ルイヴィトンiphone6sケースいつの間にかiPhone 6sであることの恩恵はそれほど感じなくなってしまう。

November 23 [Mon], 2015, 12:09
よく考えれば、1200万画素の写真を快適に撮影、保存、加工したり、4Kビデオの撮影、再生、拡大したりというだけでも、かなりのプロセッサパワーを使っているはずだが、それがあまりにも軽々と動くことに人間はすぐに慣れてしまう。

 1週間も使っていると「サクサクと動作が軽快で快適」であることをたまに思い出しはするものの、特にそのことについて感謝するでもなく、これまで通り普通に予定を確認したり、Webを見たり、Siriに何か質問をしたり、メールのやりとりをしたりという使い方をするようになる。
ルイヴィトンiphone6sケースいつの間にかiPhone 6sであることの恩恵はそれほど感じなくなってしまう。

 違いとして感じるのは、せいぜい充電中でなくても、iPhoneが「Hey Siri」の呼び声に反応してくれるときくらいだろうか。
2014ニューデザインマフラー

 ただし、ここで久しぶりにiPhone 6を起動してみると、ショックが大きい。「そうか、昔はPeek&Popがなかったから、ちょっと気になるメールがあるといちいち開いて見ていたのか!」であるとか、いちいちカメラを起動してからモードを切り替えるのが面倒くさいとか、これまで感じていなかった不満が芽生え始める。
ディオール携帯ケース

 そのうえ、これまでぜんぜん不満がなかった指紋認証にももたつきを感じれば、その後、ホーム画面にアプリのアイコンが表示されるアニメーションまで遅く感じるようになる。

 一度、新しい体験を知ってしまうと、もはや元には戻れないという感覚は、これまで数台のiPhone、あるいは数台のiPod、あるいは数台のMacを乗り換えてきたことがある人は既に覚えがあるだろう。
グッチ iphoneカバー

 sシリーズのiPhone 6s、6s Plusは、カタチこそ6シリーズと同じでも、もはや後戻りができない大きな進化がタップリ詰まっている。 知らなければ知らないで幸せでいられたものが、一度、触ってしまうともはや後戻りできなくなってしまうのだ。
オークリー サングラス

 だから、まだiPhoneの2年契約が残っている人は、できればiPhone 6sシリーズには触れずに過ごしたほうがよさそうだ。

 なお、iPhone 6sと6s Plusの違いは、基本的な画面サイズに加えて、6s Plusは本体を横向きに構えたときにホーム画面のアイコンが横向きに回転したり、ビデオ撮影時に光学手ブレ補正が利用できるといった点がある。
時計 レディースということで、4Kビデオカメラとして活用したい人にはiPhone 6s Plusのほうが少しおすすめかもしれない。

 これまでのiPhone 6シリーズと見た目はそっくりなiPhone 6sシリーズ。
iPhone6 ルイヴィトンしかし、その中身はこれまでの「sシリーズ」の歴史でも最大級の跳躍を果たしている。iPhone 6sシリーズが採用した3D Touchというまったく新しい操作体系や、4Kビデオ撮影機能、Live Photosといった新表現は、今後、数年のスマートフォンの進化の流れを大きく変えることになるだろう。
iPhone 6ケースそのようなタイミングに合わせたたわけではないだろうが、iPhone 6s/6s Plus発売のタイミングに先立ち、AppleがAndroidからiOSへの移行ツール「Move to iOS」をリリースしている。これはすでにGoogle Playで無料ダウンロードが可能であり、これを今まで使っていたAndroidスマートフォンにインストールすれば準備OK。
6Plusケースシャネル

 新しく購入したiPhoneのセットアップから「Androidからデータを移行」を選び、Androidスマートフォン側でMove to iOSのアプリを実行すれば、アドレス帳やフォトアルバムのデータなど個人情報がコピーされるだけでなく、Androidで使用していたアプリと同じアプリのiOS版も自動ダウンロードされる(有料版アプリはウィッシュリストに追加)。さすがにアプリ内で課金したデータなどは移行できないが、基本的な個人情報やアプリ情報が引き継がれるだけでも移行の負担は大幅に軽減されるだろう。
iphone6ケース

 日本ではスマートフォン市場におけるiPhoneのシェアが高いこともあり、かわいいケースやおしゃれなカバー、気の利いたアクセサリー類はiPhoneにしかないということが往々にしてある。率直にいって、スマートフォンを文化的に楽しみたいのなら、iPhoneの方が周辺環境が整っているのだ。
グッチ iPhone6s plusケースそのような中でAndroidスマートフォンからiPhoneに移行したい人にとって、iPhone 6s/6s Plusと合わせてMove to iOSの存在はとても大きいといえる。

●マイナーチェンジではなく、スマートフォンの再発明

 クルマの世界では、フルモデルチェンジの狭間にあるマイナーチェンジで、エンジンやトランスミッションといったパワートレインやサスペンションの載せ替えをすることがある。
グッチiPhone 6sケースこの手法は特にBMWなど欧州車が好んで用いており、見た目のデザインはさほど変わらずとも「中身は別物に進化する」ことが多々あるのだ。だから古くからのドイツ車乗りの中には、中身が一新されるマイナーチェンジ後の“後期モデル”を選んで買い換える人も少なくない。
iPhone6ケース香水風

 iPhoneに関しても、sシリーズは“中身が大きく変わる後期モデル”という傾向がある。世代番号が変わるフルモデルチェンジでは基幹部分は正常進化かキャリーオーバーとし、sが付くマイナーチェンジ後の後期モデルで基幹部分の刷新を行うのだ。
シャネルマフラー

 この法則に従って見れば、今回のiPhone 6s/6s Plusはまさにシナリオどおりの後期モデルといえる。しかし、唯一にして圧倒的に異なったのは、「中身の刷新がスマートフォンの再発明ともいえるほど大きなものだった」ということだ。
iphone6s plus3D Touchの搭載はUIデザインとユーザー体験を抜本的に変えて、アプリのデザインや使い勝手にまで広く影響を及ぼしていくだろう。これほど大きな変革を、シナリオ通りとはいえマイナーチェンジでさらりと入れてくるあたりに、Appleの底力といまだ衰えぬ革新性を感じる。
シャネルiphone6 ケース

 では、iPhone 6s/6s Plusは買うべきか否か。
ルイヴィトンiphone6s plusケース
 筆者の答えは、間違いなく「買うべき」である。
オークリー アウトレットこれほどワクワクし、未来を感じるスマートフォンは久しぶりだ。順当に買い換えタイミングにあるiPhone 5sまでのユーザーはもちろん、iPhone 6/6 PlusやAndroidスマートフォンのユーザーも買い換えを検討して損はない。
iphone6ケースむろん、まだスマートフォンを持ってないユーザーが初めて手にするのに最適な選択肢であることは言わずもがなである。

 9月25日、まずは店頭で実機にふれて、Appleによるスマートフォンの再発明を実感してもらいたいと思う。
iPhone 6 plusケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drgrs
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/djrtbr/index1_0.rdf