外国人に人気の抹茶、単に美味しいからでなく実はダイエットにもいい

July 10 [Fri], 2015, 8:52
今、欧米では日本の“味”である抹茶がすごく人気になっています。抹茶の飲み物がそのまま人気になっているというよりも、抹茶味のお菓子がすごく人気になっているんですよね。外国のお菓子って本当に甘さしかないものが多いので、抹茶味のものは甘さが控えめでちょうどいいという意見がすごく多いみたいですよ。単純に抹茶味のお菓子が美味しいから人気が集まったと思っていたのですが、実は抹茶がダイエットにもいいということが海外では知られているそうなのです。抹茶のダイエット効果について調べてみました!


(1)カテキン・サポニンでダイエット

抹茶には色々な栄養素が含まれているのですが、その中にカテキンやサポニンと呼ばれる栄養素があります。カテキンはお茶によく含まれる成分なので聞いたことはあるかもしれません。カテキンは体内の酵素の働きを活性化させることから、脂肪の燃焼を促すことで知られています。また、脂肪の吸収を穏やかにするので脂っこい食事との相性もとてもいいのです。サポニンは脂質の酸化を抑えたり、さらに糖質が脂肪に変わるのを防ぐ働きがあることから、糖質制限ダイエット中におすすめできる栄養素なのです。サポニンもカテキンと同様に脂肪の吸収を抑える働きもあるので、どちらも脂っこい食事との相性が抜群にいいです。


(2)カフェインで脂肪を燃焼

抹茶に含まれる栄養素のひとつとしてぜひ覚えておきたいのがカフェインです。カフェインといえばコーヒーに含まれるイメージが強いですが、実際には抹茶にも含まれているんですよ。カフェインは脂肪の燃焼を促すことで知られています。ダイエットの本質というのは体重を減らすことではなく、体脂肪を減らすことなので、カフェインを適度に摂ってあげることで効率よくダイエットできるようになります。カフェインは眠気覚ましにも使えるので、夜寝る前は摂らないほうがいいですね。


(3)食物繊維で整腸作用を加速

抹茶には食物繊維も含まれています。食物繊維は整腸作用を促す働きがありますので、便通を良くするのに役立ってくれます。便秘になると下っ腹がぽっこりと出てしまうような方にとっては食物繊維はしっかりと摂っておきたいところ。現代人は食物繊維の摂取量が減ってきていると言われているので上手に活用したいですね。また、抹茶は実はタンパク質も含まれています。タンパク質は筋肉を作るもとになるもので、代謝のいい体を作り上げるのに欠かせない栄養素です。

キツイ運動はもう不要?日々の生活の中でできるぽっこりお腹対策術

July 06 [Mon], 2015, 8:52
男女でダイエットに対する悩みというのは異なる部分があるのですが、ある一点だけは男女隔てなく悩まされているようです。それが「ぽっこりお腹」。女性は便秘によって、男性は食生活の乱れによって悩まされることが多いようです。ただ、ぽっこりお腹というのは食生活だけではなかなか改善できないものでもあります。では、どうすればいいのかというと運動を取り入れないといけません。運動というと少し億劫になってしまうような方も多いと思います。ですが、手軽に出来る運動であれば、運動が苦手な方でも気軽に始められると思います。おすすめの3つの気軽な運動法をお教えします。


(1)椅子に座った状態で足上げをして腹筋強化

ぽっこりお腹の原因の一つに腹筋力の低下が考えられますので、腹筋を鍛えることがすごく大事になってきます。腹筋運動といえば、仰向けになってひざを90度に曲げて、というイメージがあるかもしれませんが、もっと簡単にできる方法があります。それは椅子に座った状態で足を高低させるだけ。このように上体を動かす腹筋運動ではなく、下半身を動かす腹筋運動をしてあげると腰への負担も減るのである程度歳をとってからでも腹筋が鍛えやすくなります。ケガ予防にもつながるというわけです。


(2)仰向け状態でひじをつくだけで腹筋強化

上体を起こす腹筋は年齢とともにきつくなってきてしまいます。上体を起こす動作が得意ではないという方におすすめしたいのがこの方法。やり方はとても簡単です。ひじを床につけたうつ伏せの状態をキープするだけ。この動きだけでもしっかりと腹筋を鍛えることができるのです。ポイントは、背筋をまっすぐ伸ばすことです。背中が曲がった状態になると効き目も減ってしまいますので、背筋をしっかりと伸ばした状態をキープするようにしましょう。目安としては1セット30〜60秒を3セット程度行なうといいです。


(3)バランスボールに背中を乗せて腹筋強化

上体を起こすタイプの腹筋ではなくても腹筋は鍛えられるのですが、やはり、上体を起こすタイプの腹筋のほうが鍛えやすい傾向にあります。普通の腹筋は余裕でできる、という方はバランスボールを使った応用編を行ってみましょう。やり方はとても簡単で、バランスボールに背中をのせて、ひざを90度に曲げた状態をキープし続けるだけです。バランスボールが勝手に動くことによって腹筋を使うことができるので、簡単に腹筋が鍛えられます。テレビを見ながらもできたりするので、ぜひ取り入れてみてください。

一時期流行ったリンゴダイエットの人気がまた今年再燃している理由とは?

June 25 [Thu], 2015, 8:54
ダイエットってけっこう流行のサイクルが激しいものだと私は思っています。以前、トマトダイエットというものが流行ったのを覚えているでしょうか。大学の研究でトマトがダイエットに効果的だと指摘されてから人気になりましたが、半年ぐらいで全く人気がなくなりました(笑)。30〜40代ぐらいの方にとっては若い頃にリンゴダイエットをするというのが少しブームになりましたよね。実はそのリンゴダイエットが今また見直されてきているのです。その理由をみてみることにしましょう!


(1)食物繊維で満腹感アップ+ぽっこりお腹解消

リンゴには食物繊維が含まれています。食物繊維は腸内で水分と交わることによって膨れる性質を持っていますので、リンゴは少量で満腹感を得られる食材なのです。だから、食べ過ぎを予防できるというわけです。また、食物繊維は便を作ったり、整腸作用を促す働きがありますので、便秘の解消にも役立ちます。便秘になるとお腹がぽっこりでてしまったりすることも多いので、ぽっこりお腹に悩まされている方にもおすすめできるわけですね。食物繊維は現代人が最も不足している栄養素の一つなので積極的に摂ることが大切になってきます。


(2)カリウムの力でむくみを解消

あまり知られていませんが、リンゴにはミネラルも含まれています。そのミネラル成分のひとつとして注目してあげたいのがカリウムです。カリウムの働きについて詳しく知ってる人は少ないのではないでしょうか。カリウムには塩分濃度を調節する働きがあります。塩分が体の中で溜まってくるとむくみが出やすくなってしまうため、カリウムを摂ることによってむくみを解消しやすくなります。朝起きて顔がパンパンに腫れてしまうような方はリンゴを食べてむくみを解消してみてはいかがでしょうか。


(3)リンゴポリフェノールはお肌にもいい

女性に特に注目してもらいたいのがリンゴに含まれるリンゴポリフェノールという成分です。リンゴポリフェノールは抗酸化作用が高く、活性酸素を取り除くことができます。活性酸素はお肌の老化の原因となる物質で、年齢とともに増えてしまうものなので、この活性酸素を取り除くことができることでお肌の老化を遅らせることができるのです。なので、リンゴを食べてあげることが間接的にアンチエイジングにつながるというわけなのです。1日1個で十分だと言われていますので、スムージーの材料などにしてあげるといいと思います。

痩せてる人と太っている人の食生活で決定的に違う点が明らかになりました

June 19 [Fri], 2015, 8:51
自分が太りやすいタイプだと思っている方は、痩せている方を見てどう思っていますか?私も太りやすいタイプなのですが、痩せている人をみると「この人って昔からそういう体質なんだろうなぁ」なんて思っていたりしました。でも、痩せている人でもめちゃくちゃ食べる人って意外といるんですよね。食べているのに太らない、そんなことが可能なのでしょうか?現実的に可能になっているわけですから、そこにはなにかヒミツがあるわけです。では、太っている人と痩せている人の食生活の違いについて見てみたいと思います。


(1)太っている人は脂っこいものを好んでいる

太っている人の食生活を見てみると、やはり、脂っこいものを好んでいる傾向にあります。特に動物性の脂というのは、体脂肪として蓄えられやすいので、毎日のように食べているとどうしても太りやすくなってしまいます。脂っこいものは揚げ物はもちろんですが、炒めものだって油を使うわけですから脂っこい食べ物になってしまいます。お肉を選ぶにしても豚肉ばかり選んでいると脂っこい料理になってしまいます。お肉なら豚肉よりも牛肉、牛肉よりも鶏肉を選ぶようにしたほうがいいです。


(2)太っている人は炭水化物を好んでいる

太っている人にもう一つ共通しているのが、炭水化物を好んでいるということです。実はマツコ・デラックスさんはお肉が食べられないそうです。では、何を食べているのか。それはお米だそうです。先日、おかずというのはご飯を食べるために存在する、ということをテレビで言っていました(笑)。炭水化物というのはエネルギーになる反面、糖質を非常に多く含んでいますので、体脂肪を蓄積させる大きな原因となってしまうのです。炭水化物を摂るならご飯やパンよりも麺類のほうがいいです。うどんが一番おすすめです。


(3)痩せている人はバランスよく食べている

では、痩せている人はどのような食生活を送っているのでしょう。たくさん食べるのに太らないという方に共通しているのが、自然とバランスよく食べているということ。例えば、ビュッフェ形式の夕食を食べるときに野菜を盛るのはもちろん、炭水化物を適量、お肉やお魚からタンパク質、野菜や豆類から食物繊維、といったようにバランスよく盛るようにしていたりします。食べる順番もけっこう大事で、食物繊維→タンパク質→炭水化物という順番で食べてあげると血糖値が上がりにくく、体脂肪蓄積を予防しやすいです。

赤パプリカから作られる調味料マッサのダイエット効果が驚くほどすごい!

June 15 [Mon], 2015, 8:52
ダイエットにはトレンドというものがあります。例えば、バナナダイエットなんて昔流行りましたよね?バナナに含まれるアルギニンという成分が成長ホルモンの分泌を助けてくれることから代謝の向上にいいと言われたり、また、バナナの食物繊維の力でぽっこりお腹を解消できると話題になりました。特にダイエットのトレンドはある特定の食材を使うものがすごく多いです。そして、これから話題になると言われているのが「赤パプリカ」です。赤パプリカから作られるマッサというものに注目が集まっています。


(1)マッサのダイエット効果とは?

そもそも、マッサとは何かという話なのですが、マッサは赤パプリカと塩を使って作られる調味料のことです。初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。私も実は今年になってから知りました(笑)。マッサのすごいところは、塩に漬けてあげることで酵素や乳酸菌の発酵が強くなることです。酵素には消化や分解を促す働き、乳酸菌は腸内で善玉菌を増やす働きがありますので、どちらも便通の改善に役立つ栄養素です。酵素にいたっては代謝を促すのにも効果的だと言われていますので、どちらもダイエットに欠かせない栄養素だと言えます。


(2)マッサを使ったおすすめレシピ

ダイエットには効果的っぽいけど、初めて使うという方が多いかと思いますので、どのように調理したらいいのかわからないと思います。では、マッサはどのように調理に活かしたらいいのでしょう?おすすめしたいのは、トマトジュースにマッサを少しプラスしてあげること。トマトに含まれるリコピンという成分はサラサラ成分で代謝向上に役立つと言われています。納豆にちょい足ししてあげるのもおすすめです。納豆に加えることで納豆菌がさらに増殖するだけでなく、納豆は良質なタンパク質を摂取するのにとても効果的なので、ダイエット中の方には最高のレシピになってくれます。


(3)赤パプリカは美容にもとってもいい

赤パプリカの働きとして知っておきたいのは、ダイエットはもちろん、美容にもすごく役立つということです。赤パプリカに含まれるβ-カロテンには高い抗酸化作用があると言われています。抗酸化作用が高いと活性酸素を除去することができます。活性酸素はお肌の老化の原因となる物質ですから、赤パプリカはアンチエイジングにすごく使えるわけです。β-カロテンは体内でビタミンAに変換されるのですが、ビタミンAは肌荒れ予防にもすごく効果的なので、お肌を支えるのにすごく大きな働きをしてくれるんですね。

痩身エステって本当に痩せるの?答え「プランの選び方が鍵を握ります」

June 09 [Tue], 2015, 8:53
「ラクして痩せたい」という気持ちは誰にでもあるものです。ただ「ラクして痩せる方法などこの世にはない」ということを言ってくる人もいます。果たして、本当にラクして痩せる方法はないのでしょうか。私はあると思っている派です。その代表例として、例えば、痩身エステがあります。痩身エステでは、最新の痩身マシンを使ってお手入れしていきますので、私たちが想像しているよりも最近の痩身マシンは技術力が高くなっています。ポイントになるのは、プランの選び方です。プラン選びを間違ってしまうと、本来得られるはずの効果も得られなくなってくるでしょう。


(1)むくみが気になるならハンドマッサージ系を

むくみが気になるような場合は、ハンドマッサージ系のプランを選んであげると効果的です。むくみというのは、老廃物(=余分な水分)が溜まっている状態を指すのですが、この老廃物を排出させるためには、血行を良くしてあげないといけません。血行を良くするためには体の各部にあるリンパを刺激してあげることが大切になってきます。なので、ハンドマッサージの中でもリンパを刺激するようなものを選んであげるようにすると、むくみも軽減されやすくなります。ただ、ハンドマッサージはエステティシャンによって技術力に差があるので、できれば上手な人を指名したいところです。


(2)脂肪が気になるならEMS系を

痩身エステでは、どちらかといえば体重を減らしたりするよりも体脂肪を減らすようなプランのほうが多いです。なので、脂肪が気になるような方にけっこうおすすめできます。お腹や二の腕、太もも、ふくらはぎなどの脂肪が気になる場合は、EMS系のプランを選んであげるといいです。EMSは微弱な電流を流すことによって筋肉を収縮させ、まるで筋トレをしているような感覚を体感できるプランです。筋肉を増やすことで脂肪が燃焼されやすく、そして、引き締まってくるというものなんですね。


(3)明瞭会計のエステサロンを選びましょう

自分に合ったプランが見つかりました。では、どの痩身エステで本当にいいのかというと、まだそれだけでは見極められません。本当にいいエステサロンの大前提として覚えておきたいのが「明瞭会計」であるということ。というのも、昔は法外な料金を請求するようなエステサロンもけっこう多かったのです。それでも最近は明瞭会計のエステサロンがかなり増えてきていますので、そこまで心配する必要はありません。一応、通う前にしっかりと口コミをチェックされたほうがいいです。