ハーフパイプのエアターンについて ハーフパイプエアターンの高さをだすには...

February 15 [Sat], 2014, 14:57
rariho_taさん

半分パイプのエアターンについて

半分パイプエアターンの高さをだすには?先週から半分パイプにはまったものです。
現今は板が壁の端から板が半分でるぐらいしか飛べず、エアターンに
は及ばナイ程度の実力で、普段は専らフリーランでカービング中にちょっとしたトリックをするぐらいです。
今後どのように高さをかせぐのかしっくりいかない感に思ったので質問させていただきました。
まず今意識していることとして、
壁に対してカービングで直角にはいることと、高血圧 筋肉上体をパイプのRに合わせるための目線の先行の二点を気をつけています。おそらく前者はできてるとおもいますが、後者の精度が今ひとつなため、高さにつながってナイように思います。
またロールインで着地の際の衝撃がおもいの他大きく、減速要素になっているようにおもいますが、うまいロールイン出来る人は着地の際の足裏感覚はどのような感じなのでしょうか?また高さをかせぐために他にも意識するべきことなど感覚的なことでも構わナイので教えて頂けませんでしょうか?ヨロシクお願いします。




ベストアンサーに選ばれた回答





snowing_go_goさん




こんばんは。
先の皆様もこんばんは。

被る内実も多々有ると思いますが…

まずドロップですが、着地で衝撃は絶対NGです。デカイパイプでそれやると減速するし、足腰痛めますよ。ア玄人ーチも落ち着きません。

ドロップしたら、板を先落としし、目線も一瞬下を向きます。これでまずドロップの瞬間、身体をRに合わせます。板はフマウスか、一発目がバック面エアーなら踵側寄り、フロント面なら爪先側寄りでも良いです。ボトムでエッジの切り返しはしません。

Rからフマウスにかけてエッジかけてパンピング。目線は既にリップです。ここで方向付けします。この後はリップまで一直線に行きます。
登りのトランジションからリッピングにかけては、なるべくエッジはかけずにフマウスにします。
でナイとリッピングした時に外に飛び出す事もあります。
ま、若干はエッジ掛かってますけどね(笑)
トランジションに掛かったら板を踏み込みます。高血圧 筋肉でも解放はリッピングまで待ちます。
これでパンピングしながらリッピングまで溜める事が出来ます。
大きなパイプでは、溜めが必須です。
目線は自分が飛び出す辺りに。

リッピングで、溜めた力を解放します。
この時下手に蹴るとボトム落ちしたり、エッジ掛けすぎると外に飛び出します。頭をパイプ内に残すようにしましょう。
力を解放するのは、上に、です。上に伸び上がるようにリッピングします。
着地は基本的にフマウス、で、同じ要領で次の壁に向かいます。

リッピングの時、あまりにフマウスで抜けるとまくられる事もあります。綺麗な固いパイプでやりがちですが…私は一昨年の夏、屋内パイプでこれで腕(骨)をヤリました(涙)

質問内実からして基本的な飛び方からが良いかと思い、書きました。

パイプは楽しいですね(*^o^*)

私も大好きです。

最近本当にパイプやる人が減りました。
是非パイプ頑張ってください(^^)



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1254873282
※この記事の著作権は配信元に帰属します


金円メダル呼んだ技のきっかけは恋、ソチ五輪のこぼれ話
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140215-00000031-jij_afp-spo
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆう7su8
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dkq1x74a/index1_0.rdf