シルバーハチェットが森島

February 03 [Wed], 2016, 13:05
最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。
インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。しかし、それは正しくありません。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コハル
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/djaruxenetsbyo/index1_0.rdf