その日のまえに

2005年11月20日(日) 23時00分
「その日のまえに」重松清

「その日」(死)に対したある家族と、
それに関わる人達の連続短編集。

「ひこうき雲」「朝日のあたる家」
「潮騒」「ヒア・カムズ・ザ・サン」
「その日のまえに」「その日」
「その日のあとで」
「その日」3編が1つの話。


もうお馴染みの意外性ゼロ(イイ意味で)の展開で、
泣かくもんかー!
と身構えてみても、それでも泣かされる。
いやーやっぱ重松さんはスゴイ。

重松さんは、ホントにそう言いたいのかはわかんないけど、
メッセージがしっかり伝わってくるのがいいなー
今回も、ああそういことなのかーってのを
感じる部分があった。

電車の中の読書なもんで、
前の本は笑いそう(笑ったけど)で大変だったけど、
コレは、逆に泣きそう(泣いたけど)で大変だったー(笑)

でも、期待したほどではなかったかなー
死に対する「泣かせ」だったら、長編でいってほしかった。
もっとじっくり積み重ねるとか。
連続短編といっても、
とってつけたような係わりしかない感じなのもちょっと。。
重松さんなら!と、期待しすぎもあったかなー

重松さん文庫で読んでないのたくさんあるから、
それからつぶしていこうかなーと。


この本で100冊!
ま、上下巻とかあるからホントは100作品だけど。
まだまだ読みたい本たくさん!!

しっかし、すっかり読書好きになったな〜



★★★☆☆ 100

今は、「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎。
  • URL:http://yaplog.jp/dm97032/archive/135
トラックバック
トラックバックURL:
昨日までの暮らしが、明日からも続くはずだった。
生と、死と。【その日】を迎える家族と、本人の短編集。

ひこうき雲/朝日のあたる家/潮騒/ヒア・カムズ・ザ・サン/
その日のまえに/その日/その日のあとで

読むまで短編集だって知らなかったー。
個々で評価は違...
Coffee or Tea?  2007年01月15日(月) 20時44分
人は誰でもいつかは死んでしまう。 しかしある人は早すぎる死を迎えねばならないし、 ある人は大切な家族を残して死なねばならない。 そして死にゆく人を送り...
本のある生活  2006年09月16日(土) 22時23分
文藝春秋 (2005/8/5)
ASIN: 4163242104

評価:91点

(ネタバレあります)

重松清らしい、ベタな泣かせのストーリでありながら、重松清らしくない、正面から死に向かい合った連作短編集。

いつも重松清を読むときと同じように涙腺を刺激されるのだけれど、ど...
デコ親父はいつも減量中  2006年09月13日(水) 23時07分
その日のまえに重松 清 文藝春秋 2005-08-05by G-Tools
ネタバレ警報発令!

完敗。

私は、基本的に、お涙頂戴系には評価が厳しいんです。特に、病気で人が死ぬものと、ペットが死ぬものには、きついです。いくら小説の中だからって、読者を泣かせるために、簡単に...
IN MY BOOK by ゆうき  2005年12月17日(土) 2時58分

その日のまえに

7編の短編連作集。
大事な家族が居なくなる…その日までを家族として、そして友人として、幼なじみとして、その日を受け止めていくまでを描いている。

タイムリミットを突きつけられたような命の期限。その日に向って生きていくことを相手に、こ...
みかんのReading Diary♪  2005年11月29日(火) 11時34分
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
えむさんどうもー

話題になってたのは、ちょっと前かもね(笑)
重松さんはいいよな。
オレもゆっくり読みすすめてる。

大丈夫でしょ。
以外とまわりのことなんてみんな気にしてないよ。
と、涙ぐみつつオレも思ったよ(笑)

モチ。滑りいくぜー
やっとコンディションよくなってきたし!
2007年01月15日(月) 20時58分
えむ
話題の?本を読んでしまったー(笑)
なんだかんだと、重松さんの本をザクザク読んでます。

途中まで全然平気だったから、最後の三作も電車の中で読んでて、ヤバイ!と思ったので、その後は自宅で(笑)
前の席の人にはきっとヘンなヤツだと思われていたに違いない…(汗)

それにしても、精力的に滑りに行ってますなー!
彼はETCをつけてホクホクだけど(笑)まだ高速乗るようなところに出かけてません…。°(T^T)°。
2007年01月15日(月) 20時47分
ゆうきさんありがとうございます!

ははっ。オレも同じくひねくれものなので、
もう、戦うくらい身構えたものの、
泣けましたね〜(笑)

TBどうも!
2005年12月17日(土) 13時09分
こんにちは。
おくればせながら、100冊おめでとうございます!

私も、この本の帯に「涙!涙!!涙!!!」と書いてあるのを見て、「絶対泣くもんか」と、思ったんです。(ちょっとだけひねくれ者なので)。でも、結局、ラストの三部作で、泣いてしまいました・・・。重松さんって、本当に上手なんですね。

TBさせてください。
2005年12月17日(土) 2時43分
そーですね。ちょっと。。。
「死」というものに対して、おー!があれば別だけど、
完全な正攻法でしたしね。
でも、やっぱそれでも重松さんの雰囲気はスキです!
2005年11月24日(木) 0時56分
私も読みました〜。同じく★3つです。ちょっとあざとかったですよね。死を扱ってるんだから泣けるのは当然だし。
2005年11月23日(水) 21時04分
そらさん、marin☆さん、ぽちさん
アリガトウゴザイマス!!

いつも、読める時と読めない時のサイクルが短いので、
まさかココまで読書熱が続くとは思ってませんでした(笑)
それもこれも、みなさんの紹介本やら、
つたない感想文にかまってもらってたおかげです!

まだまだガンガン読みます!
これからもよろしくっすー
2005年11月22日(火) 9時33分
オメデト( ^_^)∠※PAN!。.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*\(^O^)/
100冊かぁ すごいですネ!!
これからもガンガン紹介してください!
ワタシは読書、お休み中ですぅ・・・
2005年11月21日(月) 18時37分
おめでとうございます〜
電車で泣いてしまうほど、
いい本だったんですね^^
これからも200冊・300冊と読み続けてくださいね〜
2005年11月21日(月) 13時15分
そら
祝100作品!!

2005年11月21日(月) 8時14分
Untitled Document

 じゅん

 42/埼玉
 読書/雪山/ 

 



ブログパーツ
最新コメント
アイコン画像苗坊
» 「かがみの孤城」辻村深月 (2017年09月21日)
アイコン画像じゅん
» 「僕と先生」坂木司 (2017年07月09日)
アイコン画像苗坊
» 「僕と先生」坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像じゅん
» 「魔法使いと副店長」越谷オサム (2017年01月06日)
アイコン画像苗坊
» 「魔法使いと副店長」越谷オサム (2017年01月02日)
アイコン画像じゅん
» 「いまさら翼といわれても」米澤穂信 (2016年12月31日)
アイコン画像苗坊
» 「いまさら翼といわれても」米澤穂信 (2016年12月27日)
アイコン画像じゅん
» 「東京會舘とわたし」辻村深月 (2016年11月23日)
アイコン画像苗坊
» 「東京會舘とわたし」辻村深月 (2016年11月22日)
アイコン画像じゅん
» 800!! (2016年10月17日)
最新トラックバック
アイコン画像僕と先生 坂木司 (2017年04月24日)
アイコン画像記憶屋  (2017年03月26日)
アイコン画像生き抜くか、それとも・・・ (2017年02月23日)
アイコン画像繋がる人々たち! (2017年01月10日)
アイコン画像家族の物語を! (2016年12月10日)
アイコン画像初野晴 『水の時計』 (2016年12月02日)
アイコン画像東京會舘とわたし 辻村深月 (2016年11月22日)
アイコン画像サブマリン 伊坂幸太郎 (2016年06月06日)