目次 

2006年01月18日(水) 9時12分
目 次 ----------------

プロローグ
 ・プロローグ

出 国
 ・大阪〜前夜祭
 ・大阪〜日本脱出

カンボジア
 ・カンボジア〜上陸
 ・遺跡観光1日目〜前編
 ・遺跡観光1日目〜後編
 ・遺跡観光2日目
 ・シェム・リアップの空港にて・・・

ベトナム
 ・ベトナム上陸
 ・ホーチミン市内観光〜前編
 ・ホーチミン市内観光〜後編
 ・ベトナム観光〜メコン川編
 ・ベトナム観光〜最後の晩餐編

エピローグ
 ・帰国

豆知識
 ・カンボジア編
 ・ベトナム編

プロローグ 

2006年01月18日(水) 9時18分
若いうちに経験しとかないとダメよ!

この義母の一言で 強制的に 決まった、私の初めての海外旅行。
当初は「オーストラリアに行ってきたら?^^」なんて勧めてもらったけど、
値段が高く あまり気が進まず、以前から興味のあったベトナムとアンコールワットへ行ってみることにした。

私のパスポートは、大学の卒業旅行のために4年の冬に作った10年パスポート。
しかし色んな事情が重なり、一度も使用されないまま気付けば8年が経っていた。

しかも、苗字が変わり、本籍地も現住所も違ってる・・( ̄ェ ̄;)


ってなわけで、新しく10年パスポートを申請。
旅行プランは、旅行会社に知り合いのいる旦那に完全に任せきり
義姉からの「向こうでケンカしないようにねぇ〜〜ww」なんて声を背に
実感の無いまま東南アジアへと旅立つ私でした・・


さて、『どたばた紀行』の始まりです!!

大阪〜前夜祭 

2006年01月18日(水) 9時39分
2005年12月24日。
午後5時25分松山発の飛行機で、伊丹へ出発。
前日泊プランにすると、国内の往復便が安くなるって言う旅行会社の入れ知恵(?)があったからw

しかし何故、関空直行便を選ばずに伊丹空港行きを選んだのか。
それは・・・アカペラグループで活躍中のHIROHIROのイベントを見るため! ※注1

伊丹から、モノレールで千里中央へ。
駅を降りてすぐのところにある、千里Selcy。
関西(って言うより都会の雰囲気)に疎い旦那と、大きなスーツケースを抱え
彼女からのメールを頼りにイベント広場を目指した。

さすがにXmasイヴともあって、広場にはお〜〜〜〜〜きなXmasツリーがぁっ!!
おお〜さすがは都会だー。綺麗だー♪(←いなかもん)
ツリーの向こうには、Selcyのステージがあった^^

時間まで30分ほどあったので、Selcy内のラーメン屋にて腹ごしらえ。
 (イヴにラーメンって・・・w)

10分前にはステージ前に到着。
スタッフ用のテントの下に、彼女の姿(*`Д『+』)ハッケン!!
おぉ、初めて見る黒塗り+アフロ姿だ(*´艸`)ウププ
彼女からのご好意で、貼るほっかいろを2ついただいた。
本当なら差し入れする立場なのにねσ(´∀`;)
(*´人`*)ありがとう♪

開演直前。ステージの両脇から、大量のしゃぼん玉が出てきたぁ!!!!
雪みたいですっごい綺麗☆

そしていよいよステージが始まった・・・・



数年ぶりに見る、HIROHIROのステージ・・・
HIROHIROは春に交通事故に遭い、足にはまだボルトが入ったままって言うけど、それでもリズムに乗ってステップを踏んでて。
歌も綺麗でかっこよかった・・・ ・:*.゜・(*´エ`*)ウットリ・゜.*:・

ステージ後、少しの時間だったけど話もできたし、久々に会えて嬉しかった(*´ー`)☆
寄り道した甲斐があったってもんよ♪(満足

この後、地下鉄とJRと特急を乗り継いで りんくうタウンまで移動。
(1時間半くらいかかった・・遠いよ orz)


チェックインの後は、寒さと疲れでばたんきゅー☆
さて、明日はいよいよ脱日本だぁーっ!!!


・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・
※注1) 関西を中心に活躍中の、女性アカペラグループ『HAPPY-GO-LUCKY
      グループでは SALLY って名前で活躍中!

大阪〜日本脱出 

2006年01月18日(水) 12時54分
旅行初日の12月25日。この日は7時起き(;ω;)

朝食は、ホテルおきまりのバイキング。
でもさすが関空近くのホテル(ワシントンだったかな?)だけあって、朝食をとるお客さんの口からは聞き取れない言葉ばかりが聞こえて、
ここはもうすでに海外!?(゚Д゚≡゚Д゚)
・・・と思うような雰囲気^^;;

朝食後、8:06発のホテルのシャトルバスに乗り、さっそく関空へ!!!

午前10時半離陸予定なので、8時半には関空のJTBカウンター集合。
南の国に行くってことで、セーターは着れず、シャツに上着を羽織るだけの軽装。
{{{{(* ̄д ̄)}}}}サブッ

私たちはまずこの日にカンボジア入りする予定だったけど、直行便ではなく、ベトナムのホーチミン市を経由する便を使うプラン。
が、電光掲示板には、ベトナム便1時間遅れの文字が・・・
待ち時間増えたぢゃん(TДT)


気を取り直して、搭乗手続きを始めた。
JTB用団体受付カウンターへ行き、手順の案内を聞く。
上着を脱いでトランクに詰め込み、手荷物カウンターに預け、¥を$に両替。
物価も安いみたいだしとりあえず5万円分(20j=10枚 10j=20枚 1j=20枚)
その後空港内のショップをふらつき、パスポートやお金を入れる貴重品用ショルダーと、
空気枕を(σ´Д`)σゲッツ!! (このとき買ったショルダー、かなり役に立ちました。)


それでも時間がありあまり、ゆったりと手荷物検査&ボディチェックを通過。
そこには免税店ショップが連なり、浴衣や忍者スーツなどの日本の土産品も売ってたw
カフェでココアをすすりつつ、(VдV)ボケーっとしながら時間を潰しつつ。


↑ 窓が汚れてて、白い点々が・・・


11時過ぎ、ようやく搭乗(;ω;)←待ち疲れ
青いベトナム航空のジャンボ機に乗り込み、座席に座った。
おぉ、目の前には一つずつモニターがついてる!(ワクワク

が、
あれ??イヤホンは・・・?(゚Д゚≡゚Д゚)
国際線の場合は後で配ってくれるのかも♪

流れるアナウンスも、ベトナム語英語日本語だぁ♪すげーw
予定時刻から1時間遅れの、午前11時30分。
とうとう日本を飛び立った!!!!

カンボジア上陸 

2006年01月18日(水) 13時10分
座席の目の前についてるモニターからは、飛行機からの前方や下の眺め、現在位置や気象情報などのほか、映画などが見れた♪
あ、宇宙戦争だw ミスター・ビーンのアニメもあるー!
Back Street Boysのアルバムも聞けるみたい〜〜♪ヽ(▽⌒ヽ)(ノ⌒▽)ノ

と、喜んでる私の耳に、衝撃的な機内アナウンスが聞こえてきた・・・
・・手違いにより、今回のフライトではお客様にイヤホンをお配りできません・・・


Σ(=Д=ノ)ノ
映画見れても、音が出ないんじゃ意味ないぢゃん・・・・( ´-ω-)σ イジイジ


↑機内食。
パンとごはんが同時に出るって、不思議w
クリスマスだったんで、小さいケーキもついてました♪

ちなみに、ビールを飲んだのは私ではありませんので・・・w  (撮影by旦那)

旦那は調子こいて2本もビールを飲み、すっかり酔って気分が悪そうだった。
上空では気圧の関係で、陸上より酔いが回りやすいってことくらい、海外未経験の私でも知ってたぞ・・・・(VДV;)


午後3時ごろ、乗り換えのためにベトナムのホーチミン市到着。(時差は日本−2時間)
着陸寸前に見たベトナムの町は、家々がカラフルでまるでおもちゃ箱みたいだった^^

・・・もう、日本語は通じません
旅行社からもらってたガイドブックを手に、乗り換えの手続きをした。

遺跡観光1日目〜前編 

2006年01月19日(木) 9時04分
12月26日 観光初日。
7時起床  ・・・のつもりが、夜中に何度も目が覚めた。
蚊がいるのか、あごや胸元が痒くて仕方なかったから。

けど。
明るくなって起きてみて、驚いた。
5_くらいの黒くて小さな虫が、そこかしこに落ちて死んでる・・・
どうやらコイツらがもぞもぞしてたらしい・・・\(>o<)/ギャー!
昨夜テラスへのドアを開けたときに入ってきてたのかもしれない(TДT)

外はなんと、雨・・・
今は乾期のはずなのにっ!! 雨男は誰だっ!!?<自分のせいでは決して無い。
しかもむしむしと暑い。(気温は約28℃前後)・・・・・・・さすがは南国w

気を取り直して、朝食バイキングへ。
チャーハンと麺類と、フルーツが目立つw でも美味しかったし満足満足♪

準備をし、8時過ぎにロビーに降りた。雨はやんでるみたい・・・(´▽`) ホッ


8時半にラックが迎えに現れて、いよいよ出発!!
私たちを乗せた車は「もう一組のお客さん」を迎えに、市内の別のホテルに入った。
ラックがロビーに入り、しばらくすると親子連れと一緒に出てきた。
お母さんの名前は祐子さん。お子さんの名前は諒くん。笑顔の可愛い小学2年生^^
お母さんは30代半ばといったとこだろうか?親子で遺跡見学ってのも、珍しい・・・
話を聞くと、お父さんは仕事で忙しく、5歳の次男もいるけど2人を見るのは無理ってことでおいてきたらしいw

シェム・リアップ注1※の町というのは、本当にバイクが多い。
ラックによると、ヘルメットの着用義務&乗車人数制限は無い
つまり、ノーヘルで乗れるだけ乗ってc(´ω`。)ォヶ、しかも免許も不要。( ̄ェ ̄;)
道にはノーヘルバイクがあふれ、中には4人乗り6人乗りなどのバイクもあったw
車がバイクを抜く時は、クラクションを鳴らしまくる。注意を促して挨拶代わりみたいなもんだろうけど、とにかくうるさい・・
そして中央車線はお構いなしで、対向車がいないときは堂々と真ん中を走るw
(ちなみに、日本とは逆の「左ハンドル右走行」。)

速度が40km/h程度というゆっくり速度だからできる社会なんだろうな・・・

遺跡観光1日目〜後編 

2006年01月19日(木) 12時24分
お昼ごはんはクメール料理。
「アジアのごはんは辛い」ってイメージが吹っ飛んだくらい、淡白で食べやすい味だった。

淡白すぎて物足りないくらいw

ごはんの後、1時間ほどホテルで休憩して、いよいよアンコール・ワットへ!

アンコール・ワットとは、「大きな(アンコール)」「寺院(ワット)」という意味。
外を取り巻くお堀の規模も門の幅もすごくて、とにかく綺麗。
想像してたアンコール・ワットよりも数段綺麗で神秘的だった。


↑ ハスの池を利用してラックが撮ってくれた、ベストショット。
あまりの綺麗さに感動!!! けど・・日付が邪魔・・・(TДT)w



中の回廊には、アンコール・トムでも出てきた「乳海攪拌」という神話のレリーフが彫られていた。わかるかな^^;
レリーフの説明を受けつつ、1周して・・・次は中央祠堂塔へ登ることに。

遺跡観光2日目 

2006年01月19日(木) 16時32分
12月27日 観光二日目。
なんと、4時45分起床・・・(lll´Д`)

というのも、この日はアンコール・ワットで朝日を見るため、5時半ロビー集合になってた。
眠い・・・
しかも、太ももとお尻が筋肉痛・・・(ノω=;)


この旅行の間は、ほんっと早寝早起き生活になっていた。
10時過ぎ就寝、遅くても7時起床。
起きててもすることがないし、TVをつけてもNHKしか無い。
(日本人アナウンサーが英語でしゃべり倒してくれる時もあったし。)
何より、とにかく疲れてる。まさに、「ばたんきゅ〜☆」だったからね(*´ー`)

祐子さんたちを迎えに行き、アンコール・ワットに着いた。
が、まだ真っ暗( ̄ェ ̄;)
懐中電灯がいるならいるって、ちゃんと言ってくれよ!!>JTB

ラックが照らしてくれる足元に注意しつつ、遺跡内へ。



日の出予想時刻は、午前6時20分ごろ
ぼんやりと見える敷地内には、すでにたくさんの人たちが「朝日待ち」をしてた。
時々日本語の会話も聞こえてきたりw
ちょっとした連帯感?w(←勝手な思い込み)


この日も少し雲が広がってて、ラックは綺麗な朝日が見えるか心配してた。
この時期はアンコール・ワットより南の方角に朝日が昇るということで、私たち4人は門の北側の方へ移動した。

待つこと、約30分。

キタ━━ヽ(〃▽〃 )ノ━━!!!


↑お気に入りの写真。
日の出を見た場所から、ハスの池に移動して写しました。

少し雲がかかってたものの、でも神々しい朝日が辺りを照らし始めた。
感動・・・来てよかった・・・・ (゜ーÅ)ホロリ

シェム・リアップの空港にて 

2006年01月20日(金) 14時08分
次の目的地はベトナムホーチミン市

シェム・リアップの空港にて、出国手続きと搭乗手続きをしていた時、諒くんが金属探知機に引っかかってしまった!
どうやら、彼のバッグに入れてた虫除けスプレーが原因。
飛行機への持ち込みは禁止で、没収されるらしい^^;

スーツケースに入れて預けてればOKだったんだけどねぇ・・・
検査官数人が集まってワイワイ相談してる(もちろん英語w)。
するとそのとき、半泣きになってた諒くんに、裕子さんが一言。

あなたが持ってるからいけないのよ〜?

っ!!! ヽ(`Д´)ノウワァァァン

祐子さん・・・それ言っちゃ・・・
諒くん、号泣 (ノω=;)
でもこのおかげで、優しい検査官のお姉さんが
(* ̄ ーb ̄)しーっ
って言いながらスプレーをこっそりとバッグに戻してくれた。

諒くん、ないす☆( ゚Д゚)b w


・・・が、泣き止まずにまだお母さんを叩いてる(。`Д´)ノノ☆ばしばしばし
よっぽど怖かったんだろうねェ。。

そんなこんなで無事(?)に通過。
シェム・リアップの空港は1階建てで、全ての手続きは階段無しで行われる。
楽なんだけど・・・まるでバスの待合所みたいな簡素なところw

待合所の奥にあるカフェに、どうやらインターネット用のパソコンらしきものが見える・・
時間はたっぷりあるし・・ちょっと高いみたいやけど、挑戦してみようかな・・・
んでも、キー叩いても日本語は出てこないんだろうなァ・・・使いこなせない^^;;

なんてネット虫がうずいて悩んでたその時、ふと声をかけられた。

Are you a JAPANESE??

・・・英語っ!? Σ(゜Д゜ノ)ノ

ベトナム上陸 

2006年01月20日(金) 20時46分
シェム・リアップを離陸!今度はプロペラ機・・・orz
(ちなみに今回の機内食は、ハムサンドとフルーツ)

1時間ほどの空の旅の後、出発日(25日)に乗り換えをしたホーチミンのタン・ソン・ニャット空港に再び降り立った。
シェム・リアップの空港に比べるとやっぱり大きくて、入国審査や手荷物検査にも時間がかかったけど・・・
でも無事に通過。
祐子さん親子と(・ω・。)キョロキョロ(。・ω・)しながら外に出ると、ここにも出迎えの現地係員たちがわんさか^^;
そんな私たちに声をかけてきた、いかにも!なベトナム現地係員のキムさんw

おちょぼ口で日本語を発する彼は、少し宇宙人のようだった・・・(失敬

彼はこの日ホテルまで送ってくれるだけで、明日は別の係員が案内してくれるらしい。
そしてここでもワゴン車に乗り込み、ホテルを目指す。
(祐子さんたちと同じホテルらしい^^)

ネオンのきらびやかなホーチミン市内を、ワゴンで進む私たち。
驚いたのが、バイクの数。
シェム・リアップの比じゃない・・・・
道と言う道がバイクに埋め尽くされ、しかもみんながノーヘル
赤信号で停車した時なんて、交差する道路を走って行くバイクが、流れる川のように果てしなく続き、まさに暴走族状態!!
どこかで集会でもあるの?(・∀・;)って思うくらいに本当にものすごい迫力だった。

赤信号関係なしで左折したりね^^;
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/divine_k/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:divine_k
読者になる
Yapme!一覧
読者になる