もう一ひねり

May 07 [Sat], 2011, 9:38
長くなるので興味のある方だけ読んで下さい。半分仕事で半分趣味でセンサー系のビジネスモデルを考えています。現在形になるかも知れない話にお付き合い下さい。追加アイデアがある方はコメントとかメッセージ、メールでお知らせ下さいませ。事の発端は、友人大先輩だけどから人の出入りを正確にカウントする仕組みを探しているって話からでした。何に使うのと尋ねてみるとパチンコ屋さんなんだけどね。世の中には悪い奴が居てお客の振りして入店してトイレとかに隠れて夜中誰も居なくなった頃に出てきてパチンコ台の基盤を替えて開店すると客の振りして出て行く。別の人間がそのパチンコ屋に来て玉出し放題みたいな事があるんだよ。って教えてくれました。従業員も含めて出入りの人数が正確にカウント出来れば防止できるから、そんな仕組みが出来たらお金を出しても良いってお客様が居るんだよね。どう出来そうと言われました。探して見るけど、いくらくらいまで出せそうなのと聞くと悪い奴に狙われてそんな有様になって気がかないと経営が出来なくなるから億円単位でも買うんじゃないのとの答え。ちょっとやる気が出ました要求仕様はお客様が入りにくくなるような仕掛けは絶対ダメなのでロールバーみたいなのは厳禁です。もっともロールバー方式でも回りすぎや逆回転で計測誤差が出るのでやくらいの読み取り精度が求められるこの仕組みには向きませんね。だって、人お店に来て人見逃す程度の精度だったら入れる意味がありませんからね。それで追いかけ始めたのがカメラによる画像認識人流計測システム。カメラを天井に取り付けて画像にある人の頭丸いものを数えるのが一番シンプルな方法です。ところが丸い頭をカウントすると影まで数えちゃうので誤差が大きくなります。それで出てきたのが三次元計測方式。台のカメラを使って高低差から床上以上の丸い頭を計測します。犬はカウントしないけど子供はカウントするみたいなそれでもギリギリまで良い環境にしても読み取り精度は誤差率±くらいが限度です。床に黄色いカーペットをひくと読み取り率があがるんですよね。黒との補色対比の関係で。一番新しく見けたのは目の網膜を模倣したカメラシステム。大阪大学の学術研究成果をベンチャー企業が商品化したものです。人間の目ほどの精度はないものの蛙の目程度にはなってるそうです。あんまり意味分からないけど。このカメラを使うとカメラでは追いきれない高速で不規則な動きも補足できるのが特徴です。一番最初に買いに来たのがイスラエルだったみたいですが、軍事に使われるのが容易に想像できたから売らなかったそうです。それでもカメラ視界から出て再度入ってきたりする人間の行動は追いきれないみたいで読み取り精度は。人来たら人くらい見逃す。使えないどうやらこの辺が現在のカメラ画像での人流計測システムの限界ぽいなと感じています。元々は人数カウントじゃなくて導線人の流れの方向を見たり商品の前での滞留を見るのが現在の主な使用方法なので問題は無いのですが、パチンコ屋には使えません。そんな時に当時の同僚と飲みに行って話をしたら出てきたのがお掃除ロボット人数をカウントするのが最終目的じゃなくて夜に不審人物が居るのを見ければ良いんでしょだったらお掃除ロボットに人感センサーフォトセンサーって言いますを付ければ良いじゃないですか。床をごそごそ掃除していて人を見けたら無線で発見発見って仲間を呼んで回りにウジャウジャ集まってきて取り囲む。そこでミサイルポットを開いて発射とか楽しいと思いませんかってな話をしてくれました。実際にミサイル打ったらダメですが、匂い球とかペイント球とかだったら追跡も出来ると思います。お掃除ロボットがウジャウジャ集まってきたら気持ち悪いですよね。防犯効果絶大ですねしかも最近のお掃除ロボットは高低差を見けて避けたりバッテリーが切れそうになると自分で充電場所に移動したりとかなり高性能。防犯だけじゃなくてお掃除もしてくれるなんて素敵ですよね更にパチンコ屋だけじゃなくて宝石店とか美術館とかのセキュリティにも使えそうな仕組みですよね。そこで社内にある特殊機器を作っちゃう部門に相談したら面白いね。試作品だったらすぐ出来そうだよ。しかも殆どアリモの技術ばかりだから安く作れるんじゃないって言われました。知り合いの会社に相談しスタービーチ19たらそんなに量産化しなくても買取保障があるなら万円台くらいで製品化いけるんじゃないと言われました。ご存知ない方のために補足しますとメーカーの生産ラインのロット数は概ね万台万台が最低ロットです。ここで言ってるそんなには桁が一桁落ちるだけです。そんなら台くら作って貰おうなんて考えないで下さいねうちの会社のビジネスを考えるとダスキン方式の機械メンテナンスも発生しそうです。こんちは新しいお掃除ロボットをお届けに参りました。あ結構ゴミ取れましたね。なんてねただ防犯ロボットにするのにお掃除機能を付けとくかはこれからの課題です。こりゃ面白いって事で宿題を貰った友人の所に出かけていってアイデアを話たらあ。あのパチンコ屋ね。潰れたよだって。遅かっただって、パチンコ屋の話を聞いてから年以上経ってるからねぇ苦笑パチンコ屋で億単位の商売が出来なくなって残念がってたら実はパチンコ屋って昼間は金の玉が流れるし夜は金の玉を洗うし静電気の渦の中なんだよね。なんかはシールドしないと使い物にならないし、だって静電気対策しないと誤動作するし無線なんて使えるかどうか怪しいよと新たな情報を貰いました。そんなんだったらウジャウジャ集まれないやんさて、この話には実は続きがあります。ここまでの話は私が情報収集した範囲ですが、これから先は他社のアイデアが入ってきます。リムーバブル、通信、画像認識、センサー技術。こんなキーワードでガラリと変わった展開に今はなってます。でも、それでももう一ひねりが無いとビジネスにはならないんですよね。ここまでの話だと二ひねりくらいが必要です。年アイデアを暖め続けるとちょっとした事に出くわすって話でした。それと年くらい暖めているネタがあとくらいあるんですが、これは全く生煮えなのでまだ面白い展開にはなってないです。あと年くらい待ってて貰えると面白い話が出来るかも知れません。長文失礼しました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dj085pg626
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dj085pg626/index1_0.rdf