バレンタインと第54回グラミー賞授賞式

February 15 [Wed], 2012, 16:28
今日はバレンタイン。
たまたま休みのシフトでしたので、午前中は実家に行ってチョコレートを供えて来ました。
ところで、12日日本では13日の朝にロサンゼルスで第54回グラミー賞授賞式がありました。
結果的にはアデルの圧勝でしたね。
でも、彼女の授賞式のパフォーマンスを見楠木友里ていたら、それは納得でしょうか。
1stアルバムで新人賞を獲得してましたが、今年は最優秀レコード、最優秀楽曲最優秀アルバム、最優秀短編ビデオ、最優秀ポップソロパフォーマンス、最優秀ポップアルバムとミネートされていたすべての賞を受賞しました。
アデルの事は、また後日書きたいと思います。
前日のホイットニーの突然の他界により、司会者のLLクールJが彼女の追悼の言葉を述べて、彼女の94年のグラミー賞を受賞した時の映像が流れました。
グラミー賞での楽しみは数多いパフォーマンスですね。
オープニングはブルーススプリングスティーン、それから、ブルーマーズは50年代風のファッションに身を包み、アリシアキーズとボニーレイットはエタジェームスの歌を。
これが渋い。
フーファイターズの紹介の時にはジャックブラックの激しいイントロクションが印象的でした。
リーアナとコールドプレイのコンビネーションは興味深かったですね。
アルバムちょっと聴きたくなりました。
でも、やっぱり圧巻はアデルのパフォーマンスでしたね歌い終えた後の会場の総スタンディングオベーション。
なるほどなぁ。
って思いました。
日本では全くと言うぐらい人気無いのですが、これを機会に日本でもブレイクすれば良いですね。
グレンキャンベルがアルツハイマー症を発症したと言う事で引退するそうですが、そのトリビュートライブも良かったです。
彼自身も元気そうでまだまだいけそうな感じがしたんですけどね。
動画探しましたが、ちょっと見つかりませんでした。
アデルは勿ヌかったのですが、僕としてはジェニファーハドソンが歌うIWillAlwaysLoveYouピアだけで歌うアカペラで。
たぶん間に合わなかったんでしょうね。
でも、その分歌の良さ、そしてジェニファーの歌の上手さが際立って、僕も思わず貰い泣きしてしまいました。
こうして改めて映像を見ると、ホントに亡くなったんだなぁ。
ってのを実感しました賞としては最優秀新人賞にシンガーソングライター系のボンイヴェール。
最優秀ロックパフォーマンスにはフーファイターズ、最優秀カントリーアルバム賞には、レディアンテベラムでした。
世間的にはポールマッカトニーのパフォーマンスに酔いしれた方も多かったかもしれませんが、思い入れの無い僕はふんって感じでしたが。
後、個人的にはイアナロスがプレゼンターとして久しぶりに元気な姿を見せてくれたのは嬉しかったですね。
ゲストもシンディーローパーが熱く語ってくれたり。
赤西仁はどうでも良かったですが笑あ、動画はひょっとしたら関係者によって削除されるかもしれません。
その時はすみません
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dk5mxli2fb
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dk5mxli2fb/index1_0.rdf