どこに頼んだら一番よいのでしょう

December 21 [Thu], 2017, 21:00
引越し業者ってどこに頼んだら一番よいのでしょう?引越し会社といっても色々な引越し会社があると思います。全国に支店や営業所があるような大手の引越し業社だったり中堅の引越し業社もあると思います。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。引越し業社にはそのように多くの業者がありますがどの引越し会社を選ぶのかは、自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。例えば、引越しをするといっても、一人暮らしで、レオパレスなどのような賃貸物件に住むという人もいるのではないかと思います。こういったケースですと、家具の運搬などもないわけですから、軽貨物運送業者の引越しサービスを利用すればいいということになります。他にも、単身赴任の引越しの場合には、引越し業者や運送業者に単身パックのようなものがありますからそのようなものを頼めば、スムーズに単身の引越しをすることが出来ます。そのように引越し業社は自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて考えるのがよいのではないでしょうか。引越し業社を選ぶときには、色々と比較して選ぶといいのではないかと思いますから、料金について比べるとともに、どこまでの作業をやってくれるのかも確認して、最もお得な引越し業者に依頼するのがよいですね。
引越しの時期について紹介したいと思います。毎年、引越しをする人が一番多いのは、3月から4月なのは間違いありません。3月から4月は就職、入学、転勤など季節ですから3月から4月というのは引越しが多いといわれていますから、引越し業者も繁忙期になります。3月から4月は引越しの料金も繁忙期料金で高くなっています。自分で引越しの時期を選べないもとも多いですが、3月から4月はできれば避けたいです。急な転勤で引越しをする場合でも引越しの料金も割高だったりしますよね。3月から4月は引越し業者も仕事量が急に増えるので、仕事量に対して、作業者の数が足りなくなってしまいます。繁忙期の仕事量をこなすために作業者の数を増やす必要があるので、この時期は、アルバイトや人材派遣の人が増えます。残念ながら、、アルバイトや人材派遣のこの時期だけ引越しを手伝っているような作業者は通常の時期の一般的な作業スタッフよりも、あたりまえですが作業の質も落ちますので、色々と問題があるということもあります。そういうことなどあるので、繁忙期はなるべく避けて、やはり通常のプロの引越しスタッフが揃っている通常の時期に引っ越しをするほうがよいので、それは3月4月をさけて引越しをするということになると思います。引越し業者によって作業の丁寧さなども多少差がでますが、3月から4月では、そんな事情も理解せざるを得ないのは、そうなのですが、そうでなければ、アルバイトなどを使わない方針の業者を選ぶことです。
引越業者へのご祝儀についてちょっと書いてみたいと思います。引越しは荷物を運ぶ引越しスタッフにチップやご祝儀を渡すという昔はそういうものだったと思いますが、最近は一般的に引越業者にご祝儀を渡しているのはそういう習慣はないようです。引越し料金以外にチップなどをもらわないと決めている業者もあります。ご祝儀というのは何も現金でなければならないといったわけでもなく、飲み物とかお菓子とかでもよいのです。ご祝儀を出すというのは強制的なものでもなく、ちょっとした心使いですから、渡すかどうかは自分で決めていいことなので、渡しても渡さなくてもどちらでもよいのです。いつご祝儀を業者に渡すのがよいかというのは、そういうことを考えることもあると思いますが、一番初めに引越しに取り掛かる前に渡すのもよいのではないかとは思いますし、それから、お茶やお菓子などであれば、休憩時間にということになります。それから、作業が終わってから渡すという方法もそうしている人も多いと思います。チップにはいくらぐらいなものなのかということについては一人一人に渡す場合は500円から1000円、全体で誰かに代表して渡す場合は、5000円〜10,000円くらいでそのくらいでよいのではないかと思います。コーヒーやジュースなどであればそこまでかからないでしょう。
新潟 岡山 引越し
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dk2tbzkc
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる