アウェークニングダイエットとは日本人のバックダンサーが考案したエクササイズです。アウェークニングとは普段は動かしていない筋肉・神経・関節を目覚めさせるという意味があります。体の軸で感じて細胞をふるいたたせるというエクササイズです。


アウェークニングダイエットのやり方には3つのステップがあります。

まず第一はビートコアという筋肉の強弱を鍛えるエクササイズです。
普段使わない筋肉を動かし、できるだけ全体の強弱をバランスよく動かし、体温を上昇させます。音楽に合わせてボクササイズや空手などの動きを取り入れたて体を動かします。いくつかの武術を組み合わせた腹筋や床運動を行います。これらは、全身のシェープアップや集中力のアップに効果が期待できます。


次に呼吸を意識してながらヨガやピラティスの動きを独自の方法で体を動かすフローコアです。
全身の柔軟や体の修正など体のバランスをよくするための動きです。
体の平衡感覚や柔軟、脂肪の燃焼や体のゆがみに効果があるそうです。



最後に体を修正する動きをしながら行うトータルバイタルリクラゼーションです。
意識を体の細かい部分に向けて、体をリラックスさせていきます。リラックスさせた後、体を活性化する動きをします。精神沈静化とその後の全身活性化に効果があるそうです。



アウェークニングダイエットをするときには呼吸法が重要になってきます。ビートコアを行うときには、体温の上昇に従って乱れる呼吸を平常に近づけるように努力します。フローコアを行うときには、通常行っている呼吸よりもゆっくりとなるように心がけます。アウェークニングダイエットを行うにはDVDが発売されているので、それを見ながら音楽に合わせて体を動かすとよいですよ。
 
体を動かすならしなやかな筋肉をつくるような運動をしたい、という人も多いと思います。そのような人へお勧めなのが中国伝統武術の八卦気功法です。体のゆがみや偏りを調整して自分の体を養い健康にする方法です。


八卦気功法は武術だけでなく、体を作り、健康に保つ運動です。昔の宮中生活を送っていた中国の皇帝が、ストレスの多い宮中生活の中で、ストレス解消の動きとしても使われていました。中国の健康法というと、気功や太極拳を想像する人も多いとおもいますが、八卦気功法の養生法は、気功の古い形である導引というものを用いています。


導引とは昔は医療行為としての舞でした。体と心を総合的に癒すものでした。体が健康になっても心の健康がきちんとできていないと、本当の健康とはいえません。同時に癒すことができるような八卦気功法は合理的な運動法といえます。


体の動かし方はねじり、上下、左右とあらゆる方向に体を回していきます。この運動をやわらかくゆったりと行うのが、八卦気功法の特徴です。この動きで体の筋肉をしなやかにやしなっていくのです。ゆっくりとした動きですが、やってみるとかなりの運動量であることがわかります。無理をせず、ゆったりとした動きに心も体もゆだねてやってみましょう。
 
らくだダイエットとは、らくしながらダイエットしましょう!というコンセプトで
食べながら痩せるという嬉しいダイエット法です。食べながらのダイエットなので
急激に体重が落ちるといったことはないので体にも優しいです。


方法は、朝と夜はカロリー控えめのダイエット食を食べて、昼はあなたの好きな食べ物を食べる方法です。このダイエット食は、ニッセンより発売されており、従来のダイエット法で長続きしなかった人にはいいかもしれません。


らくだダイエットの経験者によると、2週間程度で体の体形変化がはじまることを実感できたそうです。ですが、らくだ食がおいしくなければ長続きできません。このらくだ食には、栄養管理士、フードコーディネーターなど食のプロフェッショナルが集結し、長い時間をかけてメニューを考えたそうです。


美味しい物を食べて痩せる。これまでは難しいものと考えられていましたが、ニッセンから発売された”らくだダイエット食”では、健康的に無理なくダイエットが期待できるのではないでしょうか。
 
効率的なダイエットは目標や計画を立てることです。目標は2ヶ月で体重の3%前後減らすのが理想的です。この目標をPDCAサイクルに当てはめて予定をたてましょう。PDCAサイクルとはP=計画、D=実行、C=検証、A=改善というものです。


計画は2ヶ月間で体重の3%減らすということは、実際何キロになるかを計算します。一日約250〜300kcalというわずかな目標ですが、無理をせずこつこつとできるように目標を定めることが大事です。検証は毎日体重を測定することです。体脂肪まで測定できる体重計があれば特によいでしょう。自分でチェックするだけでなく、第三者に報告するのもよいでしょう。


改善は検証で測定した結果をもとに、一週間おきにこれまでの方法がよいかどうかを考えてみます。計画で立てた目標のとおりに減少していないようであれば、計画や実行を見直す必要がでてきます。効率的なダイエットは短期間で短い区切りをつけながら目標どおりに進めていくのが特徴で、ダイエットが長続きしなかった、目標を高くしすぎて途中で挫折してしまった、というような人にはお勧めのダイエットです。


また行う食事療法や運動も1日で無理なくできる程度におさえられています。毎日体重を測定するので、効果が目に見えて頑張りやすい方法でもありますね。まずは2ヶ月日間頑張ってみてください。
 
ダイエットをしている人の中には体を細くしたい、きれいに見せたい、ということだけではなく、生活習慣病の予防のためにやせなければ、と思っている人も多いと思います。


生活習慣病は血液検査のときに、尿酸値や血糖値、中性脂肪の値が高くて医師から注意されたりして気がつく人も多いでしょう。また、血液検査では血液のどろどろ具合を教えてくれる場合があります。


血液がどろどろだと、代謝異常の病気を発症しやすい、例えば痛風や高尿酸血症にかかりやすいといわれています。血液がどろどろの人に肥満の人が多いのは、代謝が悪いため、体に脂肪がたまりやすいためといわれています。


健康な人の体は弱アルカリ性といいます。弱アルカリ性の体にするのに簡単な方法が水素水を飲むという方法です。水素水を飲むと、体が弱アルカリ性になり、血液もさらさらになるそうです。尿酸値の結果や中性脂肪の値もよくなるそうです。


こんな血液にとてもよい水素水はどのようにすれば手に入るのでしょう。
作り方はとても簡単です。水素水にしてくれるスティックをペットボトルの水に入れるだけ。
水は水道水でもOKです。


スティックを20分くらい入れておいて、とりだせば水素水ができあがるんです。
スティックも何度も使えるので経済的にうれしいですね。
水素水を飲んで、さらさら血液の体に、そしてすっきりダイエットをしましょう。
 
ダイエットの大敵は間食のおやつ。でも甘い誘惑はなかなか断つことが難しいですよね。
そのような人におすすめなのが、ガムダイエットです。


ガムダイエットは何か口にいれておかないと落ち着かない、口寂しくてイライラする、というような人におすすめです。このガムダイエットで5kgもやせたという人もいます。


ガムをかんでいると、最初はガムの甘い味付けで甘いものを食べているような気分になり、ちょっとした満腹感が得られます。そして口をずっともぐもぐ動かしているだけで、何かを食べている気分になります。そしてずっとかむ行為をすることで、食欲が減退してしまうのです。



ガムは他のおやつと違ってカロリーもかなり低いですし、長い時間かみつづけることができるので、次々と口に運びにくいのです。


ではガムをかむことはどうして食欲の減退まで引き起こすのでしょう。



ガムのわずかな甘みはよくかむことで肝臓に貯蔵されている糖を血中に放出します。すると脳内のセロトニンが分泌され、体中に満腹感を感じることができ、食欲が減退してしまうのです。


ガムダイエットの効果を十分に得るためには間食は厳禁です。というよりも、ガムをかんでると間食をする気分にはならないはずです。


注意点はガムの甘味料に食べすぎるとおなかがゆるくなってしまう成分が使われている物が多いです。自分の体調に合わせて摂取し、ガムをしっかりかんで、ダイエットを成功させましょう。
 
現代人はさまざまなストレスによって、体が凝り固まってしまいます。これは肩こりや体調不良の原因になることもあります。体を無理なく動かすことによって凝り固まった体をほぐしていきます。これによって血流がよくなり、脂肪の燃焼を手助けします。よって簡単な体の動かし方でダイエットにつながります。


ゆる体操は簡単で、道具もなにもいりません。場所もどこででもできるので、手軽に始められる体操だといえます。運動量としては軽い物ではあくびやのび程度、重いものでもウォーキング程度です。運動を苦手にしている人でも体を痛めることなく続けられる体操です。運動を考案した先生によると、武術、ヨガ、呼吸法、気功法、ストレッチ、ウォーキングなどのよいところを集めて考えられた体の動かし方なのだそうです。


ここからが、実際のやり方です。
体の動かし方は100種類ほどあります。今回は代表的な立って行う「立ちゆる」、椅子に座って行う「椅子ゆる」、寝た状態で行う「寝ゆる」を紹介しましょう。



まず立ちゆるです。立って手首をもみほぐし、手をぶらぶらと揺さぶります。気持ちよい状態でやめておくのがコツです。次に椅子ゆるです。椅子に深く腰掛けて、お尻をもぞもぞと動かしながら、椅子の前方までお尻を動かしていきます。前のほうまで来たら、またもぞもぞと動かして椅子の奥のほうにお尻を移動していきます。


次に寝ゆるです。仰向けに寝っころがって、軽くひざをたてます。片足を軽く持ち上げます。痛くないところまであげます。上げた足を下ろしたら、次はもう一方の足を持ち上げ、同様に動かします。辛くなるまでやらないようにします。


このように、日常で気がついたときにちょっとできるような運動です。固まったところをほぐすことで、新陳代謝があがります。ダイエットはしたいけど、なかなか運動をする時間がとれない、きつい運動は嫌だ、と思ってる人には効果的な運動かもしれません。
 
ゾーンセラピーとは、リフレクソロジーを取り入れた足の裏などをマッサージしたあとで、リンパマッサージを行うことで、リンパの流れをよくし、新陳代謝をよくすることで、ダイエットができるというものです。足の裏には体の様々なつぼがあるといわれています。ツボを刺激することで、体のむくみや肩こりなど不快な症状を軽減するのです。


ゾーンセラピーダイエットに使う物は、麺を伸ばすときに使うのし棒を使います。ただし、のし棒を使う場合は力が入りすぎて痛める可能性があるので、薄い綿のものを着用して使用するようにしてください。ゾーンセラピーをするときの注意点は、ゾーンセラピーと一緒に筋肉が付くような激しい運動をするとやせにくいことがいわれています。ヨガやストレッチのような軽い運動でとどめておくことが必要です。また、ゾーンセラピーの後にはたっぷりと水分補給を行うことも大事です。


では、ゾーンセラピーのやり方です。


押す強さは少し痛いと感じるくらいまで力をいれて行います。
ゾーンセラピーは基本的に足の裏や腕を刺激する時は指や手のひらで、おなかやふくらはぎを刺激する時はのし棒を使います。足やおなかなどきになる部分を付け根から体の末梢の方向にむけて、綿棒でさすります。体がぽかぽかとしてくるまでやるのがコツです。


アロマオイルなどを体に塗って行うと、のし棒のすべりもよくなりますし、匂いの癒し効果も同時に得られます。リバウンドしにくいといわれているゾーンセラピーダイエット、気になる部分から徐々に範囲を広げていって、すっきりとした体を手に入れましょう。
 
トレーシーマレットはフィットネスインストラクターとして有名ですが、彼女は2人の子供を出産しているにもかかわらず、きれいなプロポーションをしています。


数年前に流行したビリーズブートキャンプはきつすぎて続かなかった、という人もトレーシーマレットスーパーボディブートキャンプなら続けられるという人が多いです。女性向けブートキャンプといったところでしょうか。キックボクシング、テコンドー、ピラティス、ヨガを取り入れた動きで女性のしなやかな体作りを手助けしてくれます。


ダイエットはただやせるだけではなく、きれいに、程よく引き締まった体が理想ですよね。きれいにやせるには適切なカロリーの摂取と運動によるカロリーの消費が必要です。なかなかやせないという人は、日常生活で消費するカロリーだけでは足りないということになります。しかしハードな運動は体中が痛かったり、長続きしなかったり、あまり効果的とはいえません。


トレーシーマレットスーパーボディブートキャンプは簡単な動きから始まって、1クールが10分程度で区切られているというのも続けやすい理由です。程よい筋肉がつき、しなやかな体になるのです。ビリーズブートキャンプと同じように、トレーシーマレットスーパーボディブートキャンプはDVDで販売されています。


軽快なリズムを聞きながらトレーシーマレットの動きを真似するだけ。慣れてきたら付属でついてくるトレーシーバンドを使えば、さらに効果アップ!継続は力なり。楽しく運動してしなやかな体を手に入れましょう。
 
運動をするためには時間と場所が必要と思っている人が多いのではないでしょうか。脂肪を燃焼する運動は20分以上の有酸素運動が必要、といわれてきたので、時間がなかなかとれず挫折、という人も多いと思います。ちょっとした時間に、しかもダイエットのためにという運動時間をとらずにいい運動があれば継続もしやすそうですね。それが通勤ダイエットです。


通勤の間にちょっと体を動かすことで、ダイエット効果が得られるのがうれしいですね。ではどうしてちょっとした時間にちょっとした運動で脂肪燃焼につながるのでしょう。


短い運動では筋肉はグリコーゲン、血液中のグルコース、遊離脂肪酸を使って動きます。貯蔵脂肪を使うことがないので、効果がないといわれてきたのです。しかし、ちょっとした運動であれば、仕事にもすぐとりかかることができるため、その後の動作で貯蔵脂肪が使われるというメカニズムなのです。通勤時間が長ければもちろんちょっとした運動でも貯蔵脂肪が使われるということになります。


では通勤中、どのような運動ができるでしょうか。
まずは大また速歩きです。腕は腰の位置に置き、胸を張った姿勢を保ちます。歩く歩幅は普段の歩幅に8センチプラスするくらいで歩きます。膝を伸ばした状態でかかとから着地し、肩は楽にして、腕は直角に、前後に振るようにします。次は階段かけのぼりです。やや前のめりの姿勢で階段を一段跳びしながら階段を一気にかけのぼります。つま先だけであがっていくと、さらに効果があります。


次につり革運動です。姿勢をただし、つり革を方のラインに来るようにもって立ちます。力を入れてつり革を引き下げます。そのときにつま先立ちをし、かかとの上げ下げ運動を行うと、二の腕とふくらはぎの両方に効果があります。通勤の時間を有効利用して、ダイエットに結び付けましょう。