iPS細胞

February 14 [Sat], 2015, 13:18
iPS細胞

様々な体の組織になるiPS細胞についての新しい情報が公開されていますが、今度は、網膜神経節細胞お世界で初めて作り出すことに成功したのだそうです。

人間の目の網膜から脳へ情報伝える諜報伝える網膜神経節細胞が成功したことで、この先緑内障などの新しい治療法が確立できるのではないかと期待されているそうです。

最近では様々な人間の体の組織を作り出すことに成功した例が報告されていますが、神経細胞についてもiPS細胞でつくれるようになれば、これまでできなかったような治療も可能となるはずです。

研究所の方は、将来的には失明した人を治すことも可能になるのではないかと期待されており、これでできるようになれば画期的なことになるはずです。

網膜神経節細胞もそうですが、はいPS細胞を使って体のあらゆる部分の神経組織が治療できるようになるのも将来的にかなり有望といえるのかもしれません。

地球の水分量

January 14 [Wed], 2015, 11:51
地球の水分量

アメリカのNASAが打ち上げを計画している観測衛星のSMAPは、地球の全土壌の水分量を測る事ができるのだそうで、気体されています。

名前からすると日本の有名なアイドルグループと一緒のような気がするのですが、Soil Moisture Active Passiveの略なのだそうです。

SMAPは宇宙から地球の土壌の表層5センチの部分にある水分量を計測できるのだそうで、この情報を利用して干ばつの対策に役立てたいとしているそうです。

事前に干ばつの発生を予想することができれば、農作物の植え付け時期を調整したり、取水計画お変更する等の対策ができることから、今までのような農家の経験に頼らない方法ができるのではないかと考えられているそうです。

今後は地球規模での異常気象等、深刻な干ばつの発生も予想されていますから、地球の水資源の有効的な活用に役立てられるのではないでしょうか。

温室効果ガス

December 12 [Fri], 2014, 13:46
温室効果ガス

日本の温室効果ガス観測衛星いぶきがこちらから世界の二酸化炭素の濃度を観測することができ、分析することで住む地域ごとの温室効果ガスの濃度がわかるのだそうです

いぶきほうは温室効果ガスを観測する衛星としては世界で初めて打ち上げられたもので、約3年半の観測で地域ごとの二酸化炭素の濃度がある程度分かってきたそうです。

そのデータの分析によりますと、人口が多い大都市や火力発電所や油田の開発魔導士ている産業活動が盛んな場所で二酸化炭素の濃度が濃いということです。

まだデータが不足していて、はっきりと分析できない地域もあるようですが、今後も解析データを集めてその精度を高めていくということです。

やはり、火力発電所や油田に関わる場所で、さらに多くの人が住んでいる場所でも二酸化炭素の排出量が多いということで、具体的に地域がわかれば、対策方法も工夫がしやすそうな気がします。

微生物の新種

December 03 [Wed], 2014, 11:44
微生物の新種

通常ではバクテリアが生息できないように殺菌処理が施されクリーンルームで、微生物の新種身が発見されたのだそうで、それもNASAとESAの遠く離れた二つの場所で見つかったのだそうです。

このような微生物が発見されたのは過去に一度、同様にクリーンルームであったのだそうですが、今回のものが細胞壁などの分子構成が全く違う事から新種であると確認されたのだそうです。

このようにクリーンルームで生息するということは非常に稀なことで、普通は温度を高く保ち床等をアルコールで清潔にし、空気を濾過する等の殺菌処理も何度も繰り返されることから、普通のバクテリアは生存することができません。

もしくはかなり丈夫なバクテリアは生き残る可能性があるそうですが、NASAとESAで発見されたこの新種の微生物は、逆にクリーニングルームのような場所でしか生存できないのではと推測されているようです。

様々な環境で生存できるように生物か進化するということは頭の中では想像できますので、普通な微生物が生存できない場所で生き残れるということは、メリットとして進化したのかもしれませんね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:digit1jn
読者になる
2015年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる