コレステロールを下げる食事

September 21 [Fri], 2012, 23:15
善玉と悪玉のあるコレステロール。

コレステロールでも、当然ですが悪玉コレステロールの数値が高い場合
普段の食事を改善する必要があります。


悪玉コレステロールを避けるには、どうすれば良いのか。

まずは、動物性の脂肪を含まない食事メニューにすることです。

お肉を控えることで、血中コレステロール値が減少する方もみえます。

コレステロール値を下げる食品を、上手に使うことで
徐々にコレステロールの値を正常値に近づけましょう。


悪玉コレステロールの値を下げるには
植物性脂肪を摂取することもいいでしょう。

コーン油、ひまわり油、オリーブオイルを
日常的に使って食事をするというのもいい方法と言われます。

しかし気をつけなければいけないのは
油自体、高カロリー食材ですから過剰摂取は禁物です。


運動をして、体内のエネルギーを消費し
体内のコレステロール値を下げるのも良いでしょう。


食事メニューを考え、運動をして健康面にも留意しましょう。


コレステロールは、年齢・ホルモンバランス
そして、遺伝による影響もあります。

ですから、思った以上にコレステロール値が下がらない方もみえます。

もし、コレステロール値が高いとわかれば
食事メニューを見直し、運動をしましょう。

それでも下がらないようならば、
病院で医師のアドヴァイスを受けるのも良いのではないでしょうか。

コレステロールが高い人の食事

September 19 [Wed], 2012, 23:55
毎日の食生活を改善することで、コレステロールを低く抑えることは可能です。


TVなどでも、よく耳にするコレステロール

一口にコレステロールと言っても、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があります。

この2つのコレステロールの値を足した数値が、コレステロール血中濃度になります。



しかし、LDLコレステロールとHDLコレステロールのどちらが多いのかを確認することも必要です。

なぜなら、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが多い方が

食事を見直さなければならないからです。



LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は、脂肪分が多い半面、蛋白質が少ないという特徴があります。

LDLコレステロールが血液中に多くなりすぎれば、高コレステロール血症になります。

そのまま放置していけば動脈硬化や心筋梗塞の原因にもなることがあります。

脂っこい食事を特に好む人は、悪玉コレステロールが高くなりやすい傾向があります。

肉や、揚げ物を中心としている方が、血液中のコレステロール量に注意すべきです。



一方で善玉コレステロールは、血液中の数値が標準より高くても、特に健康には問題ないとされています。

また、善玉コレステロールは動脈硬化の予防効果があるとも言われています。

青魚やオリーブオイルを使った食事メニューは、

善玉コレステロールを効率的に摂取できるとも言われていますので一考して下さい。

コレステロールと食事

September 17 [Mon], 2012, 17:22
コレステロール値を押さえるため、健康な体を作るため
食事を控えている方は多いですよね。

コレステロールが正常値であることは、会社の検査でも重要視されています。

健康な体を作るために押さえるコレステロールとは
一体どんな成分でしょう?

コレステロールとは食べ物に含まれている脂質の一つで
生命の維持にも欠かせない栄養素です。

コレステロールは、体に悪いものと捉えている方も多いでしょう。

確かに、体に良くない悪玉コレステロールという用語も広く知られています。

コレステロールは本来、細胞膜を作る大切な役割があり
体の重要な器官に蓄えられます。

少しずつでも、毎日の食事でコレステロールを吸収することは重要です。

しかし、コレステロールは、糖質の1つなので
取り過ぎは健康を害することもあります。

コレステロールを取りすぎたため高脂血症になることもあります。

コレステロールは脂っこい食事や卵、魚卵といったものを多く摂ると、
摂取量が増える傾向があリますので気をつけましょう。