一文字の言葉 

February 22 [Wed], 2006, 19:17
「我慢しないと捨てられる」
何をそこまで追い込んでるんだろう
強がりも我が侭も見てきたけど
そう思われてるのが悲しい

言葉使いが変わった
心の扉を少し開いてくれたみたいで
嬉しかったけど
その中は鍵が何重にも、かかって見えた

君を迷わせたのは僕の言葉
何気なくつかった一文字が
大きく変えた言葉の牙

気が付かなかった君の心 

February 21 [Tue], 2006, 9:58
信じたい
大切にされてると感じたい
愛されてるって分かりたい

君からのこの言葉

不器用だから上手く表現できなくて
君をこんなにも不安にさせてたんだね

僕が君を嫌いになるようにと
君がわざと散らした冷たい言葉達に
僕は君の淋しさに気がついた

君が一番怖がってた言葉が
ココにあったんだなんて
傷めた心に釘刺して
好きだなんて言っても 拭えない

忘れたい過去がある君には
重く伸し掛かって
不安を大きく膨らませてたね

僕は君の事まだ知らないことが多すぎた
もっと知りたいと思った
君への思いが届かなくても
僕はぽっかり空いた君の心の隙間を
埋めて行くよ

愛してるなんて簡単に言えないけど
守って行きたい
君の不安を幸せに変えたいから
言葉じゃなく心で伝えて行くよ

君の笑顔が見たいから
いっぱい我慢させてきた君へ
心から手を繋ごう







歪んだハート 

February 19 [Sun], 2006, 2:26
僕の歪んだハート美しくなるのかな・・・


大人なフリして強がってる
そんなの悲しいよとハートが雫を零す

周りに暖かい手がたくさん咲いているのに
素直になれない 臆病者

自分らしさに迷ってる僕は
今日の曇り空のように
薄暗い色かもね

明日はお日様に会えるといいな

臆病者と恋愛 

February 18 [Sat], 2006, 13:16
傷つけ合うのも人
今まで、どのぐらいの人を傷つけてきたんだろう?
どのくらい傷ついてきたんだろう?

愛し合うのも人
貰った愛は暖かい。心地よくて大きな幸せ。
でも、大きすぎて失くした時の心の傷跡は消えない。

幸せと不安の駆け引き
裏切りに溺れてしまうのが怖くて
好きになるのが怖くて
遠ざけてみても、寂しさには勝てない。

恋愛したいなぁ。。。と思う今日この頃。

前進 

February 17 [Fri], 2006, 13:18
同じ想いをしていたのは
言葉にされて伝わる
ここに抱えていても
触らないでいても
その想いは届かないんだね

すれ違いを繰り返し
抑えた気持ちを出したとき
どんな答えでも
ひとつの気持ちは和らぐんだ

24時間もある一日を
小さな悩みだけで
潰してないかい?
投げてみようよ今日こそは
勇気を少し振り絞って
一歩前へ進もう

過去と未来 

February 16 [Thu], 2006, 13:20
過去は過去。変えられるものではないから
そっと閉まっておこう
小さな抵抗がしたいんだろう?
全て受け止めてみるよ

未練タラタラ引きずっても
変わらない事に気付いたら
新しい自分作れるチャンスかもね

そんなにクヨクヨしてないで
表に出てみればいいんじゃない?
色んな物にぶつかって
そこから生まれる刺激を掴みとろう






さぁボチボチはじめようか 
スイッチON

自分の言葉で 

February 15 [Wed], 2006, 13:25
自分の言葉で。。。
自分の気持ちを
伝えよう。

人の事を言うのじゃなく、
自分の事を伝えて行くのがダイジ。
嫌な事を人の言葉で聞くのは嫌。

好きなものは好きって言えるのに、
キライな物をキライってなかなか言えないけど
伝えて行くよ。

一秒でも多く幸せでありたい。
そして、平等であって欲しい世の中。

傷ついた心を、一人抱え込む世界の子供達に
愚かな大人は 何を思うのだろう。

小さな、小さな手を心を
ひとつ ひとつ感じたい。

素直な気持ちで 

February 14 [Tue], 2006, 13:27
どこにも置いてなかった 自分の心の中
裏切られるコトは慣れてるはずなのに

いつのまにか信じるコトが怖くなって
気が付けばココまで来てたんだね

偶然耳にしたメロディが
アタシをコントロールして
過去も未来も現在(いま)があるからと
歩き出させてくれた

忘れられない あのリズムが
いつでも傍にいて
また恋をしました

恐怖を覚えるより、楽しもうよ もっと
悩んで抱え込んでないで。。。

閉じてたカーテン明ければ
太陽の日が差し込んでくる
暖かい風も 冷たい風も
肌で感じて 素直な気持ちで

過去の雫 

February 13 [Mon], 2006, 13:29
音もなく過ぎて行く涙が溢れてくる
小さな箱に閉まった様々な物語
この愛は永遠だと 信じていたあの頃はまだ
重なった想いが 続いてくと信じていた

すれ違うのが怖くて貴方の言葉に頷くの
手にした幸せに しがみついていたかった

不器用な強さが邪魔をして 導かれる気持ちを
吹き飛ばしてしまうなんて
信じていれば辿り着けると云う想いが
瓦礫に埋められて行くの 目の前で

ダイジビト 

February 12 [Sun], 2006, 13:31
グレイの空が落ち着けるなら
この空であってね
ダイジビト。

同じ空を感じられてるなら
この風届くかな
ダイジビト。

好きなものに癒されて 
沢山の人に愛を注ぐあなたは
loveFighter

色んな愛がある。様々な想いがある。
ステキな声を届けてくれる彼方だけのためだけに。。。


何色もあるこの空の下
世界に広がってるんだね

繋がってる空のように
世界中が繋がって欲しいの

あの歌で平和が愛が溢れるくらい
彼方の声から生まれる愛を
この地球(ほし)で抱きしめて。


P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:distortion_h
読者になる
Yapme!一覧
読者になる