ミズノJPX E600 FORGEDとMP-60アイアンを試打

December 03 [Mon], 2012, 18:33
JPX E600 FORGEDのシャフトはNS PROです。ロフトは31度、長さは36.75インチ、シャフト硬さはSR、バランスはD0、シャフト重量は96.5g、キックポイントは中調子です。ドライバーほどではありませんが、今ではアイアンもいろいろな素材のものが発売されていますが、やはりアイアンは『軟鉄鍛造』に限る。と私は思っています。ゴルフを始めた頃から『軟鉄鍛造アイアン』を使っていたので、やはりこういったアイアンの方が『しっくり』きます。razr x アイアン 『打ちやすさ』を感じさせる感じのフィーリングを与えてくれますが、この『MP−60』が持つ『MPアイアンの伝統』といいますか、『惚れ惚れする美しさ』を持ち合わせています。美しい物を見ていると、心が洗われるような気がするものですが、このアイアンを見ていると、まさにそういった感じがしました。『易しい』『難しい』ということは別として、この『美しさ』を持つクラブに出会えることは、『ゴルフの大きな喜び』だと思います。ゴルフショップ 先週、美術館に行って素晴らしい絵画をたくさん目にしてきたばかりですが、その感動を思い出すような気がしました。

まず感じたのが、やはりその何とも言えない『打感の良さ』です。これまでの『MPアイアン』同様、とても素晴らしい感触を楽しむことができました。『MADE IN JAPAN』のアイアンらしい、『世界最高品質』のアイアンだと思います。『品質の高さ』『確かな技術』『職人の魂』を感じ取ることができるような気がします。打つたび体全体に、この快感が伝わっていきます。上がりすぎず、低すぎず。といいますか、私はこういったアイアンに慣れているせいか、普段通りに打っていける感じです。ミズノjpx800アイアン 『ダウンブロー』で打っていける方には、自然と球が上がってくれるのではないでしょうか?決して『払って打つ』という感覚では、球は上がってくれないと思いますが、アイアンの『基本スイング』である『ダウンブロー』だと、それほど難しくないのではないでしょうか?『基本』さえ、しっかり抑えておけば、それほど難しくは感じないアイアンだと思いました。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/discountgolfc/index1_0.rdf