スイカの煮汁の作り方

July 08 [Wed], 2009, 11:11

スイカの煮汁の作り方

材料・・・スイカ2kg(大玉で約1/4個)

※スイカの種類はどんなものでもOKです。
 小玉でも黄色のスイカでも、どちらでもお使い頂けます。

@ スイカを適当な大きさに切り、種を取ります。
   菜箸やスプーンなどを使うと便利です。

A おろし器でスイカの果肉をすりおろします。
   ミキサーを使ってもOKですが、酸化を防ぐためにおろし器がベター。

B Aを鍋に入れて弱火でコトコト30分〜1時間程度煮詰めます。
   焦げ付かないように、吹き零れないようにかき混ぜながら煮詰めましょう。
   ※オレンジ色のアクは取り除かないでください。

C とろみが出て、量が半分になったら完成!

D 粗熱がとれたら密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存してください。
  ※冷蔵庫で1週間以内なら保存できます。

スイカの煮汁の飲み方

できあがったスイカの煮汁は、1日に50mlを2回に分けて飲みましょう。
時間はいつでもOKですが、朝と夜の食前に飲むのがオススメです。

水やお湯と一緒にスイカの煮汁を飲むと、さらに体の水分代謝が良くなります。

また、お酒を飲む前にスイカの煮汁を飲んでおくと、二日酔いしにくいので
ぜひお試しください!

スイカの煮汁の効果

健康効果がいろいろと期待されているスイカの煮汁について調べてみました。

スイカにはアンモニアを出しやすい状態にする成分(シトルリン)が含まれています。
ですからスイカの煮汁を飲むことによって、尿の排出がスムーズになりますので、
むくみが気になる方にオススメです。
 

またスイカの煮汁に含まれるシトルリンはアルギニンに変化し、一酸化窒素を作り、
その作用で血管を広げる効果があります。

血管が広がることで、血流が改善され、血圧も下がり、冷え症などの症状が改善したり、
勃起障害を解消して精力アップされる方もいます。

またスイカの煮汁には、水溶性食物繊維が豊富に含まれているので、
その食物繊維が腸内の善玉菌のエサとなり、
善玉菌が増えることによって便秘が改善する効果が期待されます。   

またカテキンも含まれており、その作用で体脂肪の分解・燃焼が効率よくなります。
そのため、スイカの煮汁を飲むことでダイエットに成功されている方もいるのです。

健康に役立つ成分が沢山のスイカですが、
水分が多くて沢山食べることができません。

そこでスイカを煮詰めることで、その成分をギュッと濃縮し
たくさんの成分を体に取り込むことができるのです。

このスイカの煮汁の効果を、あなたもぜひお試しくださいね。
  • URL:http://yaplog.jp/dietdiet1/archive/38
リンク
カテゴリアーカイブ
経済学