カバが上坂

May 06 [Fri], 2016, 15:39
やっと、マイホームの購入をすることにになりました。でも、その契約のため印鑑登録された実印が必要、ということをまったく知らずにおりました。
親が私の代理で印鑑登録を申請してくれてはいたものの、今度買う家がそれまでと違う市になりますので、引っ越し先の市役所とか出張所にて新しく印鑑登録の手つづきが必要になります。印鑑証明が必要、とわかってからすぐさま登録に出かけるはめになり忙しかったです。

こういう手つづきは余裕を持って行いたいでしょう。

やるべき事が、次から次と出てくるのが引っ越しです。

必要な手つづきもいろいろとありますが、とにかく最初に必要となるのがライフラインの準備でしょう。中でも特に水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから何より大切だと言えます。いつ頃までに、水道を使えるよう準備できているといいかというのは人によりますが、引っ越し日に近いと、あまりに多忙でしょうから避けて念を入れて、引っ越し当日の一週間程前に水道が使える状態になっていたら、それで十分でしょう。地方から就職のために都会にきていよいよ一人で暮らし初めようとした時のことですが、荷物と言えるような荷物もあまりなく、いろいろ検討したけど結局、通常のクロネコ宅急便で引っ越しをしました。

全部でダンボール数個分の荷物があるだけでしたから、引っ越し業者の利用よりも全然安い値段で引っ越せました。

寝具や生活雑貨は住むところで買えばいいと考えていました。だからそんな引っ越しもできたのだと考えています。

あこがれの年金生活ではありますが、今までとは全く違う生活になります。
これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。


いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにか替らず、生活そのものが大聞く変わるとすると、合わない点が徐々に現れるかも知れません。

とり訳、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃を払いつづけられるかが問題になってきます。これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも賢明な選択だと言えます。


職場が変わったのでその近くに住みたい、家族の人数が変わった、などの事情があって今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。

これを機会に、長いこと使っていないものや着なくなった服など思い切って処分して、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。

引っ越しを機会に布団を買い換え立という話はめったになく、引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。毎晩寝て身体になじんでいるので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココナ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dlptigsceeenca/index1_0.rdf