バナナシェイクの作り方

April 10 [Fri], 2009, 10:23

バナナシェイクの効果
〜バナナシェイクがダイエットにいい理由〜


ブームになった朝バナナダイエット。
これが進化したのが、バナナシェイクダイエットなんです。

原理は一緒。
栄養価的にバランスがとれているバナナを
さらに腹持ちを良くするために牛乳と一緒にシェイクして
満腹感を得て、摂取カロリーを抑えるのが目的です。

バナナ1本と牛乳100mlで、茶碗1杯のごはんとカロリーは変わりません。

腹持ちが、ごはんより断然よくって
素早くエネルギーに変わるので、朝食に最適です。

ご存知ですか?
空腹感は、胃に入った食べ物の量ではなくって、
血糖値に左右されることを・・・。

つまりたくさん食べても血糖値の上焦が遅いと、脳が
「まだ空腹だ」
と判断して、「もっと食べろ〜」と指令を出し続けるのです。
これが食べすぎにつながるんですね。

そこで血糖値が素早く上がるバナナを朝食に食べることで、
満腹感をすぐに得て、余計なカロリーの摂取を控えることができます。

血糖値が素早く上昇するということは、
食べたものが素早くエネルギー源に使われるということにもなります。

ダイエットで朝食を抜く人がいますが、これは逆効果!!
脳のエネルギー源は糖です。
朝から、ある程度血糖値が維持されていないと
頭も体も働くことができません。

また、さらに空腹感を感じるので
昼食や夕食を食べすぎてしまうという原因にもなるのです。

バナナシェイクは、腹持ちが持続するという効果と
消化に時間がかかる多糖類や、
胃腸で水分を吸収して満腹感をアップさせる食物繊維もたくさん含まれています。

さらにバナナシェイクは凍らせたバナナを使うので
シャリシャリとした適度な食感を楽しむことができます。

また、ダイエット中は栄養のバランスが悪くなりがちですが、
バナナはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富!
さらに牛乳でカルシウムを摂ることができますので
ダイエットにつきもののイライラやストレスを軽減する効果が期待できます。

バナナシェイクの作り方

【材料】
バナナ・・・1本
牛乳・・・コップ1/2杯

【作り方】
1.バナナの皮をむき、ラップにくるんで冷凍庫で凍らせます。
 (数時間〜一晩)

2.冷凍庫から取り出したバナナを5mm幅の輪切りにします。

3.2のバナナと牛乳をミキサーかフードプロセッサーで混ぜます。

出来上がり!

※牛乳が苦手な方は、豆乳で作ってもOK。

一番のオススメは、朝食代わりにバナナシェイクを飲むことです。
昼食と夕食は普段通りでいいですが、
寝る3時間前には食事を取らないように心がけましょう。
寝る直前に物を食べると、脂肪として体に溜まりやすくなります。

バナナにはカリウムが多く含まれていますので、
腎臓病でカリウムの摂取制限をしている方や
人工透析を受けている方は、主治医に相談してからにしましょう。

バナナシェイクの効果
・バナナシェイクで14キロダイエットできました。ウエストも9センチ減りました。
・朝にバナナシェイクを飲んで、7キロ痩せることができました。
 下半身が細くなって、足のむくみも取れました。
・1日1回、朝食代わりにバナナシェイクを飲むだけで楽々3キロダイエットできました。








  • URL:http://yaplog.jp/dietdiet1/archive/7
リンク
カテゴリアーカイブ
経済学