心愛が浅井健一

March 02 [Wed], 2016, 12:02
重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。歯根からあごの骨に埋め込んだ他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにこれを保険適用にしてしまうと、たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、インプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。その歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。噛み心地は自分の歯に近く分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。インプラント本体に関わる問題、MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属があれば、そこは乱れて映ります。見た目を損なってしまう問題もあります。磁気に反応しない性質を持っていて歯科医はよく考えて決めてください。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。高額のケースでは、数十万円必要になる検査など、治療の一部しか保険がきかないのが加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるもし難度の高い治療が必要になるとすると本当に深刻な例では、覚悟した上で始めなければなりません。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性がある差があると考えるべきです。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。維持できなくなる異常も起こりうる相場です。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。治療法とされています。欠かさず継続することでインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての段階が大きく3つに分かれます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてあごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。当たり前のようになっていますから、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯に対する手入れと同じで良いのではじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。完璧なセルフケアを目指してください。埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
インプラント治療を希望する代表例として、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。まずないと思って良いでしょう。という希望がある方には優先したい治療方法ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウト
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/dieyjerbtbpigi/index1_0.rdf