巨泉の久世

July 13 [Thu], 2017, 19:37
かにを食べたい、でも高くて何度も食べられないと考えたことがあるという方はあちこちで見受けられます。



一つの案をお教えします。
ご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えば安いことは確かです。かにを扱う市場に行ける方に限られますが、安く新鮮なものが手に入ります。


また、市場に出向く時間がない方は、通販ならば流通コストを省いて安くなっています。
丸のままの冷凍かには大きいので、解凍に手をかけられないこともあるでしょうが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら焦らずゆっくり解凍しましょう。

かにを上手に解凍するコツとして第一にやるべきことは部屋の中で解凍するのを避け冷蔵庫で時間をかけて解凍することです。冷蔵庫ならば水っぽくならずに解凍できるので、解凍は冷蔵庫、これがおすすめです。



かには食用だけでも数え切れない種類があり、タラバガニは、どこの国でもよく食べられています。

毛蟹も、どこの国でもよく知られています。触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味がお好きな人にはたまりません。味ならズワイガニが一番、といわれるくらい有名なところです。

もちろん産地によっても味は異なり、皆さん、だからこのかにがいい、と主張しています。


ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。



北海道の東端、花咲あたりで獲れるかにの一種で、分類するとヤドカリが正しいのです。


実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いのでかにの一種と言うことで誰も問題にしていません。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、漁獲量が少なくあまり市場に出回らないので、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。

蟹の旬がいよいよですね。



私が毎年心待ちにしている季節です。
旬の蟹を食べ尽くすため、北海道の蟹の産地を訪れることが、毎年この時期の習慣です。

中でも気に入っているお店は、古くからの知り合いの方が切り盛りしている、道南・函館市の蟹料理専門店です。ここは本当にお勧めです。

蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理に存分に舌鼓を打つことができます。もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。
昨今のかに人気で、通販のかにを食べたことがある人も多いと思いますが、期待はずれだったり価格が適正でないということを言い出すようなことも目立つようになりました。


多少の違いは許容範囲のうちですが、あまり質が落ちると業者への不満も大きくなります。
業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを避けて、安心してかにを楽しむには、口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、お店を選べば、ほとんど失敗はないはずです。
ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。
収拾がつかなくなるかもしれませんが、時間に余裕があれば試してみると面白いと思います。これからの季節が美味しい蟹。
さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。


種類ごとに味や風味は大きく違っており、好みも人によって違うので、通販で蟹を購入しようという人は、種類の違い、それぞれの特徴を押さえておくことが必須かもしれません。

ポピュラーな蟹の種類というと、タラバガニ、ズワイガニなどです。

この二つは私もお勧めです。

鉄則としては、サイズが大きく、そして新鮮な蟹を選ぶ人が多いようです。
直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、何といっても北海道ですね。実は、それには訳があって、今のところ、毛蟹がとれるのは全て北海道なのです。それ以外のかにの産地はどこでしょうか。

日本海沿岸でもよく知られた産地はたくさんあります。
ズワイガニなら、松葉ガニを誰もが思い浮かべるくらい鳥取でたくさんとれますよ。国内で獲れたかにと外国で獲れたかに、どちらがおいしいと思いますか。
どうも種類によって話は異なるようです。
タラバガニの場合、味はどこで獲れたものでも変わらないとなるようです。



その一方で、ズワイガニは国産と外国産の味が明らかに違うというのが常識になっています。水揚げされた地の名を冠したズワイガニがあるくらいです。そのブランドが味を表しているのです。



このかには産地によって味が違うとすれば、国産と外国産の違いはかなりのものといえます。おいしいかにを選びたい方、こんな方法があります。ブランドがにの中から探してみるというのもありですよ。

かに本体、あるいは箱を見てください。

ブランドがになら産地や名称のタグがついているでしょう。ブランド名は、特定の地域で水揚げされたかにであるという保証だと考えてください。それは味や身の詰まり方の証明ともなっているわけで、だから他のかにと一緒にされないためブランドにしていると言えます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハヤト
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる