店店頭で目にした装丁と帯のキャッチに引かれて購入した1冊である。

平積みされていたのは、きっと直木賞候補になっていたからだろう。何も知らず買った私である。これでも趣味は読書だ。



話を本筋へ戻す。

「いかん、
書庫  〜30代、女の本棚〜  2006年05月03日(水) 11時13分
どこかにいそうな40代サラリーマンの心の機微を描いた短編集。
読後、爽やかな風がひと筋吹き抜けます。

★★★★☆

「マドンナ」営業三課の課長、荻野春彦は、人事異動でやっ?
日だまりで読書  2006年04月19日(水) 14時05分
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ぽちさんどうもー

えーぽちさん、課長さんだったとは!!
なんだか、カッコイイじゃないっすか!!
オモシロイですよー
ぜひー
2006年04月19日(水) 16時49分
そらさんどもどもー

奥田さんは、何度も手に取って
あとまわしにしてるヤツが結構あるんです。
悩むのなんなんで、これからは出版順に!
と思ってます。

「神様〜」は、まだです。
荻原さんは出版順に着々と読み進めてます!
「コールドゲーム」が待機中。
けど、
「ダーク」桐野夏生「ワイルド・ソウル」垣根涼介
と長い間待ってた作品が文庫化されたので、
読み終わってからかなーと思ってます。
2006年04月19日(水) 16時45分
コンニチハ。
これ、おもしろそうですね!
ワタシ、総務課長なもんでえらい共感しちゃいそう(笑)
ちょっと探して読んでみたいと思います(^-^*)/
2006年04月19日(水) 16時26分
そら
じゅんさん、こんにちはっ♪
これ、何だかやわらかい印象が残っています。
なるほどね、2つの対比かぁ。そうだったかも。よく覚えてないけど。。。
私も奥田さん、好きなので、
>他のやつもドンドン読んでいこう!
と書かれると、ちょっとうれしかったりして
荻原さんの「神様からひと言」を読んだので、じゅんさんのにTBしようと思ったんだけど、記事が見当たりませんでした。じゅんさん、読んでいなかったっけ?てっきり読んでいたと思ってた(汗)
2006年04月19日(水) 13時49分
Untitled Document

 じゅん

 43/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像苗坊
» 「パレードの明暗」石持浅海 (2018年04月14日)
アイコン画像じゅん
» 「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年02月11日)
アイコン画像じゅん
» 「雪煙チェイス」東野圭吾  (2018年02月11日)
アイコン画像藍色
» 「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像苗坊
» 「雪煙チェイス」東野圭吾  (2018年01月09日)
アイコン画像じゅん
» 「肉小説」坂木司 (2017年10月28日)
アイコン画像じゅん
» 「罪人よやすらかに眠れ」石持浅海 (2017年10月28日)
アイコン画像苗坊
» 「肉小説」坂木司 (2017年10月28日)
アイコン画像苗坊
» 「罪人よやすらかに眠れ」石持浅海 (2017年10月28日)
アイコン画像じゅん
» 「AX」伊坂幸太郎 (2017年10月08日)
最新トラックバック
アイコン画像「恋のゴンドラ」東野圭吾 (2018年01月16日)
アイコン画像「きのうの影踏み」辻村深月 (2017年11月03日)
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)
アイコン画像家族の物語を! (2016年12月10日)
アイコン画像初野晴 『水の時計』 (2016年12月02日)