りがんりゅう。

September 04 [Sun], 2011, 3:05
とりあえず、まとめていくか。夏休みラスト2日前はサークル有志で三重、赤目滝ツアー敢行。ただ、すんげー大雨になって、散策は諦めて伊賀上野で忍者の勉強。伊賀は中学生以来だなぁ。忍者が覆いかぶさっている奇妙な車通称忍者カーの印象だけが強かった。なんか甲冑をまとえるみたいなので、当然装備弱そう午後から晴れてきてNewメール、本来の目的地である赤目滝へ。最奥地までは片道3時間とゆーことだから、さすがに無理。1目の滝を見て帰る。次回は奥まで行こうと誓う5人。行けるかなぁで、夏休みラストは初サーフィン。浜松中田島タコ場で、フクヨ先生と。なーんか、曇ってて海水冷たいし、パドリング思うように行かないし、気が付いたら流されてるし。とりあえず初日は疲れたの一言。立なんてもっての外。こりゃ先長そうだ10連休後のシゴト初日はマジしんどかった。重い案件を重く疲れた体で対処するのは辛いの一言。ふう。で、昨日今日と懲りずにサーフィン。昨日は、フクヨ先生、コンテナ初号機、弐号機と4人で豊橋伊古部へ。荒れ狂った波が目の前に。これは諦めた方がいいんじゃないか死んでしまいそうだ。だが、無謀な初号機が突撃。3人も続く。まぁ、意外と波に揉まれまくることはなかったけど、疲れてきたあたりで、気が付いたらなーんか流されてる。パドリングしても岸が近付かないこれは離岸流かッ流れから逃げるべく、必死に横へ漕ぐ。脱出できたと思ったら、強烈なNewメール波が背後から揉まれ、這い起きて、また揉まれ、またもや離岸流の中においおい、これマジでやばいんじゃないのかと思いながら、再度トライ。今度は波を利用して、岸へ向かって進む。大きい波が来たこれに揉まれたらもう体力ないかも。と思いながら、必死で板をかんで背中で波を感じる。したら進む進む。一気に岸まで着いてしまった。Newメールこれが波に押してもらう感覚なのか、と感心するより先に、無事砂浜にたどり着いて一安心。怖かったぞその後、足のくところで、スープを使用しての立練習に切り替えた。これでも十分滑る。でも、結局立てない。しかも、初号機と弐号機は微妙に立てている焦る。さて、今日は単体。タコ場行ったけど、強烈な波で誰一人いない。ここで入ったら死亡確定だな、と思いながら去る。せっかくなんで、知多の内海まで行く。台風きてるから外海はどこもきいだろーから、湾内なら丁度いいかも、とゆーことで行ったら、程よい波。今回は、波よりもサーファーとの戦い。波待ちで、他の人とポジション争い。よーやっと3回目のオラは浮いているのがやっと。多分、かなり迷惑をかけた気がする。それでも、波待ち準備パドリング波に押されるまでの感覚が分かってきた。1回、すげー進んだ時があって、一瞬だけ立った気がする。あと2、3回やったら立てそうだ。早く立ちたいぞ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dltsk6lzqh
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dltsk6lzqh/index1_0.rdf