腹押し呼吸ダイエットのやり方〜腹押し呼吸ダイエットの方法〜

June 16 [Tue], 2009, 11:07

腹押し呼吸ダイエットのやり方

誰でも手軽にできる腹押し呼吸ダイエットの方法をご紹介します!

用意するもの・・・500mlのペットボトルとお湯


まず、500mlのペットボトルにお湯を入れます。
皮膚に当てて「気持ちいい」温度のお湯を入れましょう。
腹押し呼吸ダイエットでは、温めながら刺激するので、
暑くても水ではなくぬるま湯を使ってください。

基本的にキャップ側で刺激していきますが、
痛いと感じるひとは底の方を使ってもOK。
慣れてきたらキャップ側を使うようにしていきましょう。



まず、仰向けに寝ます。
足を伸ばして寝るのが基本ですが、腰痛の方など膝を曲げた方が楽な方は曲げてもOKです。
           
基本的には@〜Fの順番に押していきますが、
@の場所さえ最初に押しておけば、A〜Fは順番がバラバラでもかまいません。


押し方のポイントは、大きく息を吸ってから吐いて、吐ききったところで息を止めます。
息を止めたまま、上から両手でペットボトルを押しながら、お腹に力を入れて押しかえすようにします。
同時に、足先を手前曲げて足先までしっかり力を入れましょう。

@・・・みぞおちの左(脾臓のポイント)
A・・・みぞおちの右(胆のうのポイント)
B・・・Aの斜め下で肋骨のきわ(肝臓のポイント)
C・・・左の肋骨の下の端の前側(左の腎臓のポイント)
D・・・右の肋骨の下の端の前側(右の腎臓のポイント)
E・・・へそ
F・・・へそから指3本分下(丹田のツボ)

腹押し呼吸ダイエットをしてはいけない人

腹押し呼吸ダイエットは、健康的なダイエットなんですが、
やってはいけない人がいます。

それは、高血圧や動脈瘤、お腹になんらかの病気がある人、妊娠中の方です。
また、習慣性の頭痛やめまいを起こす方、生理中の方は強く押さずに、
軽くゆっくり時間をかけて押してください。

また、どんな場合でも食後はダメ!!
食後1時間半以上たってから始めましょう。

腹押し呼吸ダイエットのコツ〜お腹の手術をしている方〜

盲腸や帝王切開、その他お腹の手術をされている方は、
腹押し呼吸ダイエットを始める前に手術の瘢を先に刺激します。

盲腸の手術をされた方

盲腸の手術をされた方は、腹押し呼吸ダイエットをする前に、
右下腹の手術の瘢に、ペットボトルの底の部分を当てます。
上から両手で押しながら、左周り(時計周りの逆)にねじって刺激します。

痛みが取れるか、十分刺激したと思うまで押しましょう。

帝王切開など、盲腸以外のお腹の手術を受けた方

手術の傷の両端と真ん中の3ヶ所に、ペットボトルの底かキャップ側を当てて
両手で押して刺激します。
痛みが取れるか、十分刺激したと思うまで押しましょう。

※手術の瘢を刺激することで、気の流れが悪くなり滞るそうです。
 先に刺激をして流れを良くしておきましょう!
  • URL:http://yaplog.jp/dietdiet1/archive/35
リンク
カテゴリアーカイブ
経済学