熊坂で大嶋

June 09 [Fri], 2017, 14:52
妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題はありません。でも、葉酸には様々に活躍してくれます。例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、出産後も、葉酸の摂取によって身体を健康的に保つことをおススメします。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊婦への積極的な摂取が求められています。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も多いと思います。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸は肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普通の食生活を送っていれば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。
妊婦にとって葉酸は必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、もし葉酸が不足したら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ません。それというのも、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けてください。
不妊に効果のある食べ物というと、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども大事な栄養素が含まれていますから、意識して食べたい食品に入ります。また、栄養バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的です。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けたほうが、妊娠してからも楽になります。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。しかし、実は葉酸は熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りないという事もあるので、注意が必要です。
ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的な研究によって、明らかになっています。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品指定のものがあります。こうした食品は赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もよく耳にします。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が不足してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという話もありますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を作る作用があります。これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすい状態を作り出すことが期待できます。また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、妊娠しやすい体作りができるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍之介
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ditoe6se2msicn/index1_0.rdf