ヘレン・ケラー wikipedia携帯電話買いました
2008.03.10 [Mon] 14:13

ヘレン・ケラー
サリバン先生と一緒に映った120年前に撮影の写真が見つかる.
http://searchranking.yahoo.co.jp/combo/20080307/09
[bookmark]bookmarks for the day
ヘレン・ケラー:8歳のときの家庭教師との写真発見 米国 - 毎日jp(毎日新聞). ヘレン・ケラーとサリバン先生の写真. 中岡望の目からウロコのアメリカ 人間としてのヒラリー・クリントン:彼女の「魅力」と「限界」; Wikipedia創設者のスキャンダル―― ...
http://d.hatena.ne.jp/yuco/20080308/1204914770
[twitter]twitters for the day
今でも私が男だと思っている人はいるんだろうな。寝ます。 03:31 [B!]ヘレン・ケラー:8歳のときの家庭教師との(03:22) http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20080306k0000e030054000c.html ヘレン・ケラーとサリバン先生. 13:03 [B! ...
http://d.hatena.ne.jp/yuco/20080308/1204914641
ヘレン・ケラー
■【奇跡の人】8歳のヘレン・ケラーとサリバン先生との写真発見 ■【北海道】FM電波を違法中継 電気店社長を逮捕 送信出力法定の150倍 中標津町 ■【芸能】ウンナン 1年半ぶりゴールデンの司会レギュラー獲得は朗報だが… ...
http://ameblo.jp/idolnet/entry-10078067539.html
ヘレン・ケラーとサリバン先生の貴重な写真
ヘレン・ケラーと不屈の家庭教師アン・サリバンが一緒に写った写真が見つかったそうだ。 1888年の7月に撮られたものだそうで、この時ヘレンは8歳。 アン・サリバンがヘレンの元に来たのは1887年なのですが、この写真がヘレンが「言葉」の意味を知った後 ...
http://orangekick.blog19.fc2.com/blog-entry-849.html

 

willcom ショップ携帯電話買いました
2008.03.01 [Sat] 09:08

[Willcom]Honey Bee、nine+をがっつり食う
先日発売になったばかりのHoney Beeですが、BCNランキングによると初登場ながらかなりのシェアを獲得したようです。 (いつも情報源としてお世話になっている[http://blog.willcomnews.com/?eid=795219:title=Willcomnewsさん]経由で知りました。 ...
http://d.hatena.ne.jp/wifimaster/20080301/p1
スペシャルオリンピックスへの端末からの募金受付が開始
ウィルコムは、スペシャルオリンピックス日本が取り組んでいる事業や、それを支える事務局の運営経費などにご活用いただくため、皆さまからの寄付金のお申込みを受け付けるサイトを3/1より開設します。 先日のリリースにもありましたが、知的発達障害の方 ...
http://blog.willcomnews.com/?eid=795578
大感謝祭のキャッシュバックで誤適用
ウィルコム、大感謝祭のキャッシュバックを誤適用 同社は12月と1月の2カ月に渡って、連続でキャッシュバックを適用してしまった。対象となるユーザーは、本来2100円のキャッシュバックになるはずだったが、誤適用によって合計で4200円分適用されていた ...
http://blog.willcomnews.com/?eid=795507
位置検索サービス メンテナンス(3月7日)
WILLCOM|ウィルコム位置検索サービス メンテナンスのお知らせ(3月7日) ■ 作業日時 : 2008年03月07日(金) 2:00〜2:30 ■ 作業内容 : ウィルコム位置検索サービスの一部設備更改 ■ 影響範囲 : ご利用になれないサービス ・位置検索機能 ...
http://blog.willcomnews.com/?eid=795387
ClubAIR-EDGEのトップページとMy WILLCOMに対する不満と要望
えーと、ウィルコムの公式サイト、ClubAIR-EDGEですか、あのトップメニュー、どうしてパケット料金が有料なんでしょう。加えて、どうしてMy WILLCOMも有料なんでしょうか。 携帯電話各社とも、公式サイトのトップメニューは、ドコモ、au、ソフトバンク ...
http://www.phs-mobile.com/?p=296

 

阿部寛 画像携帯電話買いました
2008.02.29 [Fri] 11:57

「結婚できない男」きっちりケジメ!阿部寛すでに入籍していた
阿部寛すでに入籍していた 阿部 寛阿部 寛『パズル』 昨年11月に15歳年下の元OLの一般女性(28)との結婚を発表した俳優、阿部寛(43)が先週、入籍していたことが26日、分かった。 関係者によると、2月に入り、親族のみで挙式・披露宴を ...
http://koroyama.blog118.fc2.com/blog-entry-37.html
阿部寛結婚式延期!?予定が立たず
阿部寛 画像 昨年の11月に一般人の女性と結婚することを発表した俳優の 阿部寛(43)ですが、実は現在でも式の予定などは立っておらず geinouranking rakutenjob 舞台俳優 阿部寛の奥さんの画像⇒geinoujinranking 阿部寛の奥さんの画像⇒ ...
http://todaystopics.seesaa.net/article/87148213.html
「結婚できない男」阿部寛すでに入籍していた
昨年11月に15歳年下の元OLの一般女性(28)との結婚を発表した俳優、阿部寛(43)が先週、入籍していたことが26日、分かった。 関係者によると、2月に入り、親族のみで挙式・披露宴を行い、先週、都内の区役所に婚姻届を提出したという。 ...
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/125813/
年収3億円男・阿部寛の愛車は庶民派ファミリア…14年間乗り続け ...
今や芸能界の七不思議の一つに数えられているのが人気俳優・阿部寛(43)の愛車だ。黄色のマツダ・ファミリアになんと14年間も乗り続けている。走行距離は10万キロを超え、査定価格もマイナスになる?そうだ。 ...
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1078340.html
チーム・バチスタの栄光
診療内科医を演じる竹内結子と、キレモノ役人を演じる阿部寛のデコボココンビがいい味出しているんですよ〜。 ちょっと、阿部寛はトリックの上田が入っていますけどね(笑) まだ原作を読んでいない方は、映画を観てから原作を読んだ方がいいかもしれませ ...
http://vitamincinemareview.blog93.fc2.com/blog-entry-95.html

 

『名短篇、ここにあり』読みました
2008.02.28 [Thu] 15:24

帯の言葉に偽りはありません。 「意外な作家の意外な逸品」 まさに、この言葉がぴったりと当てはまるアンソロジーです。 私がアンソロジーを好んで読むのは、そこにこうした作家の意外な一面を見せてくれる作品に出会えるからです。 冒頭から、「となりの宇宙人」(半村良)という「落語」まがいの作品から始まります。 私の好みでは、「冷たい仕事」(黒井千次)「隠し芸の男」(城山三郎)といったサラリーマンの悲哀を感じさせてくれる作品です。 それと、死者の一人称で書かれている「少女架刑」(吉村昭)なども好きです。 その他、「むかしばなし」(小松左京)「あしたの夕刊」(吉行淳之介)「穴−考える人たち」(山口瞳)「網」(多岐川恭)「少年探偵」(戸板康二)「誤訳」(松本清張)「考える人」(井上靖)「鬼」(円地文子)と、どれもキラッと光る秀作揃いです。 巻末の「面白い短篇は数々あれど」と題された北村薫、宮部みゆきの対談も面白いです。
 

『模倣犯〈上〉』読みました
2008.02.28 [Thu] 15:22

上・下巻2段組で1400ページ以上の長さを、一気に読ませてしまう本ではあった。斜め読みで1週間くらいで気楽に読めた。面白いか?と聞かれれば、「面白かった」と答えるだろう。 ただ、予想外の結末ではない。どちらかというと予定調和的な結末。 同じ作家の「火車」や「理由」のような新しい問題意識に裏打ちされた緻密な構成と比べてしまうと、ただ長いだけという印象がぬぐえない。 映画化もされて話題作ではあるのかもしれないが、残念ながら、ほかの人に「これは読んだほうがいいよ!」と薦められるほどの「読むべき」作品とは思えない。 時間に余裕があって、一応話題作は押さえておきたいという人向きだと思います。
 

『日暮らし 上』読みました
2008.02.28 [Thu] 15:19

時代小説「ぼんくら」の続編です。ぐうたら同心平四郎と甥の超絶美少年弓之助が、江戸の町に起こる事件を解決していくという筋立ては前作と同様。 登場人物が皆個性的で楽しい。大人と子供のコンビを描くのはうまい宮部さんですが、私のお気に入りは、弓之助と、何でも覚えて諳んじてしまう特技を持つおでこ(額が人一倍大きいのです)の仲良しコンビ。大人の身勝手から起こる事件の中で、ほのぼのとした良い味出してくれています。 物語は5章に分かれていますが、4章までは「ぼんくら」を読んだことのある方なら、短編としても十分楽しめます。「ぼんくら」の最終章の葵の意味深な登場に考え込んだ方は、この続編の展開に納得でしょうか。葵の息子佐吉が落とした一滴の涙。そのまま下巻へつながるので、2冊一度に買った方が精神衛生上良いようです。焦らされるのが好きな方は上巻を読み終わってから購入してもいいかな。 しんみりしたり、はらはらしたり、色んな味付けを楽しんでいるうちに読み終えてしまいます。宮部さんの時代小説が好きという方は多いですが、現代が舞台では出せないしみじみとした風情が漂っていて、この感じが好きなんだなと実感しました。
 

『心とろかすような―マサの事件簿』読みました
2008.02.28 [Thu] 15:16

短編集としての構成がいい。編集者の功績でしょう。巻末の解説も編集者が書いていて気持ちがよく出ていた。犬のマサの魅力たっぷりの本です。「ハーフェクトブルー」は語りこそ犬だったが、物語の中心人物は色々と移り変わっていた。今回は徹頭徹尾マサに視点を移して語らせている。 ただ推理小説の質としてはイマイチかなと思う。どの短編も途中で犯人が分かってしまうのだ。ただし、動機・手段はわからず、それこそがこの小説の魅力ではあるのだが。あっそうだ!最後の「マサの弁明」だけは結論が見えなかった。たった十数ページの短編にとっておきのあんな仕掛けを使ってしまって、宮部みゆきさん、もったいないとは思わないのかしら。
 

『この子だれの子』読みました
2008.02.28 [Thu] 15:14

短編集というのは、読みやすい反面、記憶に残らず、すぐに忘れてしまうことが往々にしてありました。 しかし、この短編集の物語は、どれも、印象に残る話ばかりでした。 そして、読後の爽快感が素晴らしく良かったです。 日常生活の中で起きる、ちょっとしたミステリーといった感じで書かれた物語は 連続殺人などのテーマと違い、肩がこらずに、読みやすいと思います。 ごくありふれた日常の中の謎を書いているという点で、宮部氏が、尊敬している作家、Aクリスティの『ミスマープル』を連想する方もいらっしゃるかもしれませんね。 さて、個人的に最も印象に残った話は、『サボテンの花』という物語です。さらりと読めた心温まるイイ話で、何年後かにまた読み返してみたいと思いました。 何も、殺人や、誘拐だけがミステリーの題材となるのではないんだということを痛感させられた一冊です。 そういう意味で、ミステリーをたくさん読んでいる人にも、この本をおすすめしたいですね。