ゲームでうつ病が改善する!?

July 16 [Sun], 2017, 3:04
うつ病改善の効果が実証されたSPARX(スパークス)というゲームがあります。
うつ病のカウンセリングに行かなくても、同等の効果があるそうです。
実際約40%の方がうつ病の改善に効果があったのだとか。
確かに気分が良くないときは外出も嫌だし、誰とも話したくありません。そういう意味では、便利なゲームですよね。

SPARX は、10代向けに開発された認知行動療法に基づく海外のゲーム。オークランド大学の研究者と臨床医のチームによって開発されました。認知行動療法とは、物の見方や考え方を修正して、行動を変えるという治療法。ちなみに、日本語版は成人向けにカスタマイズされています。

ゲームは全部で7レベルあり、1レベルあたり約30分かかります。感情のコントロール方法やネガティブな認知に気付く方法などのステップを経て、楽しみながらこころの病を改善していきます。
P R
カテゴリアーカイブ