那須と櫻田政人

December 21 [Wed], 2016, 22:18
手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。
結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。
どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは本当のことではありません。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。
MRI検査への影響はありません。
インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ルナ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる