カメラをウォータープルーフケース

February 28 [Sat], 2015, 23:21
工事カメラとして販売されているものの多くは、屋外での過酷な使用を想定し、防水性、防塵性、耐衝撃性、信頼性に優れた設計となっており、建設関係者のみならずスキーなどのアウトドアスポーツ愛好家の間でも利用者が多い。
水中で使用するために作られたカメラ。カメラ自体が本格的な防水機能を持っている。日本光学工業/ニコンのニコノスが代表的で、水深50メートルまで対応する。しかし当該機種は135フィルムを使用するため、最大36枚を撮り切るたびに浮上してフィルムを交換する必要がある。
通常のカメラをウォータープルーフケースと呼ばれる防水ケースに入れたものも便宜上、水中カメラと呼ぶ。ケースの材質は強化プラスチック、厚手のビニールなど。陸上で使用する通常のカメラが使用できるため高性能、高機能のカメラも使用できる。原則としてカメラの機種に合った専用のケースが必要なため、注意深くカメラを選ぶ必要がある。専用ケースであるため主要な操作はケース外部から可能である。デジタルカメラ、35mm一眼レフカメラ、ビデオカメラなどに対応したケースが発売されている。また機種に依存しない汎用のものもあるが、専用のものと比べると使い勝手が良いとは言い難い。
ただし重量的には重く、デザインもごつく男性的なものが多いが、近年では操作性に劣るが小型・軽量設計で携帯性を重視した工事カメラも販売されている。
フィルムを使うカメラのうち、フィルムのフォーマットがフルサイズ (ライカ判:36mm×24mm) の半分(ハーフ判:18mm×24mm)になっているものをいう。ハーフサイズカメラは、35mmフィルムをフルサイズで使用するカメラに対して2倍の枚数が撮影でき、フィルムが高価だった時代に人気を博した。
動物の観察などで使用するため、無人でなおかつ屋外に設置されるよう設計されており、頑丈で耐候性があり防水仕様により全天候で使用できる。付属されているストラップで木や石などに、固定して使用する。
獣道や餌場などに設置して通る動物たちを自動で撮影し、日時・時間帯・温度などの記録が同時に画像データー上に記録されるので、狩猟・生態観察・などに頻繁に使われている。近年では、一部防犯や監視での目的での流用がされている。本来の仕様の目的はあくまで自然の生態の観測である。
初期の製品は、画像の撮影機能はなく、赤外線センサで動物の頭数や通過した時間帯などを記録するような機能のみであった。この機能の範囲では、対象動物の大きさや種類がわからない欠点があった。
近年はより機能や装備が進化して、現在では暗視カメラや動画の撮影や記録できる機能などが充実、SDカードやフラッシュメモリでデーターの保存や管理がPCを通して容易に管理できるようになった。より広範囲の動物を撮影するためにスピーカーで動物の鳴き声を発生させるスピーカー付属のスパイカメラもあり。また、本体に付属されているレーザーなどで撮影する位置を確認する機能のものまで様々である。単4アルカリ電池や単1アルカリなどの電池を使用する製品が比較的多い。太陽光発電パネルを取り付けて半年程度電池交換を不要とするような製品もあり。
主なマーケットは、アメリカやヨーロッパなどである。
欧米では、すでに大学や学者による生体や頭数の把握などの研究目的で使用されている。日本でも一部の大学などで研究用途でも使用されている。
しかし、フィルムのカラー化に伴う現像・プリント価格の上昇(当時のカラープリントは非常に高価だったため2倍撮れることで逆に割高感を招いた)やフルサイズカメラの小型化・廉価化に伴い衰退していった。
撮影機能の特徴としては、工事現場での撮影を考慮し、鉄筋のような長尺の資材や、空間全体を撮影する必要があるため広角レンズ[1]が搭載されている。また、トンネルの坑道内など低照度下で明るい画像を得るために、強力な内蔵フラッシュを搭載したり、デジタル工事カメラでは標準設定で高感度撮影モードにセットされるなど、一般のスナップ撮影を目的としたカメラとは異なる仕様が施されている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モーリー
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像ドコモ携帯
» アンドロゲンの受容体が機能 (2011年09月19日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/dkgbkrj/index1_0.rdf