受精卵移植後の生活タンポポ茶のどこに売ってる

November 29 [Thu], 2012, 2:04
"腫大した卵巣の破裂・捻転や卵巣過剰剌激症候群に対する配慮から、スポーツや性交は避けてください。普段していることを気をつけながらすることは構いません。たばこは普段から避けなければなりませんが、特に排卵誘発剤を使う周期は賎禁です。長湯やサウナ風呂や飲酒も体外受精を受ける周期はやめておいてください。利尿剤も禁忌です。

38度以上の発熱やド腹痛、腹部膨満、尿量減少、嘔旺、下痢、咳、呼吸困難などの症状が強い時は、直ちに主治医に連絡してください。入院治療が必要になる場合もあります。

多くの場合、手術は最後の選択に
もちろん手術が不可欠である場合もありますし、手術の方が効果が期待できるケースもあります。
前者は、極端な高プロラクチン血症をきたす脳の腫傷や、明らかに着床を不可能にしている子宮筋腫の場合です。後者では、多嚢胞性卵巣に対する卵巣の一部を模状に切除する手術があります。この場合は、排卵誘発剤が有効なこともありますが、妊娠率は手術の方がはるかに高いといわれています。卵管が両側とも閉鎖している場合は、手術以外に方法がないのではと考えられがちです。しかし今日では、両側の卵管が閉塞するケースは実際少ないのです。
過去に受けた婦人科手術や、今は少なくなりましたが避妊のための卵管結紫術を受けて、両側の閉塞が起きていることはあります。この場合は、マイクロサージェリー(顕微手術)のような手術が最近進歩しています。" 妊娠しやすい方法なんて無いと思っていました
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dirkeiw3
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dirkeiw3/index1_0.rdf