ダイエット成功してもコレステロール下がらない!その原因と対策!

June 30 [Tue], 2015, 17:24
「ダイエットして体重を減らすことができたのに、
 コレステロールが下がらない!?」

と、あなたは悩んでいませんか?



コレステロールが高いと、
肥満を解消するように医者から言われることが多いですよね。

それで、一生懸命ダイエットをして肥満を解消したにもかかわらず、
コレステロールが下がらない、ということがありますよね。


そして、同時にコレステロールを含むを控えたにもかかわらず、
コレステロールが下がらない、という事がありますよね。


そうすると、
「なんとかならないかなぁ?」
と、悩んでしまいませんか?


■コレステロールと肥満は関係ないの?


コレステロールが高くなる原因はいろいろなことが言われています。

肥満、運動不足、コレステロールを含む食品の食べ過ぎ、遺伝など
いろいろなことが言われていますよね。


これらのうち、コレステロールを含む食品の食べる量と、
血液中のコレステロール値は関係ないだろう、
ということが明らかになっています。

ですから、従来はコレステロールを含む食べ物を
控えるように言われていましたが、
これからは、そのようなことは言われないと思います。


それで、肥満はコレステロールが上がる原因と考えられています。

ですから、ダイエットをすればコレステロールが
下がる事が多いんです。


しかし、ダイエットをして肥満を解消しても、
コレステロールが下がらない人も多いです。

そして、逆にコレステロールが上がった、
という人もたくさんいるんです。


その場合、食事内容を見直してみると、
コレステロールが下がらない原因が分かることが多いです。

ダイエットをしても血液中のコレステロールを下げる食品の
食べる量を減らすと、コレステロールが上がることがあるんです。

血液中のコレステロールを減らすものは、

・水溶性食物繊維(海藻などに含まれる食物繊維)
・不飽和脂肪酸(魚・豆類などに含まれる脂肪分)
・植物性たんぱく質(大豆、豆類などのたんぱく質)

などです。


ダイエットをすると食事内容が変わりますよね。

それで、コレステロールを下げる働きのある食べ物を減らすと、
コレステロールが下がらなかったり、上がったりすることがあります。

ですから、食事内容を見直すと、
コレステロールが下がることが多い
ですよ。


■手軽にコレステロールを下げる食品を摂るには?


ただ、食事を見直すとカロリーが高くなってまた太るので、
食事を変えることはできない!ということがあると思います。

それだと、せっかく肥満を解消したのに、
また体重が増えたらコレステロールが高くなるかもしれませんよね。


そもそも、食事内容を変えるのって難しくないですか?


そんなあなたにおすすめのものがあります。

それは、トクホの「ハイ!調製豆乳」です。

これは、一般的な豆乳よりも
大豆たんぱく質がたくさん残る製法で作られた豆乳です。

大豆たんぱく質はコレステロールを下げるのに効果的です。

その大豆たんぱく質をたくさん含む
「ハイ!調製豆乳」を飲めば、
コレステロールを下げる効果を期待できるんですよ。


実際に、「ハイ!調製豆乳」を飲み続けたら、
コレステロールが下がった、という人はたくさんいるんです。


あなたが、コレステロールを下げて健康の不安から解放されたい
と思っているのであれば、おすすめですよ。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。
「ハイ!調整豆乳」詳しくはこちら














.