身を守るが故に 

February 24 [Fri], 2006, 23:16
米国では、まさかと想うほど、
Britneyの赤ちゃん膝乗せ運転の話題が、いまだに尾を引いている。

そこで再び、Britneyはマスコミのインタビューに回答。


出産後は、パパラッチの存在を避けるために、
これまでのように自由に買い物にも行けないと主張。
その執拗な追跡の悲劇の結果が、あのダイアナ妃なのだと、
いかに彼らの行為が危険であるかを説いた。

一般人には体験しえないBritneyの恐怖は、
守るべき者ができた瞬間から、増幅されたと想われる。

「ダイアナ妃のようになりたくない」 

February 23 [Thu], 2006, 17:44
赤ちゃんを車に乗せるときにやってはいけないことの
手本になってしまったブリトニー・スピアーズが、
なんとかイメージを回復させようと雑誌のインタビューに答えた。

それによると、スピアーズは、パパラッチのせいで
子供と一緒に出歩けないことを強調。
「ベビーカーを押して散歩することもできないわ。
子供を車に乗せているときにパパラッチに追われて、
近くにいた警察官に助けを求めたこともあるけど、
何もできないと言われたの」

と言い、
「ダイアナ妃はああいう連中に殺されたのよ。
やりすぎだわ」


と自分の身の危険を強調した。

ステージに戻りたい! (BARKS) 

February 21 [Tue], 2006, 23:05
子育て中のブリトニー・スピアーズだが、再びシーンに復帰する日が近いかもしれない。
少なくとも、彼女自身はロードに出ることを熱望している。

休業中の彼女は、スーパースターが不在の現在のポップ界は「退屈」とし、

「ロードが恋しいわ。いろんな場所を廻ってダンサーたちといっしょに楽しむの。
ステージでの、あの感覚は最高よ。わたしは大好き。
休業しなければならなかったけど、また気力がみなぎってきたわ」


と雑誌『People』最新号に語った。

ブリトニーは'04年に世界ツアーを行なったが、負傷して途中で中断。
その後、結婚、出産を経験し、しばらくステージから離れている。
その間、ベスト盤『グレイテスト・ヒッツ:マイ・プリロガティヴ』を発表、
昨年にはリミックス盤『B・イン・ザ・ミックス〜ベスト・リミックス〜』ほか、
DVD『ブリトニー&ケヴィン:ケオティック』をリリースした。

ベビーカーでストリートを歩くこともできず、パパラッチ対策を警察に相談したが、
とりあってもらえなかったとも話している。

新作でポップ・シーンに喝を入れる (MTV) 

February 20 [Mon], 2006, 22:28
愛息ショーン・プレストン君を膝に乗せて運転する姿をパパラッチに撮られ、
米運輸省長官のお叱りを受けてから1週間。

ブリトニー・スピアーズが、生後4ヶ月の長男を
公の場に連れて行くことへの恐怖を明かした。

現地時間の17日に発売された「ピープル」誌のインタビューで、
ブリトニーは「息子とはほとんど一緒に出掛けないの」と語った。
「ベビーカーを押してお散歩するわけにもいかないから、ある意味悲しいわ。
同情してほしいわけじゃなくて、それが真実なの」


ブリトニーは過激なパパラッチと対応するのを助けてほしいと
警察に頼んだことがあるそうだ。
「車を脇に止めて、警官に『助けていただけませんか?
パパラッチはひどい運転をしているの』
って言ったわ。
そしたら彼らは『ごめんなさい、助けることはできないよ。こういうもんなんだ』ってね。
ダイアナ妃はパパラッチに殺されたのよ。彼らはやり過ぎなの」


また、再びスポットライトを浴びてキャリアを再始動するのが待ちきれないと語った。

「ヘンに聞こえるかもしれないけど、旅が恋しいの」とブリトニー。
「旅に出て、いろんな場所を見たり、ダンサーたちと楽しんだりするのが懐かしいわ。
自分にとって最高の場所であるステージに立つフィーリングが大好きなの。
前はブレイクが必要だった。またハングリーになる必要があったのよ」


ブリトニーは年内にリリース予定の次のアルバムのレコーディング中だ。
「ピープル」誌に対し、現在のポップ・シーンを自身の音楽が
元気付けられるのではないかと語っている。

「ここのところつまらないわよね」と彼女は述べた。
「アッと言うようなものは何もないわ」

☆Fantasy☆やっと日本でも発売にっ!!! 

February 20 [Mon], 2006, 22:21


ブリトニースピアーズプロデュース第2弾の香りは、
甘い誘惑に満ちた魔法の愛の媚薬☆

魅惑的で魅力ある奔放な女性のためのフレグランス!
まるでおとぎの国に迷い込んだよう・・・

物語は、みずみずしいレッドライチ、ゴールデンクインス
などがエキゾチックに魅力的に交じり合いながら始まります。
ミドルでは美味しそうなカップケーキの甘さや
ジャスミンの花びらなど、様々な魅惑的な香りが
散りばめられ魅了します。
最後に、クリーミームスクや官能的なウッドが織り成す魔法で、
予期せぬエンディングが。

ボトル&パッケージもワクワクしちゃうような遊び心溢れるデザインとなってます♪


Fantasy

最近では、雑誌などでも、広告がドドォーンと載っていたりして
やっとなんだなぁ〜っていう感じですねぇ☆

米運輸長官がブリトニーに説教 (MTV) 

February 18 [Sat], 2006, 17:30
先週、愛息を膝の上に乗せて自動車を運転する姿を
パパラッチに撮られたブリトニー・スピアーズが、
米運輸長官のノーマン・ミネタから「無責任」と呼ばれてしまった。

AP通信によれば、長官はフィラデルフィアの子供病院にて、
児童パッセンジャー安全週間の皮切り宣言を行った。
そこで彼は、
「先日公開された、乳児の息子を膝に乗せて運転中の
ブリトニー・スピアーズの写真は問題です。
スピアーズさんは自身の行為が間違いだったと認めましたが、
それでも彼女の行動は何百万人ものファンに
間違ったメッセージを送ってしまうのです」

とコメントした。

長官は、
「あなたが誰であろうが、このような光景に対する言い訳は、
まったくもってありえません―
直感も、恐怖心も、向う見ずなパパラッチでさえ、言い訳にはならないのです」

とピシャリ。
今後は気をつけて〜!

がんばれニュー・オーリンズ!マルディグラを訪問 (MTV) 

February 18 [Sat], 2006, 17:26
ブリトニー・スピアーズは、現地時間の28日にルイジアナ州ニュー・オーリンズで
開催される毎年恒例のカーニバル、マルディグラを訪問する予定だ。

全米の国民的番組「グッド・モーニング・アメリカ」は、当日現地入りし、
ブリトニーの登場を番組で紹介する。

ルイジアナ州出身のブリトニーは、洪水で被害を受けた若者たちを元気付けるために
一役買うことになる。
「この素晴らしい街が毎年恒例の伝統を続けていくことは、とても重要なことです」
とブリトニーは文書を通じてコメント。
「参加することを非常に楽しみにしています」
とのこと。

また、ブリトニーは当日、若い住民のグループのために
「サプライズ」を準備しているのだとか。

赤ちゃんをひざに乗せて運転で抗議殺到 

February 18 [Sat], 2006, 17:22
生後5か月になる息子をひざに乗せて運転している
ブリトニー・スピアーズの写真に
児童福祉当局ほか、多数の抗議が寄せられた。
スピアーズ宅を訪れた警察官は、写真に関連した訪問かどうかについては
ノーコメントとしているが、
「ベビーシートを使っていなかったのが事実だったとしても、
現行犯でなければ警察は何もできない。
写真では、どこの管轄区だったのかもわからない」

とコメントしている。

「パパラッチがすごくて恐ろしくなった。
子供を守るために、その場を急いで離れようとしただけ」

とコメントしていたが、騒ぎが大きくなり「軽率な行動だった」
と反省のコメントをだしている。

一方、パパラッチ側は、かなり離れた場所から撮影していたと言い、
カメラマンのせいと言ったスピアーズのコメントはウソだと証言している。

ブリトニーさん、危険運転は「誤りだった」と反省 

February 18 [Sat], 2006, 17:17
2月9日、息子をひざの上に乗せて車を運転した件は「誤りだった」と述べた。
 
米ポップ歌手のブリトニー・スピアーズさん(24)は、
生後5カ月の息子をひざの上に乗せて車を運転し問題となった件で、
テレビ番組「アクセス・ハリウッド」のインタビューに答え、
自らの行動は「誤りだった」と認めた。

ブリトニーさんは判断を誤ったと述べ、危険運転について
「あれは間違いだった」と述べた。
一方で危険運転の原因については、パパラッチ(有名人を追いかけるカメラマン)
に追いかけられたからだという説明を繰り返した。

しかし、問題となった写真を撮ったカメラマンの所属エージェンシー、
X17はこれに反論。
「この写真は、非常に平和的な状況で撮られた。
カメラマンは全く攻撃的な行動を見せていない」

という文書を発表した。

X17のバイス・プレジデント、ケリー・デービス氏によると、
現場にいたカメラマンはたったの2人。
ボディガードがコーヒーを買いに行っている間に
カメラマンに気づいたブリトニーさんが、4─5台先に駐車していたカメラマンに
自ら声をかけ、写真を撮らないように頼んだ。

このカメラマンはブリトニーさんの頼みに同意したが、
コーヒーショップから同僚カメラマンが戻ったため、
ブリトニーさんを高速道路まで追跡し、問題となった写真を撮ったという。

デービス氏は
「ブリトニーさんが赤ん坊をひざに乗せて
運転するという決断をした地点では、
カメラマンは1人しかいなかったし、写真を撮ってもいなかった」

としている。

ダイエット大作戦!! 

February 18 [Sat], 2006, 17:05
出産後、かなり痩せたように見えたBritney。
実際、坊やを産んだことで、体重やウエストはサイズダウン
でもまだまだ、理想の体型には遠いようで、
最近ではカナダで開発された、6週間で35ポンド痩せるという、
食欲抑制剤に興味をもっているとか、いないとか。

彼女は、周囲が考えている以上に、体重が落ちにくい現実を気にして、
悩んでいるという。
まず、ジャンクフードをやめるという、強い意志を持つ事からかな?
フライドポテトとアイスクリームはNG