弓削とまぁ

October 14 [Fri], 2016, 12:42
転職に強い資格を得ておくと、いざという時にも心配しなくて済みますね。
そのような資格には例えば、TOEICがあります。

TOEICは、自己の英語の能力を証明する資格になります。グローバル化が進んでいる今、一定の基準を満たす英語力を有する人材を希望する企業の数が非常に多くなってきました。どのような業界でも、英語に長けた人材を求めているため、転職するに際してとても有利な資格だといえます。

正社員に受からない理由は、本人の態度にあるのではないでしょうか。


実際、その会社に入って何を達成したいのか、どう貢献できるのかがちゃんと決まっていないため、志望理由が抽象的になり、面接も今一つになるのではないでしょうか。ちゃんと明確に、したい仕事が見つかって、熱意をぶつけたら、学歴も影響するかもしれませんが、正社員として受かる確率は高くなるでしょう。
「35歳転職限界説」は知らない人がいないくらい有名ですよね。この説は35歳以上になると転職することができなくなるというものです。


未だにこんな噂を聞くことが多いですが、実際のところ、この説は本当なのでしょうか?現時点では、35歳転職限界説は今日においては、もはや過去の話となっています。

今では、どの企業も生き残るために一生懸命ですから、年齢で選抜している場合ではないのでしょう。


どのような転職理由が好印象かというと、第一に、どうし本当に転職しようと決めたのかを頭に浮かべてください。
そのままの 形で伝える訳ではないので、素直に文字にしてみましょう。

そして、それをできるだけ良い印象になるように言い回しをかえてみてください。

長い転職理由は言い訳をしてくるように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。
業種にかかわらず、転職時の志望動機で必要なことは、ポジティブで仕事への意欲が伝わるような内容です。



自分を高めることができそうだとか、自身の能力が活用できそうだといったポジティブな志望動機を考えてみてください。

その際、できるだけ、志望する会社の特長と合致するような志望動機を自分の言葉で述べることが重要です。ですから、ホームページ等で十分な下調べを行うといいですね。異業種への転職に成功する人もいるため、方法次第ではできます。



とはいえ、その際には覚悟しなくてはいけません。もしかすると、なかなか職が決まらず、長期間、転職活動することになるかもしれません。二十代は吸収が早いので、未経験者の採用も多いですが、三十代ではどうしても、新しいことを吸収する速度が遅いため、決まりにくくなります。時期的に転職に適するといわれるのは、春や秋に求人を出す会社が増加します。
また、勤続年数が2年以上あれば、それほど長くは働いてくれないと判断されません。

働きたい職種がはっきりしている場合、求人情報はいつも確認する事を心がけて、募集を見つけたらタイミングを逃さず申し込むといいですね。職場によっては欠員がないと募集しないので、いい時機を逃しがちになることもあります。いわゆる飲食業界の人が異業種への転職を成功させるのは非常に骨が折れます。
一般的に労働条件が悪い傾向にある飲食業界では過酷な環境で働き方をせざるを得ないということが多くあり、将来を不安に思って別の仕事を探し始める場合も少なくはないようです。

そのまま、なんらかの障がいを抱えるようなことになったとしたらますます新しい仕事に就くハードルは上がってしまいますから、転職活動を始めるなら早めがいいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤト
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dixvete5dic2eo/index1_0.rdf