新型インフルエンザ対策!【米国N95規格相当】3層サージカルマスク【50枚入】【へるぴぃ〜healthy&peace〜】新型インフルエンザ対策!【米国N95規格相当】3層サージカルマスク【50枚入】
3,980円

国内感染者続出!お早めにお求めください!
Ads by 電脳卸

ベネチアで伝統のレガッタ、運河を彩る華麗なボート

September 08 [Tue], 2009, 7:56

【9月7日 AFP】イタリア・ベネチア(Venice)のカナル・グランデ(Grand Canal、大運河)で6日、伝統のレガッタが開催され、伝統衣装を身に着けた人びとを乗せたボートが、華やかに川面を彩った。(c)AFP

チリの浜辺に「ザ・シンプソンズ」砂の彫刻

July 07 [Tue], 2009, 12:25

【7月6日 AFP】チリ・ビーニャデルマル(Vina del Mar)の浜辺に、米人気アニメ「ザ・シンプソンズ(The Simpsons)」のキャラクター、ホーマー(Homer)の砂の彫刻がお目見えした。(c)AFP

エイズチャリティー「ライフ・ボール」、華やかに開催

May 19 [Tue], 2009, 15:04

欧州最大規模のエイズ・チャリティーイベント「ライフ・ボール(Life Ball)」が16日、オーストリア・ウィーン(Vienna)で開催された。毎年開催されるこのイベント主催者は、100万ユーロ(約1億3000万円)の寄付金を集めることを目指している。写真は、イベントの一環として行われたマスクコンテストの参加者(2009年5月16日撮影)。(c)AFP/JOE KLAMAR

米マイクロソフト、5日からウインドウズ7のRC版を一般公開

May 08 [Fri], 2009, 10:26

【5月4日 AFP】米ソフトウエア最大手マイクロソフト(Microsoft)は5日、パソコン用次世代基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7(セブン、Windows7)」の「リリース候補(RC)版」を一般公開する。

 ウインドウズ7はタッチパネル操作との互換性や、前世代のOSであるウインドウズXP向けソフトウエアへの対応などが特徴だという。1世代前の「ビスタ(Vista)」が複雑すぎ、古いソフトとの互換性がないという批判を受け改善した。

 マイクロソフトのビル・ベクティ(Bill Veghte)ウインドウズ・ビジネス部門担当上級副社長は、「(ビジネス)パートナーやユーザーからの意見を聞くことは、ウインドウズ7の開発においてずっと不可欠だった。われわれはそうした意見を真摯(しんし)に受け止め、ウインドウズ史上最高のRC版発表のためにこれまで取り組んできた」と語った。

 ウインドウズ7のRC版は、microsoft.com/downloadsでダウンロードが可能になる。(c)AFP

米ホワイトハウス、「Web2.0」に進出 SNSやマイクロブログを活用へ

May 03 [Sun], 2009, 8:31

【5月2日 AFP】米ホワイトハウスは1日、米ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手のマイスペース(MySpace)とフェースブック(Facebook)にページを新設、また、米マイクロブログサービス「ツイッター(Twitter)」に最初の「つぶやき」を投降したと発表し、「Web 2.0」の世界に本格的に進出したと述べた。

 バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領のウェブサイト「WhiteHouse.gov」のコンテンツは、リアルタイムにマイスペースとフェースブックに配信され、フェースブックの「ファン」になるか、マイスペースで「フレンド」になることで閲覧ができる。

 ホワイトハウスのページは、設置開始から数時間で、フェースブックで6万人のファンが登録し、マイスペースでは8000人のフレンドが登録した。また、ツイッターのフォロワー数は1万4500人に上った。

 ホワイトハウスは、公式ブログに掲載した「ホワイトハウス2.0」と題した記事で、「WhiteHouse.govは、国民に素早く効果的に情報を届けるために政府がインターネットで行っている取り組みの重要な要素だが、そこだけが唯一の場所ではない」と述べ、新たに開設したページへのリンクを掲載した。

「ファンやフレンド、フォロワーからの反応が返ってくるのを楽しみにしている」とホワイトハウスが述べたことを受けて、マイスペースとフェースブックのホワイトハウス公式ページは数百件の返信コメントでいっぱいになった。その多くはお祝いの言葉だった。

 マイスペースは声明で、ホワイトハウス公式ページが、「(利用者に)日常的にオバマ政権と直接つながりがもてるようになり、米政府の優先事項や活動について学び、最新情報を得ることができる」と説明した。さらに、「コメントを残したり、フォーラムで議論に参加することで、ホワイトハウスに直接、自分の意見や心配事を表明する機会を持つことができる」と述べた。

 ホワイトハウスが新たに開設したページは、「Facebook.com/WhiteHouse」、「MySpace.com/WhiteHouse」「Twitter.com/WhiteHouse」で見ることができる。(c)AFP/Chris Lefkow

ハッブル宇宙望遠鏡、運用19周年 「宇宙の噴水」写真を公開

April 26 [Sun], 2009, 7:51

【4月23日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は22日、米航空宇宙局と欧州宇宙機関(ESA)ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)の運用19周年を記念して、奇妙な形をした銀河の集団「Arp 194」の写真を公開した。Arp 194は、複数の銀河で構成され、星、ガス、塵による「宇宙の噴水」は、長さが10万光年以上にもおよぶ。ハッブル宇宙望遠鏡はこれまでに88万回以上の観測を行い、2万9000個の天体について57万枚以上の写真を撮影した。(c)AFP

ツイッター、世界各地で人気急上昇 米調査会社

April 26 [Sun], 2009, 7:50

【4月25日 AFP】インターネットのトラフィック計測を手がける調査会社ヒットワイズ(Hitwise)は24日、マイクロブログサイト、ツイッター(Twitter)の人気が、今年に入って世界的に急上昇しているとの報告書を発表した。特に今月中旬にアシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)とオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)が登場したことが、人気を押し上げたという。

 米トーク番組の人気司会者、オプラ・ウィンフリーは17日、「ツイッターデビュー」を果たし、わずか24時間で12万5000人が彼女をフォローした。現在は56万人以上がフォローしている。

 人気テレビ番組『That '70s Show』の出演者で、女優デミ・ムーア(Demi Moore)の夫でもあるアシュトン・クッチャーは17日、米ニュースチャンネルCNNをおさえ、初めて100万人にフォローされるツイッターのユーザーになるという栄誉に浴した。

 ヒットワイズのリサーチ・ディレクター、アラン・ロング(Alan Long)氏によれば、オーストラリアでのツイッターユーザー数は、今年初めと比べ1067%増という記録的な伸びを見せた。

 ニュージーランドでも今年に入ってこれまでにツイッターの利用者は3倍に増え、シンガポールでは人気ウェブサイトランキングの順位を239位上げてトップ50にランクインした。

 米国と英国でも、今週初めのツイッターのページビューのシェアは今年初めに比べ、それぞれ570%と621%の伸びを示したという。ロング氏は、「ツイッターは米国、英国と同様の成長パターンをそれ以外の国でも示している。まさに世界的な現象だ」としている。

 ツイッターを利用している著名人には、英国の俳優で脚本家のスティーヴン・フライ(Stephen Fry)、NBAのスター選手、シャキール・オニール(Shaquille O’Neal)、オーストラリアの俳優ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)、ツール・ド・フランス(Tour de France)で7度の優勝経験があるランス・アームストロング(Lance Armstrong)らがいる。(c)AFP

ネットユーザー、高齢者層で急増 WWW国際会議報告

April 22 [Wed], 2009, 7:41

【4月21日 AFP】インターネットの初期の成長を支えたのは主に若年層だったが、最近先進国では70歳以上の高齢者による利用が急増している。スペインの首都マドリード(Madrid)で開催中の第18回ワールド・ワイド・ウェブ国際会議(World Wide Web Conference)で20日、専門家らが報告した。

 スコットランド・ダンディー大学(University of Dundee)コンピューター学科のビッキー・ハンソン(Vicki Hanson)教授は、インターネット利用者の年齢層で最も勢いよく増えているのが高齢者層だと発表した。

 同教授が示した米生活調査報告「ピュー・インターネット・アンド・アメリカン・ライフ・プロジェクト(Pew Internet and American Life Project)」のデータによると、米国では70〜75歳の人のうち、2005年の時点でインターネットを利用していたのは26%(約4人に1人)だったが、08年には45%にまで増えた。また、76歳以上の人の割合は、同調査期間に17%から27%へと増えた。

 Web関連技術の標準化を進める団体W3C(World Wide Web Consortium)で、高齢者や障害を持つ人たちのためにインターネットの利便性向上に取り組むアンドリュー・アーチ(Andrew Arch)氏は、英国でも同様に高齢インターネットユーザーの増加がみられていると報告した。「基本的に高齢ユーザーの利用方法もほかの年齢層と一緒。最初はコミュニケーションに使うところから入り、すぐに情報検索やオンライン・バンキング、ショッピングといったほかの利用方法に移っていく」

 先のピューの調査によると、64歳以上のインターネット・ユーザーが最もよく使う利用方法はEメールの送受信。一方、若年層に比べ高齢者ユーザーのほうが、オンライン・バンキングとショッピングを利用する人は少なく、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用はさらにかなり少なかった。(c)AFP/Daniel Silva

英情報機関にもうすぐ本物の「Q」誕生?MI5が科学技術顧問を募集

April 20 [Mon], 2009, 6:14

【4月18日 AFP】映画「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンド(James Bond)の活躍には、科学者「Q」の発明する最新秘密兵器が欠かせないが、このほど本物の英国の情報機関が、国家の安全を守る任務達成にハイテク技術で協力する科学技術顧問の募集に踏み切った。

 国内治安維持を担う英情報局保安部(Security Service)、通称MI5はウェブサイトに掲載した募集広告で、MI5が「優れた科学・技術アドバイスによって支えられ続けるため、部内で科学技術開発をまとめ主導する」科学顧問を募集する、と説明。

 応募の必須条件として、「世界的に通用する科学分野での専門知識・技術、および関連する科学・技術分野での評価」を求めている。

 募集の締め切りは24日。

 この募集について、英政府の科学顧問主任をつとめるジョン・ベディングトン(John Beddington)教授は英BBCの取材に対し、「採用されても、アストンマーティン(Aston Martin)用の最新秘密兵器の開発依頼は来ないだろうね」と冗談をとばした。

 ただし、採用された科学者は、科学技術の先端を常に行くことで英国を防衛する任務を手助けする役割を負う。「テロを打ち砕き、英国に損害をもたらす工作活動を防ぎ、必要不可欠なインフラを守り、大領破壊兵器の拡散を阻止する」のに科学技術面で協力することになるのだ。

 ちなみに、映画の中でボンドの窮地を幾度も救ってきた「Q」の歴代ハイテク秘密兵器には、手首に装着するダーツ銃や足に装着するミサイル発射装置、そして「ボンド・カー」ことアストンマーティンの度重なる奇抜な改造などがある。(c)AFP

遺伝子組み換えのトウモロコシと大豆、増産に寄与せず 米科学者団体

April 15 [Wed], 2009, 15:56

【4月15日 AFP】米科学者団体「憂慮する科学者連盟(Union of Concerned Scientists、UCS)」は14日、食糧不足の緩和に役立つとされ、この10年以上の間に米国で作付面積を増やした遺伝子組み換えのトウモロコシと大豆は、実際には穀物の増産にほとんど寄与しなかったとする報告書を発表した。

 報告書では、「この高額な費用を必要とする遺伝子組み換え技術の成果に関する現実的な調査の結果、この技術が今後の世界の食糧供給において大きな役割を果たすことはほとんどないと考えられる」と結論づけている。

 この調査は、1990年代初め以降に査読を経て発表された学術論文を分析する方法で、過去13年間に米国内で商品化された遺伝子組み換えのトウモロコシと大豆について行われた。

 報告書によると、米国内で生産されるトウモロコシの63%、大豆の90%が遺伝子組み換え作物だという。その上で報告書は「全体としては、トウモロコシと大豆の生産高はこの15年で大幅に増加したが、その大部分が遺伝子組み換えではなく従来型の栽培技術やその他の農業技術の発達によるものだった」と指摘している。

 また、特定の除草剤への耐性がある遺伝子組み換えのトウモロコシと大豆を、一般の除草剤を使った従来農法で生産したものと比較したところ、単位面積あたりでも全米規模でみても、実質的な生産高の増加はみられなかったという。いくつかの害虫に耐性を持つバチルス・チューリンゲンシス(Bacillus thuringiensis、Bt)という細菌を利用して遺伝子を組み換えたトウモロコシの生産量増加率は高かったものの、過去13年間で年平均0.2-0.3%に過ぎなかったという。

 米国のトウモロコシ生産高は毎年平均約1%の割合で増加しているという。米農務省の詳しい統計によると、2004-08年の5年間の単位面積あたりのトウモロコシ生産高は、バチルス・チューリンゲンシスが登場する前の1991-95年の5年間より約28%も増加しているが、報告書はバチルス・チューリンゲンシスを使った遺伝子組み換え作物による増加寄与分は3-4%に過ぎず、残りの24-25%は従来型の品種改良などの成果だと結論している。(c)AFP

おすすめのダイエットをご紹介しています!

それぞれ売上上位にランクされているすぐれものばかり!

是非クリックして詳細をご覧下さい。

「CLEA(クレア)」ダイエットサプリNo1の実力!体の中を超スッキリ!【Beauty Navi】

『ルエモ』ガンガン燃焼!めざせ-10kg!激やせ別人ダイエット!【UsualStyle】

『Dr.プラセンタ(ドクタープラセンタ)』誰でも確実に美肌になれる!少量限定生産だからできることを全てやりつくした、本格派の美容ドリンク。【healthy-support】

愛用者の97%が成功した『ヘルシーボ』【healthy-support】