塩豆腐ダイエットのやり方〜塩豆腐ダイエットで痩せる方法〜

June 28 [Tue], 2011, 4:55

塩豆腐ダイエットのやり方

 塩豆腐は、豆腐に少量の塩をまぶして、冷蔵庫で寝かせるだけで簡単に作れ、しかもモッツァレラチーズのように滑らかで濃厚な味わいの豆腐になります。
 塩豆腐ダイエットは、塩豆腐を毎日食べるだけで健康的に痩せられ、美しくなり、心身の不調も大改善するというなんともうれしいダイエット法!

塩豆腐ダイエットの材料(2食分)

  絹ごし豆腐・・・1丁(300〜400g)
  塩・・・2g(小さじ2/3)

塩豆腐の作り方

@豆腐の片面に半量の塩を振り、指で優しく全体に伸ばす
A皿にクッキングペーパーを敷き、塩を付けていない面を上に向けて豆腐を置く
Bもう片面にも半量の塩を振って全体に伸ばす
C全体をクッキングペーパーで優しく包み、全体を裏返す
D乾燥しないようラップで密閉する
E冷蔵庫に入れて24時間置く
※途中に1回以上、クッキングペーパーを取り換えてくださいね

塩豆腐の食べ方
  ○夕食に塩豆腐を半丁食べる。塩豆腐といっしょに野菜と果物も食べる
   ・おすすめは、トマトとリンゴ
   ・塩豆腐、野菜、果物は調理してもよい
    (油や調味料は良質のものを少量なら使用してもよい)
  ○朝食、昼食はなにを食べてもよい
  ○水やお茶などで、水分をたっぷり取る 
※ 腎臓の悪い人や血圧の高い人は、塩分の取りすぎは禁物です
   塩豆腐ダイエットを行ってみたい場合は、まず主治医に相談して下さい

塩豆腐のダイエットの効果

塩豆腐ダイエットの効果の秘密を探ります。
豆腐は、食物繊維が豊富で便秘改善に有効です。
豆腐に含まれる糖質には大豆オリゴ糖が含まれ、こちらの成分も腸内の善玉菌を増やし、便秘解消を促します。
 
また豆腐は、ダイエットに最適なだけでなく美容効果も期待できます。
豆腐には、たんぱく質が非常に豊富で、豆腐に含まれる大豆イソフラボンも重要な働きをします。
植物性ポリフェノールの一種で美容、アンチエイジング効果に優れます。
女性ホルモンのような作用もあり、頭痛やイライラなどの更年期特有の症状の改善にも効果が期待できます。

豆腐には、血中の中性脂肪やコレステロールを溶かして血流をスムーズにする大豆レシチン、抗酸化作用によって老化を遅らせてくれる大豆サポニンもふくまれます。
さらには、カルシウムや亜鉛などのミネラルも豊富です。
カルシウムは、骨粗鬆症の予防、亜鉛は味覚障害や口内炎、男性の勃起不全の予防、改善に有効です。
 
食塩の主な成分であるナトリウムは、体に必要なものですが、過剰摂取は血圧を上げます。
塩豆腐ダイエットをする際には、ナトリウムを排泄する作用があるカリウムが豊富に含まれている野菜や果物をいっしょにとりましょう!

  • URL:http://yaplog.jp/dietdiet1/archive/52
リンク
カテゴリアーカイブ
経済学