学友はすべて彼の“ツル”を言います

July 19 [Fri], 2013, 14:53
学友はすべて彼の“ツル”を言います。

ツル者、仙人のは乗って、長い翼の白い身、傲然としている衆生の息があります。

実は、その人のもとは名前を李禾と言って、学友達口の中でよく“ツル”、“ツル”は言わなければならなくて、すぐ言うのが熟していて、この名前と号となると

彼のあか抜けている性格のためで、やはり生まれつき1組の俗世の食べ物を食べない顔つき、誰も考証することができません。

私の2人(つ)は本当によく知ってい始めて、すべきに彼が席を加減して私で座る前に席になった後。

私は覚えていて、あの時はちょうど高校三年でした。

課程宿題の多忙さのため、隣の席の間の交流はそこで非常に貴重なことに見えて、李の穀類の苗このようにに対して:え、え、、

え……のいわゆる“口が麻痺する”、ちょうど私が10点(分)の不満に思うことと感じることを始めます。

“李禾、あなたに問題を聞いて、センザンコウはどうして穴を打ちますか?”

“恩。”

“あなたに吶を聞きます。”

“え、知りません。”

しかしそれから、李の穀類の苗との付き合いは私の1種の奇怪な感じにあげて、私を彼の見方に対して変化に発生させました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jhdgdgg
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dihiuhduh/index1_0.rdf