【 更新情報 】

スープダイエットの効果

スープダイエットは、脂肪の燃焼を促して気軽にスーパーなどで調達できる野菜を材料にしていますので簡単にスタートでき、人気が高いようですね。

ではスープダイエットには、一体どのような効果が期待できるのでしょうか。

野菜スープで体内にある不要物を排出(デトックス効果)し、体の中から綺麗に痩せられる非常に効果的なダイエットです。

便秘に悩んでいる女性も多いですから、ありがたいですね。

また、続けるほど痩せやすい体質に変えてくれますから、続ければそれだけダイエット効果が期待できるのです。
(ただしスープダイエットは1週間というスケジュールがあります。)

スープダイエットは冷え性や肩こり解消など女性に多い悩みからも救う効果が期待でき、また、デトックス効果により便通も改善され、血液もサラサラになっていきます。

普段なかなか摂れない野菜を多く摂取することで、免疫力も向上させてくれるスープダイエットは単にダイエットだけではなく健康維持にも役に立ちます。

ただ、もともとは心臓病患者が病院内で行うダイエットとしてスタートしたのがきっかけです。

スープダイエットには、ルールがありますから、きちんとルールを守って行うことが大事です。

ダイエットスープとは

脂肪燃焼スープとも呼ばれているダイエットスープを利用したダイエットについてご説明しましょう。

まずダイエットスープは、7日間で決められたメニューと、野菜スープを中心に食べるというスープダイエットの方法で使用される野菜スープです。

いろいろなメディアで紹介されて、知っている方も多いのではないでしょうか。

ダイエットスープの特徴と注意点をい挙げてみます。
スープはいつでも好きな量を食べて構わないことです。自由なところがダイエットスープの人気の秘密なのかも知れません。ダイエット中の7日間は、スケジュールにある食べ物を食べるというのが決まりです。飲み物は、水やお茶、ブラックコーヒーといった糖分無しのものに限られていて、ジュースは100%ならば飲むことができます。

7日間のスケジュールの中には、肉を食べなければならない日がありますが、肉は脂身のない豚肉、油で炒めない鶏肉、あるいは煮魚は食べても良いようです。

ダイエットスープでのダイエット中は、体が必要とする栄養素を十分に摂取できない日もあるので、いわば断食ダイエットととらえて決して無理をせず、実践するには体調の良いときを選ぶようにしましょう。

ダイエットスープのレシピを紹介

ダイエットスープによる食事ダイエットを行うために、ダイエットスープのレシピをご紹介しましょう。

◎材料
・キャベツ 1/2個
・玉ねぎ 大3個
・ピーマン 大1個
・セロリ 1/2〜1本
・チキンスープの素 1個
・ホールトマト 1缶
以上をを準備して、野菜はあらかじめ一口大に切っておきましょう。

切り揃えた野菜とチキンスープの素1個、それにホールトマト1缶を大きな鍋に入れて、水をひたひたのところまで加えて10分ほど煮て、野菜をお好みの柔らかさまで煮込みます。

仕上げは塩コショウで味付けし、お好みでチリソースやカレーパウダーを加えれば、ダイエットスープのできあがりです。

ダイエットスープは7日間のスケジュールで食べるものです。
1日目はスープとフルーツ。
食べるフルーツはバナナを除くすべてのフルーツがOKで、水分は水か100%果汁のジュースです。

2日目はスープと野菜。
油を使わなければ野菜の調理法は自由で、豆やスイートコーンを除いて種類も自由です。

3日目はスープとフルーツと野菜。
ダイエットスープとフルーツと野菜は好きなだけ食べてOKです。

4日目はスープとバナナ、スキムミルク。
バナナ3本を食べて、水を多めに飲みますが、500CCの水でスキムミルク適量を溶き、飲むようにします。

5日目はスープと肉、トマト。
肉は豚肉か皮がない鶏肉、もしくは煮魚を350〜700g、トマトなら6個まで食べられます。

6日目はスープと牛肉と野菜。
牛肉と野菜はいくら食べてもOK、1杯はダイエットスープを飲みましょう。

7日目は玄米と野菜とフルーツジュース。
玄米と野菜、100%のフルーツジュースを摂り、1杯はダイエットスープを飲むようにします。

以上がダイエットスープのレシピと7日間のスケジュールになります。
短期間でダイエットに成功したい方は、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ダイエットスープのメリットとデメリットについて

ダイエットスープのメリットとして、簡単でいて、ストレスがたまりにくいということです。そして、現実に痩せることを実感でき、ダイエットの基礎知識が必要なく誰でもすぐに取り組めるという点もダイエットスープのメリットです。

ダイエットスープは、600〜700kcalしかありません。時折食べるフルーツは500kcal位で、野菜類は300kcal位です。ダイエットスープの実施期間の7日間のうち、肉を食べない5日間に野菜スープと果物、野菜を食べたとしても1日のエネルギー総摂取量は1500kcal未満で、大体の人は体重が減少するはずなのです。

ダイエットスープのデメリットは、まずタンパク質の摂取量が少ないという点です。すぐに健康を害することはありませんが、肉を食べる日の量で、足りないタンパク質の不足分を補完するという、かなり偏った栄養摂取方法になります。同様に炭水化物の量も不足していることがデメリットとしてあげられ、スープダイエット中に得られる炭水化物量は、果物を食べる時のみ摂取できる少ない量になってしまっています。

糖質の摂取量が不足すると、血糖値や中性脂肪の血中量を調整しにくくなり、栄養的見地からは、ダイエットスープの7日間スケジュールはあまりすすめられるダイエットではないということができます。デメリットを無視してダイエットスープで痩せることができたとしても、終了後にリバウンドを起こす可能性がないわけではありません。ダイエットスープは、短期ダイエットしたい方には適しているダイエット方法だといえます。